HGUC ゼータプラスC1 素組みレビュー

■HGUC 1/144 MSZ-006C1「ゼータプラスC1」素組みレビュー。
画像







「ガンダム・センチネル」で登場した可変MS(モビルスーツ)「Z plus(ゼータプラス)C1型」。
カラバにて有用性が認められたA1型から地球連邦軍が空間戦闘用装備を付加、
宇宙用に再設計して少数が量産されている。
A1型のHGUCは「機動戦士ガンダムUC」シリーズ内で発売されていましたが、
今回、C1仕様としてバンダイホビーオンラインショップにて販売されました。


取り敢えず、目元のみシールを貼って完成です(^^
基本的にはバリエーションキットなのですが、
思っていたよりも新規造形の部分が多かった印象です。





全身画像
フロント
画像

プロポーションバランスはUC Ver.(ユニコーンバージョン)を元キットとしているので、
センチネル時代の印象とは違いマッシブな体型となっている感じですね。
キットはロービジビリティな本体カラーをほぼ成型色で再現。
新規で造形されたパーツは少々合わせ目が目立ち、
ビームスマートガンのレドーム等の色分けはシール再現となっています。
パーツ構成自体は従来通りといった印象です。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

今回のC1はビームスマートガン以外にも、
腰部フロントスカート、サイドアーマーが新規パーツとなっています。





下半身
画像

脚部のカラーリングもC1仕様に変更。





頭部正面アップ
画像

デュアルアイセンサーはシールで再現され、
カメラの色は赤かった「UC Ver.」と違いブルーとなっています。





バックパック
画像

宇宙用に再設計されたC1のバックショットはA1から大きく変化。
合わせ目が少々目立ちますがスラスター関係やプロペラントタンク等も新規造形で再現されています。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

可動域はA1同様にあまり広くはない感じです。
変形ギミックを採用している事もあり標準的モデルよりも狭くなります。





肘、膝関節
画像






開脚
画像






ビーム・スマートガン
画像

代表的な武装のビーム・スマートガンは長さ約19cm程と、
本体よりも長いので迫力がありますね。





スマートガンは収納されたグリップを引き起こし、
前腕への取り付け位置を変更する事で、片手持ち、両手持ちが可能となります。
画像






■WR(ウェイブライダー)形態

画像

WR形態へはパーツの差し替えで再現可能。
A1からバーニア面が強化され大気圏内だけでなく宇宙での戦闘も可能となる汎用機ZplusC1。
本体などパーツを一度バラバラにするので変形機構はかなり大変ですがシルエットは素晴らしいですね(^^
パーツがポロポロ取れるという事もなくしっかりと安定しています。





画像






画像






画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







ZプラスA1型から宇宙空間戦闘や武装面の強化が施されたZプラスC1型がHGUC化。
元キットとなるUC Ver.からのバリエーションキットとなりますが、
成型色によるカラーリングの変更や新規パーツ等、
C1再現の為に意外と多くの箇所が変更されていました。

最近のキットからすると可動はあまり動く方ではなく合わせ目など少々目立ちますが、
色分けやプロポーション、ディテール関係は良好となっている印象です。

オプションは少な目なもののパーツ差し替えによる変形ギミックを再現しているので、
可変MSらしいボリュームある内容となっていますね。
視認性を落としたカラーリングに加え、
ビーム・スマートガンを装備したWR形態の造形など非常に格好良い出来のキットでした。





以上、
HGUC「ゼータプラスC1」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)





■バンダイホビーオンラインショップ
プレミアム バンダイ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック