HGBD グリモアレッドベレー 素組みレビュー

「フォースの勝利と、キミを倒して得られる2つの称号。
私は、どちらも欲しい!」

■HGBD 1/144 GH-001RB「グリモアレッドベレー」素組みレビュー。
画像







「ガンダムビルドダイバーズ」より、「第7機甲師団」を率いるロンメルが操る、
ミリタリー仕様のグリモアカスタム機「グリモアレッドベレー」がHGで登場。

汎用性に優れていたベース機の更なる実践的な機能拡張をコンセプトに、
過剰なまでの機体剛性の強化、出力を高める為にフォトンフレームリミッター数値の再設定、
重量バランスよりも手数、火力を優先した武装の大型化など、
安全マージンを無視した限界領域まで改修が加えられており、
並みのダイバーでは満足に扱う事の出来ない上級者向けの機体である。



「ガンダムGのレコンギスタ」シリーズの汎用性MS「グリモア」をベースに、
改造したキット「グリモアレッドベレー」。
バリエーションキットとなりますが、滅茶苦茶カッコイイ印象です!(^^
取り敢えず、メインカメラのみシールを貼っています。





全身画像
フロント
画像

高さ:約12cm(頭頂部)全高:約14cm
ミリタリー仕様のカラーリングに、足にはローラーを装備、そしてレッドショルダー。
どこかで見た覚えのあるデザインです(笑)
基本的にはレコンギスタのグリモアをベースとしておりますが、
肩部や脚部、腰部装甲、バックパック、武装関係は新規造形となります。
襟元等のラインはシール対応となるものの、
プロポーションバランスや成型色での色分け再現共に良好な印象です(^^





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






余剰パーツ
画像

レッドショルダーは右肩のも付属するので両肩を赤くする事も可能。





上半身
画像

特徴的な三つ目や武骨なフォルムは良く再現されています。
腕部や腹部に合わせ目が残りますが
パーツ構成はシンプルなので組み立て易くなっております。





下半身
画像

脚部は新規造形で「シザークロウ」と、車輪を増設した「インラインダッシュ」を再現。





頭部正面アップ
画像

メインカメラの下には付属のメタリックシールを貼っています。
Gのレコンギスタシリーズの「グリモア」では、
クリアパーツやシールはブラックライトやUVライトで発光する素材でしたが、今回はありません。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

関節はポリキャップを使用する箇所やPS素材そのままの所を併用。
成型色がグリーンのパーツは摩耗に強いKPS素材となっております。





肘、膝関節共に約90度程可動。
画像

可動域はグリモア基準となり、それほど広くはありませんが、
プロポーションバランスを考えるとそんなに不満な所は無い印象です。
踵のローラーは回転します。
それと、バックパック(ミニモアザック)側面にある穴は、
上が3mm径、下が5mm径の穴となっており、カスタマイズパーツ等と対応。





開脚
画像

開脚、腰の回転共に良好。
足首はそれほど動かず接地性は低いですが、どっしりとしたスタイルなので安定性は十分。





ミニモア
画像

小型支援メカ「ミニモア」を再現。
手足はロール軸となっており可動します。
また、それぞれは頭部パーツとして交換可能。





腕や腰にプラズマナイフをマウント可能です
画像

保持力も良好。





ミニモアザックにはプラズマナイフとミニモアを収納可能。
画像






アサルトライフル
画像

自動小銃型の携帯火器はパーツ分解する事で、
グレネードランチャー、ピストル、サブマシンガンとして使用可能。





アサルトライフル、サブマシンガン
画像

手首のグリップ力も良好となり、フォアグリップは可動するので両手で構える事も可能。





グレネードランチャー、ピストル
画像

こちらもグリップ力は良好。





シールド
画像

シールドは向きを組み替え可能。





プラズマナイフ
画像

成型色は単色となりますがディテール再現は良く、腰に収納可能です。





シザークロウ
画像

脚部のシザークロウは展開し派手なアクションポーズも可能です。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







ガンダムビルドダイバーズよりグリモアレッドベレーがHGキットで登場。
基本的にはグリモアベースのカスタム機となりますが、
改造の方向が見覚えのあるカラーリングに武骨なフォルムも相まって、
カッコイイ機体に仕上がっている印象です。

パーツ構成はシンプルなので組み立てもし易く、
一部シール対応となるものの成型色での色分け再現も良好ですね。
可動域はベースキットのグリモア基準となるためそれ程広くはありませんが、
ローラーダッシュやシザークロウ等、様々なアクションポーズには十分対応。

今回、武装やオプションパーツ等、以前のグリモアよりも豊富となった事で、
プレイバリューは大幅に高くなりました。
また、バックパックはカスタマイズを想定した物となっているので、
今後発売されるビルドカスタムシリーズ等との連携も楽しそうですね。






以上、
HGBD「グリモアレッドベレー」素組みレビューでした。


製作過程
→ 製作(1)ランナー紹介














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ユウ
2018年04月29日 09:32
お疲れ様です。
ギミック多めで楽しそうですね。
ガンダムA付録のロングレンジビームライフルなんかも似合いそう。
グリーンの頭に付け替えて、カメラアイを三色に塗り替えたら、むせる度がさらにアップしそうですね(笑)
2018年04月29日 23:37
>ユウさん
コメントありがとうございます。
なるほどロングレンジビームライフルもいいかもですね。
改造やウェザリングが似合うキットだと思います(^^
ミサイルポッドやパイルバンカーで更にむせる…


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック