HGAC リーオー 素組みレビュー 後編

「私のリーオーは十分速いさ。
それに、私に挑んでくる相手を無下に出来んだろ」

■HGAC 1/144 OZ-06MS「リーオー」素組みレビュー。
画像







「新機動戦記ガンダムW」より、獅子座の名を冠する量産型MS「リーオー」が、
「GUNPLA EVOLUTION PROJECT 第4弾」として初のHGキット化!

トールギスのデータを元に開発されたOZ-06MS リーオー。
高い生産性と汎用性を備えており、地上と宇宙の双方に対応。
豊富な武装に加え、宇宙用、高機動用の各種オプションも用意され様々な任務に対応。
OZを象徴する機体として、A.C.(アフターコロニー)世界の戦場に君臨したのである。



ガンダムWを代表する量産機リーオー。
早速、パチ組みで完成させました。
第一印象は、超、作り易いキットです!(^^v





■本体全身画像
フロント
画像

高さ:約11.5cm。
パーツ数はかなり抑えられておりますが、
プロポーションバランスや成型色による色分け再現は良い印象です。
シンプルなシルエットという事もありますが、
パチ組みで1時間掛からない位で完成(個人差があります)。
GUNPLA EVOLUTION PROJECT 第4弾として、
パーツ構成が洗練されており非常に作り易いキットだと感じました(^^
地味な機体というのが褒め言葉になる良キット。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

特徴が無いのが特徴というリーオーらしいフォルムを再現しています。
ハンドパーツは1種類と少ないですが、ディテール再現はHGとして十分。
合わせ目は前腕、胸部、内股に残る感じです。





下半身
画像

全体の関節保持力は概ね良好となりますが、
腰とアンクルガードはやや外れ易い感じでした。





頭部正面アップ
画像

メインカメラはクリアパーツで再現。
パーツ毎の色分け再現も高くシールを貼る必要もありません。





基本的に頭部は可動しません。
画像

しかし、首の基部はボール軸となっているので、
少し引き抜くと遊びが出来、上下に若干動かす事は可能です。
背中には3mm径のジョイント口があります。





今回、肘や膝の関節は後ハメ式となっており、
塗装ユーザーへの配慮がされております。
画像

また、低価格ながら靴底に肉抜き穴がない構造なのも地味に嬉しいポイントです。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

関節は少ないPCパーツとKPSとの併用。
可動ポイントは少ないながらも広い可動域を確保しています。
関節保持力も良好です。
ただ、後ハメ式となる肘、膝関節は、構造上あまり動かし過ぎると緩くなる懸念はありますね。





肘、膝関節は約135度以上可動。
画像






開脚
画像

接地性は制限されますが、四肢や腰の回転も良く動きます。





■武装状態
フロント
画像

左肩のシールドは装甲パーツの差し替えで装備可能。





リア
画像






105mmライフル
画像

リーオーの主兵装の一つである実態弾火器。
武器はモナカ割りなので合わせ目は残りますがグリップ力等良好です。
ドーバーガン等は付属せず武装は少な目ですが、
本体価格を抑えて多々買いし易いのは量産機スキーには嬉しいメリット。





シールド
画像

左肩にシールドを装備可能。
シールド裏にビームサーベル2本を収納可能。
サーベルの接続ピンは細いので破損させない様に注意したい所です。





ビームサーベル
画像

グリップ力は良好。





比較画像
HGACリーオーとRGトールギスとを並べてみて。
画像

HGとRGとでカテゴリーは違いますが案外違和感なく並べられる印象です。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







「GUNPLA EVOLUTION PROJECT 第4弾」として発売となったHGAC「リーオー」。
簡単組立、後ハメ構造、取説のアイコン表記による親切設計。
パーツ構成が洗練されており、非常に作り易いキットといった印象です。

プロポーションバランスも良く、少ないパーツながら高い色分け再現度となっています。
基本的に頭部は可動しませんが全体の可動域は広く、
KPSとPCパーツの併用による関節保持力も良好なので、
様々なアクションポージングも可能です。
気になったのは腰とアンクルガードがちょっと外れ易い感じな所。

武装やオプションパーツは少なめですが、
割り切って買い易い価格に抑えたキットというのはセールスポイントでしょう。
リーオーを買うのはどちらかというとマニア層な所はあるでしょうが、
初心者でも作り易い配慮が見られ、且つ塗装派にも優しく、
手軽に数を作るのに適した設計なのは嬉しいですね。
安い、早い、格好良い、三拍子揃った良キットだと思いました。






以上、HGAC「リーオー」素組みレビューでした。


I製作過程
→ HGAC リーオー 素組みレビュー前編 ランナー紹介






■バンダイホビーオンラインショップ
2018年5月10日13:00~受付開始
「MG 1/100 ガンダムアヴァランチエクシアダッシュ」、「HG 1/144 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」


■キャンディオンラインショップ
2018年5月10日13:00~受付開始

「スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛行兵ウィンガル【プレミアムバンダイ限定】」、「スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛行兵ウィンガル・ジー【プレミアムバンダイ限定】」、「想造ガレリア ロボット兵 FULL ACTION Ver. (MECHANICAL CLEAR)&ムスカ FULL ACTION Ver.」






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2018年05月11日 23:32
お疲れ様です。
組み立てやすくてシール要らずで目立った肉抜きもなし、ダイバーズのほうは200円プラスでリーオーも組めるみたいですし多々買いが捗りそうですね(笑)
武器セットも欲しくなりますね~

リーオー関係ないですが、新作展示にあったMGの多脚型のボールが好みストライクすぎて、すごく楽しみです(笑)
2018年05月12日 23:19
>ユウさん
コメントありがとうございます。
量産機でこのコンセプトはいいですね。
武器セット、欲しいですね~。
でもオプションを毎回少しずつ変えてのバリエ展開もありそう(笑)

新商品のボールはダイバーズ外伝の奴かしら?
モデラーのお遊びとしてボールの魔改造は定番的な感じですね(^^b


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック