スーパーミニプラ 巨神ゴーグ ランナーレビュー

■スーパーミニプラ「巨神ゴーグ/ジャイアントゴーグ」製作開始、ランナー紹介。
画像







安彦良和氏が原作・監督を手掛けた80年代サンライズロボットアニメ「巨神ゴーグ」。
「巨神ゴーグ」より、主人公機「ゴーグ」と、マノン専用機「マノン・ガーディアン」が、
スーパーミニプラシリーズでキット化されました。

パッケージサイズ:約26.5×17.8×9.5cm
価格4536円(税込)
1BOX全2種類

設計担当は「千値練×T-REX」版のゴーグを手掛けた元木氏。
ジャイアントゴーグがまさかのミニプラで発売です。
平成も終わろうとしている現在、食玩として並べられる姿に驚きを隠せない懐かし系キット。
優しさと温かみを感じる特徴的なデザインとなるゴーグが、
手頃なサイズでこの度キットとなりました(^^





中身
パッケージイラストはフンボルト氏。
画像






まずはランナー紹介。
■1.ゴーグ
1-A、B、C、D、Eパーツ(PS以下略)
成型色:ブルー
画像

1-A(頭部口元)、1-D(胸部)は塗装済みパーツです。





1-F、Gパーツ
成型色:グレー
画像






3-A、B、C、Dパーツ
成型色:ブルー
画像






3-E、F、Gパーツ
成型色:ブルー
画像






3-H、I、Jパーツ
成型色:ブルー
画像






シール×1枚(PET)、ガム×1個
画像

ラインの塗り分け等シール貼り付け箇所は滅茶苦茶多いです(^^;





■2.マノン・ガーディアン

2-A、B、C、Dパーツ
成型色:パープル
画像

2-A(頭部目元)、2-B(胸部)は塗装済みパーツです。





2-E、Fパーツ
成型色:ブルーグレー
画像






3-A、B、C、Dパーツ
成型色:パープル
画像






3-E、F、Gパーツ
成型色:パープル
画像






3-H、I、Jパーツ
成型色:パープル
画像






シール×1枚(PET)、ガム×1個
画像

こちらもラインの塗り分けはシールで対応となります。





成型色はゴーグ、マノンそれぞれ2色とシンプルな構成となり発色は良好です。
ラインの塗り分けはほぼシールでの再現となるがちょっと残念ですね。
まぁスミイレの要領で塗装する事が出来そうなのと、
ある程度想定していた事ではありましたが(^^;
顔や胸といった一部は予め塗装されているのが嬉しい所です。

毎度の事ですがミニプラシリーズは素材的に強度面で懸念がある感じ。
まだ作り途中ですが、腹部のボール軸とか嵌めがキツイ箇所があったりするので、
適宜調整したりシリコングリスを塗ったりしながら、
組み立ては注意して行おうと思います(^^





今回はここまで。





スーパーミニプラ 巨神ゴーグ(2個入)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック