HG ジム・スナイパーカスタム 素組みレビュー

■HG 1/144 RGM-79SC「ジム・スナイパーカスタム(GUNDAM THE ORIGIN)」素組みレビュー。
画像







『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』MSD(Mobile Suit Discovery)より、
「ジム・スナイパーカスタム」がHGキットで商品化!
バンダイホビーオンラインショップにて販売。

ORIGINジムのバリエーションキットとして、
RGMシリーズの最高位機種、ジム・スナイパーカスタムが登場。
ジム・ガードカスタムに続くキット化となり、パーツの流用や共通箇所も大いですが、
成型色によるカラーリングや特徴的なデザインは新規造形で再現されています。

取り敢えず、シールも貼っていない状態ですが完成です(^^





■本体全身画像
フロント
画像

全高:約14cm、頭頂部:約13cm
MSVではなく、「ORIGIN MSD」となるので、
馴染みあるジム・スナイパーカスタムとは異なりますが、
フォルムやプロポーションバランスの再現度は高くなっている印象です。
一部、シールでの対応となるものの、成型色による色分け再現も良好。
目立つ合わせ目は頭部のみとパーツ構成も優秀となっています。





画像 画像





リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

付属品はシンプルです。
なお、余剰パーツは、左脚側面とサーベルエフェクトのみ。





上半身
画像

特徴的な頭部は新規造形で再現。
バイザーで覆われていますが、その下にはジムフェイスが存在します。





下半身
画像

左脚側面のパーツはビーム・スプレーガンをマウントする為に新規で造形。
脛部の色分けはシールで対応。





頭部正面アップ
画像

クリアーパーツの下には精密なモールドも存在。
アンテナは細いので破損に注意。





開閉式増加装甲バイザーは可動を再現。
頭部バルカンの造形も精密です。
画像






スラスターが大型化したスナイパーカスタム用のランドセルは新規造形で再現。
画像

脹脛のサブスラスターも新規に造形。
流石にバーニア内の赤色は成型色では再現されていないので、
塗装すると見映えも良くなりそうです。





膝関節の下にあるシリンダー風の造形、
足の裏のディテールも精密です。
画像






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

多軸関節の素材はKPSとポリキャップを併用しており広い可動域を確保。
関節の保持力も良好です。
引き出し式肩部や股関節のスライドギミック等も搭載。
肩部のスラスターも可動。





肘、膝関節は共に約135度以上可動。
画像

前屈といった動作もスムーズです。





開脚
画像

接地性も良好。
こんなに動くジムって凄いですね(^^





■武器装備
フロント
画像

R4型ビーム・ライフルを装備して。
素体としての完成度は高いですが、武装や手首の種類はシンプルとなります。
個人的に二連ビームガンやバズーカも付属して欲しかった所です。
また、平手が付属しないのはポージングが限られるので少々惜しい所ですね。





リア
画像






R4型ビーム・ライフル
画像

新規造形でビームライフルを再現。
段落ちモールドとなっているので合わせ目も目立ちません。
また、折り畳みギミックを再現しており腰部にマウント可能。
グリップ力は良好。





ビーム・スプレーガン
画像

ビーム・スプレーガンは左足に懸架可能。
グリップ力は良好。





ビーム・サーベル
画像

ビームサーベルはボックスタイプビームサーベルユニットではないですが右腕に装着可能。
サーベルグリップ力は良好。
なお、左腕に変更する事も可能です。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像

キットには平手が付属しないのでHGBC 1/144 次元ビルドナックルズ「角」を活用。
HGBC ガンダムビルドダイバーズ ビルドハンズ「角」SML 1/144スケール 色分け済みプラモデルでも可。





画像






画像






画像






画像







ジム・スナイパーカスタムがHGキットで発売。
プロポーションバランスやフォルムの再現度が高く、
シンプルですがORIGIN版ジムとして堅実な仕上がりといった印象です。

成型色による色分けは一部シールでの対応となるものの
パーツ構成が優秀かつ少な目な事もあり組み立てはし易かった感じです。
ORIGINキットとして最新のフォーマットを採用しており、
可動域が広く立ち膝等様々なアクションが可能です。
MSVではなくMSDとなりますが、
バリエーションキットが作り易い構造となっているのを感じました。
THE ORIGIN アニメ化プロジェクトは終了しましたが、
今後のキット化がどうなるのかは気になる所ですね。

武装や手首など付属品が少な目なのが少々惜しいものの、
地味ですが合わせ目や肉抜き穴が目立たないパーツ構成は素晴らしい出来でした。
ディテールが精密で解像度の高さによる格好良さも魅力的な良キットだと思いました。





以上、HG「ジム・スナイパーカスタム」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介




HG 1/144 ジム・スナイパーカスタム 【3次:2018年10月発送】


ようやく、ユニコーンガンダム プランBの発売か!?と思ったら、
RGユニコーンガンダム ペルフェクティビリティとして、Blu-ray BOXに付属。
しかも、結構お高いですね(^^;




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2018年08月25日 03:15
お疲れ様です。
確かにライフル構え用に左平手は欲しいところですね。
まぁビルドハンド買ってねってことかもしれませんが(^^;
でもディティールはロボ魂(旧デザイン)版に比べてメカニカルさが増して格好良いですね。

REでガンイージ、ロボ魂ナイチンゲール、MB初号機と色々発表されましたね。
ナイチンゲールの隠し腕の有無について、各所でかなり検証されてるみたいですが、さてどうなるか……(^^;
2018年08月25日 20:13
キリンさん、こんばんは。
すいません、開脚のポーズがツボにハマってしまいました
戦場の絆でスナイピングに夢中になってた時期に連邦ではコイツに、ジオンでは「ザクⅠスナイパー」に乗ってました。狙撃がやりにくくなってから疎遠になったんですが、ついぞサーベルユニットやヒートホークを抜くことはなかったなぁ~狙撃機は近づかれたらタックルかまして距離をとるのがセオリーですし、敵との距離に気を付けて近づかれないのが基本でしたからなぁ。
おっとプラモデルと関係ない話ですいません。
2018年08月25日 22:30
>ユウさん
コメントありがとうございます。
手首は最近カスタムパーツが増えてきているのが救いです(^^;
ロボ魂版はスタイルの再現度としては決定版な感じでしたが、
MSDジムもまた格好良いですよ。

ほう、C3AFATOKYO2018に合わせて情報が色々解禁されたようですね。
ナイチンゲールの隠し腕はRE/100では再現されなかったので、
値が張る商品ですしギミックがあると嬉しい所ですね。


>とある星人さん
こんばんは、コメントありがとうございます。
なるほど、某番組を見ていた位で絆はやっていなかったので気が付きませんでしたが、
ガードカスタム共に活躍していたのかしら(^^
そういえば格闘系ゲームになると間合いを制する攻防になりがちな感じでしたね。
プラモと関係ないお話?いえいえ構いません(笑)


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック