HGBC ティルトローターパック 素組みレビュー

■HGBC 1/144 「ティルトローターパック」素組みレビュー。
画像






HG BUILD CUSTOMシリーズ第37弾。
「ガンダムビルドダイバーズ」より、
強襲用バックパックに変形可能なカスタムパーツ「ティルトローターパック」が登場。
価格:800円(税別)

プロペラがついたミリタリー仕様バックパック。
チェーンソーやミサイルポッドが付属。
グリモアレッドベレーのライフルも強化可能。
ジョイント部に3mm径を採用し、多くのガンプラに取り付け可能。


グリモアのサポートメカとして自律機動も行えるティルトローターパックは、
機体とドッキングする事によって、強襲行動に特化した戦闘能力を向上させる。
智将ロンメルの優れたビルダー能力は本装備に幅広い適応性を与え、
自機のみならず様々なガンプラに装備する事が可能。

今回、開封するのはHGBD「グリモアレッドベレー」をサポートするカスタムパーツです(^^




パッケージ
画像






ランナー紹介
Hパーツ(PS以下略)
成型色:グリーン
画像





Iパーツ×2枚
成型色:グレー
画像






ホイルシール×1枚
画像

モノアイは向きを変更した3種類の中から選択可能。





組立説明書裏カラーガイド
画像





ランナー枚数は3枚。
カスタムパーツとして色分け共にシンプルな構成となっております。

そして、早速組み立ててみて・・・




付属品
画像






余剰品
画像






■本体
フロント
画像

ガンプラのサポートメカでもあるティルトローターパックは、
飛行ユニットとして単体で飾る事も可能です。
ミリタリー仕様のカラーリングは成型色で再現。
モノアイのみシールを貼っております。
パーツ構成はシンプルなものとなりモナカ構造で合わせ目が結構残る感じですが、
価格も手頃で組み立て易い印象でした。
機体には3mm径の軸穴が存在し、
ジョイントを活かした様々な装備とのカスタマイズも可能。





画像 画像






リア
画像

ミサルポッドの裏には肉抜き穴があります。





俯瞰
画像






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

左右のプロペラは回転可能。
可動ポイントが存在し、多少のポージング変更が可能です。
ただ、ボール軸の接続において、一部アームと本体を繋げる所が少々緩めな感じだったので、
保持力、安定性はイマイチ。
素材は普通のPSとなるので最近使用される摩耗に強いKPSにしても良かったのかもと思いました。
緩めな所はボンドや瞬間接着剤等をちょびっと盛って、調整すると良いかも。





緑丸印の箇所でグリモアレッドベレーのバックパックに接続。
画像

青丸印は3mm径のジョイント穴があるキットに対応。
一般的なバックパックの接続は二軸となるので、
別キットにあるアダプターとかを使うといいかもしれませんが、
単体での拡張性が、もう少し欲しかった所ですね。





■HGBDグリモアレッドベレーに装着
フロント
画像

HGBD「グリモアレッドベレー」とドッキング可能。
各パーツを組み替えて、取り付けが可能となります。
前述した通り、一部接続の緩い感じの所がありますが、
某作品のマベリックとかを思わせるフォルムが良いキットですね(^^
装備するとバックパックが少々重くなるので、
アクションベースやダイバーギア等を使用するのが良さそうです。





画像 画像






リア
画像






チェーンソー
画像

チェーンソーやグリップの展開が可能。
グリップ力は良好。
ただ、アームが短くあまりフレキシブルには動かないので、
ポージングに制限が掛かる感じです。





キャノン&ミサイルポッド
画像

キャノン、ミサイルポッドは取り付けてグルモアレッドベレーの「アサルトライフル」を強化可能。
グリップ力は良好ですが、重量が結構あるので手首に負担が掛かる感じです。





以下、適当に。





HGBD「ダブルオーダイバー」に取り付ける事も可能。
画像






HGAC「リーオー」に装備するのも意外と似合いますね。
3mm軸はちょっと緩めだったので要調整。
画像






序に手近にあったHG「ジム・スナイパーカスタム」。
グリモアのバックパック毎交換すると取り付けも可能。
画像






画像






画像






画像






画像






ジョイントを利用すれば、チェーンソーを2本繋ぎ合わせる事も可能。
画像






画像






画像






画像







「グリモアレッドベレー」を強化可能なサポートメカ「ティルトローターパック」。
某マベリックの様な懐かしくも感じる独特のデザインが特徴的なフォルム、
そしてカラーリング再現ともに良く、ミリタリー調のキットに良く似合う印象です。

パーツ構成はシンプルなので、合わせ目や肉抜き穴は存在しますが、
価格も手頃で組み易く、オプションとしてカスタマイズが面白いキットです。
3mm軸を採用しているので、ローター、チェーンソー、キャノン、ミサイルポッド等、
他キットへのカスタマイズを手軽に出来そうですね。

ただ、気になる所も存在。
チェーンソーのアームがそれ程フレキシブルではないのと、
一部ジョイントの保持力が緩い感じで、適宜調整が必要そうな所。
素材はPSではなく摩耗に強いKPSにしても良かったのでは、と思いました。

バックパックとしての拡張性が思った程ではなく、気になる点はあるものの、
グリモアレッドベレーの強化装備の再現として十分な仕上がりだと思いました。





以上、HGBC「ティルトローターパック」素組みレビューでした。


関連
→ HGBD「グリモアレッドベレー」素組みレビュー





■ガンプラ新作案内開始





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2018年08月29日 05:56
お疲れ様です。
ボト◯ズからダ◯ラムとはw
チェーンソーはアーム系のビルダーズパーツで延長したほうが良さそうですね。
リーオーがまた売れそうな予感w

PGで新商品Aが予約開始されましたけど、AということはBやCなんかもあるんでしょうか…
PGターンエーなら個人的に嬉しいんですけど(^^;
某店が「問屋の発注期限終了後に情報解禁されるから、いくつ発注したらいいか分からない」とTwitterでボヤいてましたけど、そこは流石に期限前に解禁してあげてよとw
2018年08月29日 20:16
キリンさん、こんばんは。
この「ティルトローターパック」を最初見た時、「機動戦士ガンダムOO」に登場する人革連のモビルスーツ「ティエレン」を連想しました。
くっ付ける事が出来れば面白そうですがサイズ的に無理か。
地上型のティエレンなら強化案として申し分ないと思うんですがね、色合い的にもマッチしてますしね(笑)。
2018年08月29日 22:32
>ユウさん
コメントありがとうございます。
なるほど、アーム系カスタムパーツを使えば色々延長出来そうですね。

PG新商品Aはそこそこボリュームがありそうですが
去年エクシアが出たばかりの中、続けて完全新規だと驚きです。
何が来るかを想像するのも楽しい所。
情報を伏せる意図も分かりますがせめて期限前には解禁して欲しいですね~。
小売店さんの苦労が窺えます(^^;


>とある星人さん
コメントありがとうございます。
確かにティエレンも面白そうですね(^^
OOは西暦を題材にしているだけに現行機を改良したようなミリタリーテイストが良い所。
キットは古めなので無改造では付けられそうもない感じですが似合いそうですよね。


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック