HG 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様) 素組みレビュー

嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで!
傷ついたあなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい……

■HGUC 1/144 RX-79[G]「陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」素組みレビュー。
画像






OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』より、
主人公「シロー・アマダ」他、小隊メンバーが搭乗した主役機体「陸戦型ガンダム」が、
HGUC「陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」として登場。
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

店頭販売されたHGUC「陸戦型ガンダム」を元に、
オープニング映像で印象的だったパラシュート・パック、それとジム頭を新規造形で再現。
さらに多彩な武装類が追加で付属されています。

取り敢えず、目元のみシールを貼って完成です(^^





■本体
フロント
画像

高さ:約12.5cm
本体は2007年発売の旧HGUC「陸戦型ガンダム」からリニューアルされた、
2018年4月発売のHGUC「陸戦型ガンダム」と同じモデルとなります。
プロポーションバランスはアレンジを抑え、フォルムの再現度は高い印象です。
旧HGUCからはパーツ構成が見直され、成型色による色分け、可動域も広がっております。
フォーマットは近年の新HGUCブルーデスティニーに近い構造。
合わせ目が前腕に残る位で殆ど目立たないのは良いですね(^^





画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

バリエーションの元となる新HGUC「陸戦型ガンダム」の付属武装は
100mmマシンガン、180mmキャノン、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールド、コンテナ。
今回追加武装は、
ロケット・ランチャー、ネット・ガン、ミサイル・ランチャー、パラシュート・パック、ジム頭。





上半身
画像

基調となる白い装甲の成型色は少しグレーを加えた様な落ち着いた色味です。
V字の黄色い色分け等はシールで対応可能。
気になったのは、胸部と腹部の間にあるグレーのパーツは被せているだけでぐらつきがあるのと、
肩や手首部分において白化してしまっている所。
とはいえ、関節などはKPSを使用し保持力は良好です。
※撮影終了間際に気付いたのですが、白い胸部バルカン砲のパーツを前後間違って組み立ててました。
一番最初の画像は正しく付けた画像と差し替えてます。
すみませんm(_ _;)m





下半身
画像

足の裏には肉抜き穴があるものの、色分けは良好。





頭部正面アップ
画像

目元はシールを貼っています。
シール下、ツインアイのパーツはクリアグリーン。





画像

頭部は精密なパーツが多く色分けは良好。
ただ、首の可動が若干窮屈な感じです。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

近年の傾向となるPCパーツとKPSを併用した多軸関節となっており、
標準以上の可動域を確保し、保持力も良好。





肘、膝関節共に約135度以上可動。
画像

肩関節は前方への引き出しも可能。





開脚
画像

腰の回転はランドセルが干渉するので制限が掛かるのと、
接地性はそれ程でもないですが開脚は十分。





ランドセルは可動式となり、ウェポンコンテナをマウント可能。
画像

コンテナは旧HGUCキットから流用。





■武器装備
フロント
画像

100mmマシンガン、シールド、コンテナを装備可能。
今回、パラシュート・パック仕様では、豊富な武装類が付属。
新HGUC「陸戦型ガンダム」には付属しなかった武装が加わっています。





リア
画像

コンテナを装備すると若干背中が重くなります。





ウェポンコンテナ
画像

コンテナ内には180mmキャノンを分解し、収納可能。





シールド
画像

腕部へのジョイント部はフレキシブルに可動し保持力も良好。
バイポッドを展開し、地面に接地させる事も可能。





100mmマシンガン、ビーム・ライフル
画像

フォアグリップは可動し両手持ちも可能。
グリップ力は良好。
ビーム・ライフル持ち手は成型色がダークグレーとなり、
関節色と一致しないのが残念なものの造形は良好。





180mmキャノン、ロケットランチャー
画像

180mmキャノンはコンテナ内に収納させる為、分割、組み立てが可能。
それぞれグリップ力は良好。





ネットガン、ミサイル・ランチャー
画像

成型色による色分け再現や合わせ目が残るのはイマイチですが、
造形及びグリップ力は良好。
ロケットランチャーやネットガンはHGUC「陸戦型ジム」からの流用パーツです。





ビーム・サーベル
画像

グリップ力は良好
サーベルグリップは脚部両側面に収納可能。

ビーム・ライフル、180mmキャノン以外の武装類は左右どちらでも装備可能です。





ジム頭部
画像

陸戦型ジムの頭部を新規造形で再現。





見え難いですがクリアーパーツの下には細かいディテールも存在。
画像






パラシュート・パック
画像

新規造形でパラシュート・パックを再現。
色分けは一部シールで対応可能。
完璧ではないですが概ね良好ですね。





■パラシュート・パック仕様
フロント
画像

オープニング映像で印象的だったパラシュート・パックを装備。
実際に劇中で使用したパラシュートではないですが(^^;





リア
画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






HGUC「陸戦型ガンダム」がパラシュート・パック仕様として発売。
2018年4月に店頭販売された陸戦型ガンダムのバリエーションキットですが、
新規造形のパーツや武装類が豊富に付属しボリューム感あるキットとなっている印象です。

可動域は最新のフォーマットを採用し、成型色による色分け再現も良好です。
肉抜き穴や手首の成型色違いといった、一部気になる所はあるものの、
可動域を向上させながらフォルムやパーツ構成が優れている点が素晴らしいですね。

新規造形によるジムヘッドやパラシュートパックの色分けや造形も良く、
パーツのポロリというストレスも特になく、
オプション等が豊富なのでお得で満足度の高いキットになっていると思いました。





以上、
HGUC「陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介




HG 1/144 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)【2次:2018年10月発送】


■ガシャデパ
2018年9月6日11:00~受付開始
「MOBILE SUIT ENSEMBLE EX09 TR-6 インレ」icon

■魂WEB商店
2018年9月7日16:00~受付開始
「S.H.Figuarts 仮面ライダーブレイブ ファンタジーゲーマー レベル50」、「S.H.Figuarts ウルトラマンロッソ グランド」
アンサンブルだけどTR-6 インレ発売。凄く大きいです(^^;




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2018年09月06日 23:39
お疲れ様です。
ジムヘッドは後発なだけあって、一番劇中イメージに近いですね。
そう言えば、陸戦型(あとグフとジム)ってRGのラインナップにあった気がするんですけど音沙汰なくなっちゃいましたね・・・。
2018年09月07日 22:40
>ユウさん
コメントありがとうございます。
シンプルですが全体のフォルムも良い出来でした。
そういえばRGシリーズの続報は一部の主役級やバリエばかりになりましたね。
音沙汰なくなったのは少し残念ですね。


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック