HG ジョニー・ライデン専用ゲルググ 素組みレビュー

―“真紅の稲妻”駆る 高機動型ゲルググ―
「ジョニー・ライデン専用ゲルググ」、遂に登場!!

■HG 1/144 MS-14B「ジョニー・ライデン専用ゲルググ」素組みレビュー。
画像







「機動戦士ガンダム MSV」より、ジオン公国軍キマイラ隊、
「ジョニー・ライデン専用ゲルググ」がHGUCシリーズでキット化。
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

高機動型ゲルググの特徴的なB型バックパック、
及びロケット・ランチャーを新規造形で再現。
新規デザインのマーキングシールが付属。
紅と黒をパーソナルカラーとしたゲルググを成型色で再現。
コミック「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」も、
ガンダムエースで好評連載中。

取り敢えず、モノアイのみシールを貼って完成です(^^





■本体
フロント
画像

全高約14.5cm。
フォルムやディテールは2006年発売の、
カトキハジメ氏によるコンセプトデザインを元に設計された、
「HGUC シャア専用ゲルググ」に準じたバリエーションモデルとなります。
ジョニー・ライデン専用ゲルググの特徴的なカラーリングを、
成型色で良く再現されている印象ですね。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

HGUCキットとなるのでシャープさがなかったり、
ゲルググの特徴的な蛇腹状の関節は再現されていないものの、
全体のフォルムは古めのキットながら良く出来ている感じです。
肩部、腕部、脚部等、合わせ目がちょっと目立つのはご愛嬌(^^;





下半身
画像

立ち姿は安定性も高く、下半身のラインは良い出来です。





頭部正面アップ
画像

ゲルググは決してイケメンではないけれど。
モノアイスリットの形状等カッコイイですね(^^)





モノアイは可動式となり左右に動かす事が可能です。
固くてちょっと回転させ難い感じなので多少削ったりして調整すると良さそう。
画像

また、アンテナを外した仕様にする事も可能です。





B型バックパック
画像

新規造形でB型バックパックが再現されています。
今回の新造部分だけあって、
パーツ分割によるカラーリングは赤と黒で細かく色分けされ、
スラスターは基部で上下に可動する仕様となっています。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

流石にキットが古めという事もあり、関節は一軸関節が多目。
とはいえ、可動域は高い部類ではないものの標準的なポーズには十分な対応。
素材がABSからKPSに変更されているので関節保持力も良好です。
蛇腹状の関節ではないですが肩部は上下前後に引き出す事も出来、
スカートは基部で可動し大腿部の干渉を緩和。





肘関節は約90度、、膝関節は約135度程可動。
画像

足首は意外と可動域は広めです。
裾と干渉し易いですが、この位まで手前に引き出す事も出来ます。
流石に違和感はあるのでポージングでここまで引き出す事はないですが(^^;





開脚
画像

腰の回転等も良好。





■武器装備
フロント
画像

ゲルググの標準兵装である、ビーム・ライフル、ビーム・ナギナタ、シールドに加え、
新規造形でロケット・ランチャーが付属。





リア
画像






ロケット・ランチャー
画像

新規造形でロケット・ランチャーが再現されています。
モナカ構造となりますが形状は良い出来です。
グリップ力はグリップにピン止め等が無いので武器がグラグラしてややイマイチ。
とはいえ、トリガーに指を掛けたマニピュレーターの造形は良い出来です。





また、フォア・グリップがフレキシブルに可動するので両手持ちも可能です。
画像






ビーム・ライフル
画像

ゲルググ同様のビームライフル。
一年戦争時代においてようやくジオン軍にも強力な武器が登場。
こちらもグリップ力はやや微妙。





シールド
画像

シールドの基部はボール軸となり保持力も良好。
腰のビーム・ナギナタはシールドの裏にも収納可能。
左手のみ付属ですが、マニピュレーターの造形も素晴らしい出来です。





ビーム・ナギナタ
画像

成型色は黄色ではなく赤色のままとなりますが、
ビームエフェクトを取り付けて、ビーム・ナギナタを再現。
ナギナタは腰部リアスカートにマウント可能です。
グリップ力はやや緩めな感じ。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






「ジョニー・ライデン専用ゲルググ」がようやくHGUCシリーズで発売。
基本的にはHGUC「シャア専用ゲルググ」のバリエキットですが、
新規造形部分やカラーリング再現は素晴らしい出来といった印象です。

本体のパーツ構成や可動域においてやや古さを感じるのと
細部の蛇腹再現等は略されているものの、
プロポーションバランスや全体のフォルムは十分良い出来です。
成型色によるカラーリング再現も良く、
新規のバックパックは精密で素晴らしい出来だと思いました。
ただ、ナギナタは塗装をした方が良さそうですね。

グリップ力にややグラつきを感じる所ですが、
武装は豊富となり、パーツのポロリといった事もなく、
ABSからKPS製に変更された関節保持力も良好なのは特徴です。
バリエでゲルググキャノン等も発売されるかは気になる所ですね。





以上、
HG「ジョニー・ライデン専用ゲルググ」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介




HG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググ 【3次:2018年11月発送】

■バンダイホビーオンラインショップ
2018年9月21日13:00~受付開始
「PG 1/60 ガンダムエクシア クリアカラーボディ」、「PG 1/60 ガンダムエクシア用LEDユニット【2018年12月発送】」、「PG 1/60 ガンダムエクシア用リペアパーツセット 【再販】」、「PG 1/60 トランザムライザー 【再販】」、「【バンダイスター・ウォーズプラモデル】 1/12 シャドウ・ストームトルーパー 【再販】」、「【バンダイスター・ウォーズプラモデル】 1/12 バトル・ドロイド(ジオノーシスカラー) セット 【再販】」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック