スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛甲兵ウィンガル・ジー 素組みレビュー

「そんなこけおどしが通用するかっ!!」
■スーパーミニプラ「機甲界ガリアン 飛甲兵ウィンガル・ジー」素組みレビュー。
画像







『機甲界ガリアン-Panzer World Galient-』より、
マーダル軍機甲兵「飛甲兵ウィンガル・ジー」がスーパーミニプラで登場!
プレミアムバンダイ キャンディトイオンラインショップにて販売されました。

食玩カテゴリーではありますが、指揮官用飛甲兵ウィンガル・ジーが発売。

取り敢えず、付属のシールも貼って完成です(^^)
可動域等、「飛甲兵ウィンガル」と共通するレビューは省略しています。

関連
→ スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛甲兵ウィンガル 素組みレビュー





■本体
フロント
画像

全高:約13cm
ウィンガル・ジーは大型化された頭部の分、ウィンガルよりも若干大きくなっております。
頭部、腕部は予め塗装済みパーツとなっており、成型色のままでも細かく色分けを再現。
プロポーションバランス、フォルム共に素晴らしい出来となっている印象です。
また、ウィンガルよりもアンダーゲートの箇所が多く、
合わせ目や分割線は残りますがパチ組みのままでも見映えは良好です(^^)
メッキ仕上げのハイ・シャルタット機を想定している為ですかね。
ただ、組み立て時、ゲートの処理は手間でした(笑)
また、アンダーゲートも完璧ではないので、裏側といった目立ち難い箇所ですが、
ゲート跡が残っている箇所はあります。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

ウィンガル・ジーには飛行輸送用機甲兵ツウィンガル用付属パーツが追加されています。





上半身
画像

ウィンガル・ジーの特徴的な頭部の造形、カラーリングを再現。
翼の色分けはシールで対応。ちょっと剥がれ易いのがイマイチです。
塗装済みパーツは塗り分け精度において多少の個体差はありそうですが、
完成までのハードルが低くなっているのは現在だから出来る良さですね。
パーツ構成はモナカ割りの箇所が殆どで合わせ目が結構残ります。
ストレスに感じる程でもないですが、
ポージングの際に二の腕のパーツが分解し易いので、
ここは接着してしまっても良いかも。





下半身
画像

脚部のパーツ構成はしっかりしておりフォルムの再現も良い感じです。
目立たない部分ですが靴底にはゲート跡が残ります。





頭部正面アップ
画像

ウィンガル・ジーの特徴的な頭部。
合わせ目は残りますがアンダーゲートとなっております。
なんだか後頭部の角を2本にして黒く塗るとズワァースっぽくなりそう?





首の可動は装甲が干渉して左右回転は若干制限されますが、
変形機構により見上げる仕草が可能です。
画像






■飛行ポーズ
フロント
画像

変形機構を搭載しており、飛行ポーズを再現可能です。
付属の台座で飾る事が出来、
関節保持力も良好となっているので飛行ポーズも安定しています。
ただ、翼の基部の保持力において若干緩い感じだったので個体差はあるかも。





画像 画像






リア
画像






比較画像
ウィンガル(左)、ウィンガル・ジー(右)を並べてみて。

フロント
画像

本体等、基本構造は共通です。
ウィンガル・ジーは塗装箇所の変更と、
頭部、腕部の造形が変わり、アンダーゲートになっております。





リア
画像

膝関節の成型色が異なります。





■飛行輸送用機甲兵ツウィンガル
フロント
画像

親衛隊所属、ウインガルを繋げ客室を設けた飛甲兵改ツウィンガル。
飛行輸送用機甲兵ツウィンガル用付属パーツを利用し、ツウィンガルを再現可能です。
腕部、肩パーツを外し、コンテナパーツとの差し替えにより再現しております。
保持力も良好です。
※別売りの「飛甲兵ウィンガル」2個分が必要です。





リア
画像






ツウィンガルコンテナの造形や色分けも良好です。
こちらのパーツは通常のゲート跡となっております。
画像





内部の造形やハッチの開閉も再現。
画像






駐機状態
フロント
画像

可動域が広いので立膝といった駐機状態も再現可能です。





リア
画像






以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






機甲界ガリアンより、飛甲兵ウィンガル・ジーがスーパーミニプラでキット化。
素体はウィンガルと共通ですが、指揮官用飛甲兵としてのフォルムやカラーリング再現度は高く、
アンダーゲートを採用したことで見映えが良いキットとなっている印象です。

塗装済みパーツの塗り分け精度や、
翼のボール軸等の保持力において若干個体差はありそうですが、
可動域は十分広く、全体の関節保持力は概ね良好でした。
二の腕においてアクションポーズを取る際に外れるといった事はありましたが、
パーツがポロポロと取れ易いといった程ではなく、
敢えて言えば肘関節で軸径の細い箇所はあったので破損には気を付けたい所でしょう。
また、シールが剥がれ易い感じなので、
翼は出来れば部分塗装を施した方が良さそうです。

オプションで別売りのキットを繋げるとツウィンガルの再現も出来、プレイバリューも十分ですね。
形状は同型でカラー違いのライバル機となるハイ・シャルタット機として、
シルバーで塗装をするのもアリかも?
主役機でないにもかかわらずウィンガル・ジーの立体化は嬉しく思いました。






以上、
スーパーミニプラ「機甲界ガリアン 飛甲兵 ウィンガル・ジー」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介

ハイ・シャルタット機は、10月9日予約受付終了です。






スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛甲兵ウィンガル・ジー【プレミアムバンダイ限定】
スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛甲兵ウィンガル【プレミアムバンダイ限定】
スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 飛甲兵ウィンガル・ジー ハイ・シャルタット機【プレミアムバンダイ限定】


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック