HG ゼータガンダム[U.C.0088] 素組みレビュー

「わかるまい!
戦争を遊びにしているシロッコには、
この俺の身体を通して出る力が!!」

■HG 1/144 MSZ‐006「ゼータガンダム[U.C.0088]」素組みレビュー。
画像







『機動戦士Zガンダム』より、主役機「ゼータガンダム[U.C.0088]」がHGキットで登場。
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

「グリプス戦役」~「第一次ネオ・ジオン抗争」と幾多の戦場を経た、
ゼータガンダムのマイナーチェンジ仕様が[U.C.0088]版としてキット化されました。
《カミーユ・ビダン》や、《ジュドー・アーシタ》、《ルー・ルカ》たち他が搭乗し、
マイナーチェンジを施しながら長く運用され、
幾つものバリエーションを生んだ傑作機となるゼータガンダム。
[U.C.0088]版は整備改修によりゼータプラスのモジュールを取り入れたと言われる形状となっています。


今回キットではゼータガンダム後期仕様のスタイリングを新規造形で再現。
基本的にはHGUC NO.203 ゼータガンダムからのバリエーションとなるので可動域、細部のレビューは省略。
取り敢えず、目元のみシールを貼って完成です(^^)





■本体
フロント
画像

基本的構造は「HGUC NO.203 GEP(GUNPLA EVOLUTION PROJECT)版 ゼータガンダム」のバリエーションキットとなります。
細部の形状はゼータプラスのモジュールを取り入れた後期型[U.C.0088]仕様の再現として、
新規造形でGEP版から変更されております。
劇中アニメでは違いが見られないので戸惑いますが、
スタイリングは1996年発売のMG「ゼータガンダム(Ver.1.0)」の、
造形と設定を採用した印象ですね(^^)
ただ、流用を前提としたバリエキットの限界か、
腰部サイドスカートや腕部等、細部は前期型のままなので、
コンセプトにはされたものの、MGの完全再現という訳ではない感じです。





画像 画像






リア
画像

[U.C.0088]版の特徴として、前期型からデザインの変更はありませんが、
フライングアーマーも新規造形となっております。
より細かくパーツ分割され成型色による色分けが向上しました。
以前はほぼ黒単色で赤色はシールでの再現だった所が変更されております。





俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

前期型からは頭部、胸部装甲(背面装甲)、肩部装甲、腕部装甲、
フロントスカートアーマーのフォルムが変更されています。
全体的に起伏が増えたことで情報量が追加された印象です。





下半身
画像

膝装甲、脛部側面装甲が変更され、丸みのあるシルエットになっています。





頭部正面アップ
画像

頭部は口元がシャープになりディテールも追加され、
鶏冠から後頭部に掛けて細長くなりゼータプラスに近い形状に変更されています。
首の可動域がやや制限されるのは以前のままです。





画像






■武器装備
フロント
画像

ビーム・ライフルは共通。
シールドは機首となる赤い部分が丸みのあるラインに変更されています。





リア
画像






■WR(ウェイブライダー)形態
フロント
画像

ゼータプラスからの技術や知識が適用された為か、
機首や脚部などの装甲は曲面に変更され、WRモードのシルエットも流線型になっています。
パーツ分割が細かくなりフライングアーマーの成型色による色分けが向上。
素組み状態での見栄えは格段に良くなっている感じですね。





画像 画像






リア
画像






画像 画像






■比較画像 本体(前期型、U.C.0088仕様)
フロント(画像サイズ大き目)
画像

HGUC「ゼータガンダム(GEP版)」、HG「ゼータガンダム[U.C.0088]」を並べてみて。
改めて記しますが、頭部、胸部(背面)、肩部、腕部、フロントスカート、
膝装甲、脛部側面装甲、フライングアーマー、シールドが変更されています。
フロントスカートが小さくなった事で脚が長くなった印象ですね。
TV版に近い造形は前期型となりますが、後期型もまたカッコイイ出来です(*^^*)
ただ、初期のTV用設定画により近いプロポーションは、
2003年発売のHGUC「ゼータガンダム(初版モデル)」だった感じでしょうか。
キットは好みで選択するのもアリかも。





一応、分かり易い様に変更箇所を赤丸で囲ってみました。
画像






リア
画像

フライングアーマーの色分けが向上しており、
ここに関しては[U.C.0088]版が良いですね。





■比較画像 WR形態(前期型、U.C.0088仕様)
(画像サイズ大き目)
画像






序にウェイブシューター装備型も並べてみて。

フロント
画像

HGUC「ゼータガンダム(GEP版)」、HGUC「ゼータガンダム(ウェイブシューター)」、HG「ゼータガンダム[U.C.0088]」を並べてみて。





リア
画像






WR形態
画像






以下、適当に。





画像






画像






「貴様の様なのがいるから、戦いは終わらないんだ!
消えろぉーっ!!」

画像






「こんな死に方、嬉しいのかよ・・・満足なのかよ・・・
誰が、誰が喜ぶんだよぉ!」

画像






「暗黒の世界に戻れ!ハマーン・カーン!」
画像






「遊びでやってんじゃないんだよ!!」
画像






画像






画像






「まだ、抵抗するのなら!!」
画像






ゼータガンダム[U.C.0088]がHGキットで登場。
基本的にはHGUC ゼータガンダム(GEP版)をベースとしたバリエキットですが、
ゼータガンダム後期型の再現として、新規造形箇所はほぼ全身各部が変更されており、
色分けも向上した事でより仕上がりの良いキットとなった印象です。

パーツ構成や可動域などは以前のままとなり、
変形機構や様々なアクションポーズを再現可能です。
1800円(税別)から2200円(税別)に価格は上がっていますが、
ランナー枚数も増え成型色による色分け再現が上がっているのは特徴です。
ただ、フライングアーマーの色分けは最初からやって欲しかった所ですね(^^;

ゼータガンダムは色々とバリエーションが展開されていますが、
序にストライクゼータ仕様もキット化されたら……と期待したくもなりました。





以上、
HG「ゼータガンダム[U.C.0088]」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介


君は、刻の涙をみる・・・






HG 1/144 ゼータガンダム[U.C.0088]【3次:2019年1月発送】
RE/100 1/100 ヤクト・ドーガ(クェス・エア機)
MG 1/100 ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)【再販】


■バンダイホビーオンラインショップ
2018年10月11日13:00~受付開始
「RE/100 1/100 ヤクト・ドーガ(クェス・エア機)」、「MG 1/100 ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)【再販】」


■魂WEB商店
2018年10月12日16:00~受付開始
「S.H.Figuarts 仮面ライダーグリスブリザード」、「S.H.Figuarts 仮面ライダーマッドローグ」、「S.H.Figuarts ドゥークー伯爵」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック