ROBOT魂 〈SIDE MS〉 シャア専用ゲルググ ver.A.N.I.M.E. レビュー

「赤いモビルスーツ?シャアなのか!?」
■ROBOT魂〈SIDE MS〉 MS-14S「シャア専用ゲルググ ver.A.N.I.M.E.」レビュー
画像






「Action New Imagination Memory Emotion」の頭文字をとり、
アニメシーンや世界感を最新の可動で再現するシリーズ“ver.A.N.I.M.E.”。

『機動戦士ガンダム』より、赤い彗星シャア・アズナブルの愛機「シャア専用ゲルググ」が、
ROBOT魂〈SIDE MS〉ver.A.N.I.M.E.シリーズで登場!
販売価格:6480円(税込)

A.N.I.M.E.シリーズで発売されたシャア専用ゲルググ。
ROBOT魂シリーズのコンプを目指している訳ではなかったので、
つまみ食いとなりますがシャアゲルを購入したので紹介してみます(^^)




パッケージ&中身
画像 画像






付属品
画像

エフェクトパーツ等、付属品が盛り沢山の内容です。





■本体
フロント
画像

全高:約14cm(アンテナ含む)、材質:ABS、PVC製
大きさは約1/144スケールサイズ。
A.N.I.M.E.シリーズとして立体化されたシャア専用ゲルググ。
アレンジは控えでアニメ設定を再現したプロポーションバランスは良好となり、
肉感的な造形が素晴らしい出来となっている印象です(^^)
赤色を基調としたカラーリングや色分けは成型色で再現。
塗装箇所は殆どなく、プラスチック感がやや安っぽい感じですが、
塗装剥がれ等気兼ねなく動かせるのは長所ですね。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






上半身
画像

ゲルググの特徴的な蛇腹状の関節の造形も良く再現されている印象です。
成型色と塗装箇所の違いにおいて質感の差は若干ありますが、
特別気になる程でもない感じですね。





下半身
画像

下半身のボリューム感も満足のいく出来です。
ただ、ゲート跡が内腿に目立ち若干雑な感じなので、
仕上がり具合に多少の個体差はありそうですね。





頭部正面アップ
画像

モノアイはメタリック調のピンクで塗装されています。
ゲルググは決してイケメンの部類ではないですが格好良いと思います。
うむ、ヤバイカッコイイ(^^)





モノアイは左右への可動ギミックを内蔵。
頭頂部を外して操作可能です。
画像

首の可動域も広くなっております。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

多軸関節の箇所はそれ程多くないですが、
ROBOT魂らしい広い可動域を確保しています。
肩部には引き出し式関節、股関節にはスイング可動を採用し、足首の可動域も広く展開可能。
各関節の保持力もカッチリしていて、かなり良好です。





肘関節は約135度以上可動、膝関節は約100度程可動。
画像

腰部スカートは収納式の可動により、
フォルムを崩す事なく腿上げといったポージングが可能。
爪先は引き出しギミックを内蔵し可動域を確保。
また、胸部~腹部の可動域も広く、上体反らしや飛行ポーズもスムーズです。





ややオーバーに引き出しましたが、
肩部、足首は引き出し式機構を備えており可動域が確保されています。
画像






開脚
画像

腰回転もスムーズです。
ただ、足首において接地や横の動きにやや制限が掛かる感じです。





背面
画像

背中には収納されたマウントラッチを展開可能。
ビーム・ナギナタやシールドをマウント可能です。





■武器装備状態
フロント
画像

武器を持ったシルエットも素晴らしい出来ですね(^^)
パーツや付属品がポロポロ取れるといった事もなく安定しています。
欲を言えば、手首は穴開きの物がデフォルトなので、
シンプルな握り拳版も欲しい所でしょうか。





リア
画像






ビーム・ライフル
画像

スコープ部分はピンクで塗装。
ライフルや手首の造形や再現度も高く、二本指で握っている拘りも素晴らしいです。
PVC製の手首のグリップ力も良好。
先端にはエフェクトパーツを取り付け可能です。





シールド
画像

シールドの表面は塗装で再現。
グリップ力やシールドの保持も安定しています。





ビーム・ナギナタ
画像

ビーム・ナギナタのグリップは長さの異なる3種類(長、中、短)が付属。
ナギナタ、サーベルといったエフェクトパーツを取り付け可能です。
柄の真ん中で分割されている構造となり、取り外しや保持力、グリップ力共に良好。
エフェクトパーツの色は黄色となり、青色版は「量産型ゲルググ&C型装備 ver.」 や、
「ジョニー・ライデン専用ゲルググ」方に付属している様ですね。





ナギナタの回転を再現するエフェクトパーツが付属。
画像

そこそこ重くなるので手首を支える為のジョイントパーツも付属。
とは言え支柱が無くても一応保持する事は可能です。
こういうエフェクトパーツがあるとアクションポーズの見映えも良くなりますね。





腰部や脚部バーニアにはエフェクトパーツを取り付け可能。
画像

アニメシーンを演出出来見映えも良好です。
ただ、エフェクトパーツは4個しか付属しないので付ける場所は制限されますね。
股間の下にあるジョイント受けは魂STAGE(別売)等に対応。





肩部はダメージパーツが付属。
画像

差し替えで切断された状態を再現可能です。
ver.A.N.I.M.E.らしいシーン再現の付属品が充実しています。
シャア、覚悟!
シリーズを揃えていくと遊びの幅も広がりますね。





手首格納デッキ
画像

格納デッキに手首を収納可能です。
凹凸部で組み合わせたり、魂STAGEにも対応。





以下、適当に。





画像





今はいいのさ全てを捨てて~
一人残った屍の俺がこの戦場で もがき苦しむ地獄の炎ぉ~

画像





シャア! シャア!
画像





ビーム輝く フラッシュバックに 奴の影!
シャア!シャア!シャア!

画像

シャア!シャア!シャア!




画像





画像




画像





「ララァ!奴との戯事はやめろ!」
画像






画像






画像






画像






画像





「今の私にはガンダムは倒せん!」
画像

「ララァ 私を導いてくれ・・・」






「シャア専用ゲルググ」がROBOT魂 ver.A.N.I.M.E.シリーズで発売。
様々な立体化がされているゲルググの中でも、
アニメ作画を忠実に表現した再現度の高さ、
造形が素晴らしい出来の逸品となっている印象です。

プロポーションバランスや肉感的な独特のフォルムはアニメイメージその物で、
基調となる赤色のカラーリング、色味の再現度も良い出来です。
ただ、あくまでもマスプロダクツなのでプラスチック感や、
処理の雑さだったりといった多少の個体差はある感じでしょうか。
可動域は非常に広く、各関節の保持力も良好です。
スカート部や足首の可動ギミックは良く考えられているなぁと関心しました。

付属品もかなり充実しているので遊びの幅が広く、
ビーム・ナギナタを回転させたエフェクトパーツ等は特徴的ですね。
また、パーツがポロポロ取れるといったストレスも無いので、
ポージングやシーン再現等楽しく遊べました。
色々やってたら画像も多くなってしまったのでちょっと厳選するハメに(笑)





以上、
ROBOT魂〈SIDE MS〉「シャア専用ゲルググ ver.A.N.I.M.E.」レビューでした。





■魂WEB商店
2018年11月9日16:00~受付開始
「ROBOT魂(Ka signature) <SIDE MS> ネロ(月面降下仕様)マーキングプラスVer.」、「S.H.Figuarts 仮面ライダージオウ ビルドアーマー」


この記事へのコメント

罪モデラー
2018年11月09日 01:45
今はいいのさ、全てを忘れて・・・(*^▽^)/★*☆♪
2018年11月09日 23:30
>罪モデラーさん
コメントありがとうございます。
一人残った傷ついた俺がこの戦場であとに戻れば地獄に落ちる~♪


>気持ち玉ありがとうございます。
2018年11月15日 20:30
キリンさん、こんばんは。
「シャアが来る」って歌詞を見てると、敵側(連邦兵)の視点から描かれてるような...。
2018年11月16日 23:15
>とある星人さん
こんばんは、コメントありがとうございます。
個性あふれる曲なので印象的ですが、シャア視点の様で実際は対峙した主人公サイドに感じますね。

この記事へのトラックバック