ROBOT魂 [SIDE AB] ダーナ・オシー レビュー

「善悪の見境もなしに
ドレイクに手を貸すバカな男・・・」

■ROBOT魂[SIDE AB]「ダーナ・オシー(Dana-O’Shee)」レビュー
画像







『聖戦士ダンバイン』より、「ダーナ・オシー」がROBOT魂シリーズで立体化!
プレミアムバンダイ魂WEB商店にて販売されました。
販売価格:8100円(税込)

ゲドをベースにギブン家が開発したオーラ・バトラー(AB)「ダーナ・オシー」。
マーベル・フローズンを始め、キーン・キッスやリムル・ルフト、
ヒロイン勢が搭乗し、初期ゼラーナ隊の貴重な戦力として活躍。
わずかながら量産もされ、警備などに運用される機体も存在した。


この程、遂にダーナ・オシーが発売となりました(*^^*)





パッケージ&中身
画像 画像






付属品
画像






■本体
フロント
画像

全高:約15cm
メカデザイナー宮武一貴氏によるデザインは悪魔像のヤギをモチーフとしており、
およそヒロインが乗る機体とは思えない異形なフォルムとなるダーナ・オシー。
全体のフォルム及びカラーリングの再現度共に素晴らしい出来となっている印象です(^^)
基調となるダークブルー等、本体は概ね成型色で再現され、部分的に塗装が施されております。
成型色のままなのでややプラスチック感があるとはいえ、
SIDE ABシリーズと相性も良く彩度が暗めで落ち着いた質感となっている感じですね。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






上半身
画像

胸部のキャノピーは透明感を抑えたクリアー素材で再現。
装甲の間から覗かせるオーラマルスを再現した造形も精密な出来です。
流石に合わせ目は残りますし、ゲート跡等多少の個体差がありそうですが、
塗り分け精度は良い印象です。





下半身
画像

脚部の流麗な輪郭の再現も素敵ですね(^^)
接地性も良好。





頭部正面アップ
画像

目元はメタリックで塗装されており、塗り分け精度は良好です。
醜悪な面構えですが魅力的でカッコイイです!
きみ勝敗はつねに顔で決まるのだよ!(それ違)





頭部は引き出し式関節となりますが、横を向く動きがやや苦手な感じ。
画像






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

これまでのSIDE ABシリーズで蓄積した技術を活かした多軸関節を採用。
肩部や股関節、足首は引き出し式関節となり、
こんなに良く動くダーナが発売されるとは思いませんでした~(^^)
独特な姿となる為、可動方法も特徴的で面白いです。
大腿部の回転がやや固めな感じでしたが、
各関節の保持力もカッチリとしていて良好です。





肘、膝関節は約135度以上可動。
画像






開脚
画像






手首の4本爪は基部がボール軸となり可動。
足首も引き出し式関節を採用。
画像

腕部にはフレイ・ボムの形状を再現。
爪の保持力も良好。





オーラ・コンバーター
画像

4枚の羽根の取り付け時は、今までのシリーズ同様に固めとなっているので破損させないよう注意。
今回の特徴として、羽根の基部は可動するので、折畳む事も可能なのが素晴らしいです。
内部のディテールも精密に再現されており、
オーラ・コンバーターや羽根の可動、保持も安定しています。





■武器装備
画像






オーラ・ソード
画像

オーラ・ソードはシルバーで塗装。
柄とジョイントパーツを差し込む形で取り付けて装備。
グリップ力も良好です。
基部には可動軸があるので角度を調整可能。





四連装ミサイル
画像

武装は中央の穴に差し込む形で保持可能。
シンプルな形状ですがよく再現されており、グリップ力も良好です。





コックピット
画像

胸のキャノピーは開閉ギミックを搭載しており、
座席のディテールも精密で良いですね。





また、オーラ・ボンバー「ROBOT魂 <SIDE AB> フォウ&スカイステージ」(別売)と合体させる事も可能です。



フォウは1月発売で、まだ発売されていないので、
以前発売した「ROBOT魂<SIDE AB> フォウ」と合体させてみました。
画像

合体方法は股間の下に「フォウ搭乗用ジョイントパーツ」を付けて接続。
以前のフォウだと股間のみの接続で安定性が低いですが、
本来は足首も接続する事となるので安定する予定です。
フォウがあると遊びやディスプレイの幅が広がりますね。





ただ、股関節の可動の調整が結構面倒で・・・、
体育座りをさせるのにちょっと難儀しました(^^;
画像






比較画像
(画像サイズは大き目)
画像

ダンバイン、ダーナ・オシー、ボゾンと並べてみて。
劇中ではそんな印象がなかったのですが、
結構ボリューム感もあり迫力があります。カッコイイ!(^^)





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






プラモのパッケージっぽく。
画像






画像






画像






「善悪の見境もなしに
ドレイクに手を貸すバカな男・・・」

画像

「ゆうべ仕掛けてきたのはあんただろ!」





「ショウ!
こっちは、私が引き受けたわ!!」

画像






ROBOT魂[SIDE AB]でヒロイン「マーベル」の搭乗機「ダーナ・オシー」が遂に発売。
2012年にシリーズが開始されてから、ようやく揃ったゼラーナ隊メンバー。
様々なポージングを可能とした可動域、造形の再現度が素晴らしく、
これまでのシリーズ同様安定したモデルになっている印象です。

成型色や塗装によるカラー再現も良い感じです。
パーツの合わせ目、ゲート跡等こそ少々残るものの、
装甲の表面は落ち着いた質感となり、塗装精度も良い仕上がりです。
可動域は非常に広く、関節保持力も良好な感じです。
異形な姿のフォルムとなる事もありその関節構造等に関心したり、
手に取り動かしていて新鮮さがありました。
羽根が折り畳めるもの地味ですが素晴らしいです。
人型からは外れているのでポージングはちょっと難しいですが、
やや猫背っぽく立たせると決まります。

付属品が少なめなのはシリーズ共通で価格もやや高めな所が気になったものの、
こうして発売されたのは嬉しかった所です。
次段はまさかのAURA FHANTASMからギトールが立体化。
まもなく魂WEB商店で受付開始予定です。
TV版のゲドやバストールといったABの続報も気になる所でしょう。
焦らしているのか今後の商品ラインナップもまだ続くと期待したいものですね。





以上、
ROBOT魂 [SIDE AB] 「ダーナ・オシー」レビューでした。





■魂WEB商店
2019年3月発送商品 締切日公開!2018年11月20日(火)23時まで
ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06D ザク・デザートタイプ カラカル隊所属機 ver. A.N.I.M.E.
S.H.Figuarts ブランカ
PROPLICA 変身ブローチ&変装ペンセット
超進化魂 08 ブラックウォーグレイモン
S.H.Figuarts アイアンマン マーク50 ナノウェポンセット(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー)
S.I.C. 仮面ライダーアマゾンオメガ
S.H.Figuarts 仮面ライダーポッピー ときめきクライシスゲーマー レベルX



ROBOT魂 <SIDE AB> ギトール


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2018年11月18日 05:45
お疲れ様です。
かなり癖のあるフォルムですけど、パッケージポーズみたいな姿勢にすると格好いいですね。
ファンタズムはどこまで出してくれるのか・・・(以前も書きましたが^^;)
まさかパチ版のデザインも出たり・・・は、さすがにないですかね(笑
2018年11月18日 21:40
>ユウさん
コメントありがとうございます。
ダーナはスタイリッシュなプロポーションではないですが、
良く動きますし色んなポーズを取らせて遊べて格好良いです(^^)
これにヒロインを乗せるのがまた凄い(笑)
ファンタズムとかユーザーの反応次第なのでしょうがどうなんでしょうね?
SIDE AB等の担当スタッフは同時進行で他のシリーズも抱えていますし……
CR版も格好良かったのでもし来たら欲しいです(笑)


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック