MG キュベレイダムド 素組みレビュー

地獄に堕ちた新たな薔薇――
■MG 1/100 AMX-004DMD「キュベレイダムド」素組みレビュー。
画像







『ガンダムビルドダイバーズ』公式外伝『ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL'S WORLD CHALLENGE』より、
「キュベレイ」のカスタマイズガンプラ「キュベレイダムド」がMGで登場。
ホビーオンラインショップにて販売。

女の子二人組によるフォース名「ジェヴォーダンウルフ」の一人「ノズ」の愛機「キュベレイダムド」。
普段の二人は6人組アイドルグループ「Le Petit Chaperon Louge(通称プチ・ルー)」のメンバー。
でも本当はハーコーなロックバンドをやりたいドS体質の乙女らしい(笑)


MGキュベレイをベースとした改造ガンプラ「キュベレイダムド」。
取り敢えず、メインカメラのシールを貼りパチ組みで完成です(^^)





全身画像
フロント
画像

全高:約22cm 横幅:約32cm
2001年発売のMGキュベレイをベースとしつつも、
かなりの箇所が新規造形で再現されたMGキュベレイダムド。
巨大なマニピュレータが特徴的で威圧感のあるシルエットとなっている印象です。
白と黒でまとめられた渋めのカラーリングは成型色で再現。
ベースは古めのキットなのでパーツ構成や構造自体に新鮮さはありませんが、
新規造形による部位は大幅にディテールアップされており、
プロポーションバランスは崩しているものの各部が誇張され異形さも際立つ事で、
スタイリッシュな外観となっている感じです。
プロモデラーさんの作例をモチーフにしたカスタマイズガンプラの様ですが、
永野護氏デザイン風の意匠を思わせる姿はインパクトがありカッコイイですね。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

なお、余剰パーツとしてノーマルキュベレイの外装パーツも付属。
(ハンドパーツは省かれています)





上半身
画像

新規造形部位は、頭部外装、前腕、マニピュレーター、
肩部(丸い部分)、腹部、腰部装甲(前後)、とかなり変更されております。
白い成型色はやや透けた感じなので、
塗装をしてみたい所ですが、設定通りモノクロで塗るか、
ハマーン様のキュベレイカラーで塗るかは迷う所(^^)





下半身
画像

下半身の新規造形部位は、足首(踵、爪先)を変更。
新規造形による腹部はかなり絞ったシルエットとなるのが特徴的ですね。





頭部正面アップ
画像

メインカメラはクリアーパーツの上にシールを貼っております。
頭部外装は新規となりモールドを追加。
ディテールアップが施されています。





頭部は上下の可動域は広くなりますが左右へは殆ど動きません。
画像

元のキュベレイにもあったコックピットハッチ開閉ギミックも再現。
座席にパイロットは付属せず。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

可動域は多軸関節を内蔵しておりますが、
キットの構造が古い事もあり最近のガンプラからするとやや物足りない所。
とはいえ、アクションポーズには十分対応している感じです。





肘、膝関節は約90度程可動。
画像

ショルダーアーマーや各関節の保持力も良好。
やや肘のボール軸が動かしていると抜け易いといった位。





開脚
画像






マニピュレーター
画像

新規で追加されたキュベレイダムドの特徴的な部位。
5本の指は根元がボールジョイントとなっておりそれぞれが独立可動。
握る事等は出来ず可動箇所が少な目なのは少々残念ですが、
フォルムが素晴らしくカスタマイズの素材としても面白そうですね。
腕に自信のある方は全指可動を仕込むのもアリ?
手首のボール軸は4mm幅。





ビーム・サーベル
画像

ビームサーベルは武器持ち手がないので、
袖口から発振しているだけとなります。
巨大なクローによる物理攻撃プラスαの兵装といった感じでしょうか。





ファンネルポッド
画像

ファンネルポッドの外装は新規造形で再現。
主兵装となる10基のファンネルを収納可能。





比較画像
MG「キュベレイ」、MG「キュベレイダムド」を並べてみて。
(画像サイズは大き目)
画像

キュベレイは当時一部改造と塗装を施した物ですが、
17年位前なので仕上がりなど非常に稚拙な点が恥ずかしい(^^;
並べたキュベレイダムドは新規造形箇所も多く、
シルエットやプロポーションバランスもかなり変更され、
ボリューム感や異形さが際立っている印象ですね。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







MG「キュベレイ」をベースにカスタマイズされたMG「キュベレイダムド」。
ベースのキットはやや古めとなりますが新規造形によるパーツが大幅に追加されており、
スタイリッシュでインパクトのあるモデルとなっている印象です。

大型のキットなのでボリュームこそありますが、
パーツ数量自体は少なく組み立てはし易い感じでした。
可動域等はMGキュベレイと同様となり関節保持力も良好。
新規で追加された巨大マニピュレーターは、
根元のみ可動というのはやや寂しいですが素晴らしいフォルムが特徴的です。
このままビルドダイバーズの設定通りのカラーで塗るか、
ハマーン様のキュベレイカラーで塗るかなど迷う所ですね。

ディテールアップされた妖艶な意匠に印象的なマニピュレーターは迫力があり、
プロポーションバランスは崩しているものの、
誇張されたシルエットがカッコイイキットだと思いました。





以上、MG「キュベレイダムド」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナーレビュー






MG 1/100 キュベレイダムド 【4次:2019年3月発送】
MG 1/100 百式壊 【2次:2019年3月発送】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック