MG V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka 素組みレビュー

「荒んだ心に、武器は危険なんですっ!!」
■MG 1/100 LM314V23/24「V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka」素組みレビュー。
画像






『機動戦士Vガンダム』より、主人公「ウッソ・エヴィン」が乗る、
究極のモビルスーツ「V2アサルトバスターガンダム」が、MG Ver.Kaシリーズで登場!
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

リガ・ミリティアが独自に開発したV2ガンダムに、
長距離支援用パーツ、中距離支援用パーツの強化装備を施したV2アサルトバスターガンダム。
全身の各追加武装を新規造形で再現。
カラーリングは成型色を一新し、重厚感ある質感を再現しています。
組み替え式でV2アサルトガンダム、V2バスターガンダムも再現可能。
また、装備を保持する為の新構造の内部フレームと一部外装のアップデートパーツが付属。


劇中では折角の装備もあっさり破壊されて、
殆ど活躍しなかったV2アサルトバスターですが、
圧倒的ボリューム感ある武装を纏い、
待望のMGシリーズでようやくキット化しました。
取り敢えず、目元のみシールを貼ってパチ組みで完成です(^^)





付属品その1
V2ガンダム本体と、オプションパーツ。
画像






付属品その2
アサルトパーツ、バスターパーツ
画像






変更箇所
画像

新構造の内部フレームとアップデートパーツで保持力を強化。
肩はロール軸のみと若干可動範囲が狭くなりましたが、強度が上がっています。
股関節はジョイントパーツが新規に追加され、足が開きがちだったのを防止。
また、軸の角度が若干付いた事により、ハの字に開いたカトキ立ちがし易くなりました。





全身画像
フロント
画像

全高:約23cm(ビームキャノンの角度調整により若干前後)、頭頂部:約16cm
MSサイズ自体は小型ではありますが、圧倒的ボリューム感で、
V2アサルトバスターガンダムを再現しております。
変更した成型色はアニメ版に近い印象となり、
組み立て後は思ったほど違和感もなくカッコイイ仕上がりです(^^)
基調となるホワイトの成型色はやや青色やグレーを加えた様な色彩。
ゴールドメッキのパーツも落ち着きがあり良いですね。
プロポーションバランスも立ち姿は以前より良くなった感じです。





画像画像






リア
画像






俯瞰
画像






上半身
画像

強化パーツのフォルムも素晴らしい出来です。
内部フレームが変更されているので、
アサルトパーツや武器を装備しても保持力が十分となっております。
両肩のアサルトパーツの脱着はちょっと面倒です。
ゴールメッキは艶消し気味の質感でアンダーゲートとなるので、
丁寧に処理すると見映えも良く綺麗に輝きますね。
ただ一部にウェルドラインが残っていたので個体差はあるかも?





下半身
画像

腰部と、膝装甲のパーツは若干ポロリし易いですが、
そこ以外の装備の保持力は概ね良好でした。





頭部正面アップ
画像






画像

選択式となりますがターゲットサイトの装備を再現可能。





メガ・ビーム・ライフル
画像

カバーの開閉、バレルの伸縮ギミックを再現。
バレルユニットとコントロールユニットに分離し、脚部のハードポイントに装着可能。
大型の武装となりますが腕部関節の保持力も十分。
(ただ今は良好ですが、ABS素材の摩耗はちょっと心配?)
グリップ力はないですが肘へマウント可能となるので保持力は良好です。





V.S.B.R
画像

サイドスカートのヴェスバーは回転、展開を再現。
肉抜き穴はちょっと目立つ感じですね。
ハードポイントの取り付けは良好。





メガ・ビーム・シールド
画像

肘に固定出来、グリップ力はないですが保持力は良好。
ジョイントは回転、スライド機構を内蔵。
3基のバリアビットは着脱を再現可能です。





メガ・ビーム・キャノン/スプレー・ビーム・ポッド
画像

V2コア・ファイター(バスター装備)は一部新規造形で背中のパーツが変更されております。
オーバーハング・パックはバスター装備の方のV2コア・ファイターに装着可能。





画像

Ver.Kaではオーバーハング・パックと本体の装着方法は変更され、
左右それぞれは独立可動します。
拡張エフェクトユニット“光の翼”(別売)をドライブに取り付け可能です。





マイクロ・ミサイル・ポッド
画像

発射口はパーツの選択式で、閉じた状態と開口した状態を再現可能。





画像

腰部リアスカートや脚部側面も再現。





ビーム・ライフル、ビーム・シールド
画像

通常版にも付属した、ビーム・ライフルやシールドも再現可能。
ビーム・ライフルは選択式でグレネード・ランチャーを装着可能。
(画像はグレネードランチャー)
ただ、ライフルのグリップ力は弱いです。





ビーム・サーベル
画像

こちらもグリップ力はイマイチですがサーベルエフェクトは2種類付属。





■V2アサルトガンダム
フロント
画像

中距離支援用のアサルトパーツを施した形態を再現可能。
前述した通り、腰部、膝装甲がちょっと外れ易いですが、
強襲型となり耐ビームコーティングのメッキパーツが映えるスタイルですね。





リア
画像






■V2バスターガンダム
フロント
画像

長距離支援用のバスターパーツを施した形態を再現。
ハードポイントへのパーツ換装保持力は良好です。





リア
画像






3機の可変・分離も再現可能です。
画像

V2コア・ファイター、トップ・リム、ボトム・リムに変形。





■V2コア・ファイター(バスター装備)
画像






■V2トップ・ファイター
画像






■V2ボトム・ファイター
画像






比較画像
(画像サイズは大き目)
画像

MG「V2ガンダム Ver.Ka」とMG「V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka」を並べて。
V2ガンダムの基本的な素体は同じですが、
装備を保持する為に一部内部フレームが新規造形で変更されたのと、
機体カラーの成型色も変更されております。
好みに差はありそうですが、
ゴールドメッキパーツは綺麗で成型色も落ち着いた感じのカラーリングですね(^^)
成型色やメッキに拘りがない場合は、
アサルトバスター拡張パーツの方を選択すれば良いですね。
塗装を施す場合は塗料の剥がれが起こると思うので2個買いとかが良いかも?(笑)





以下、適当に。





「ウッソ・エヴィン!
V2(ヴィクトリーツー)行きますっ!!」

画像

拡張エフェクトユニット “光の翼”(別売)を装着可能。





画像






画像






画像






画像





「このV2バスターのミサイルポッドはっ!」
画像





「えっ?なんです?
貴方の身体を焼けというのですか?
そうか、火で焼いて綺麗にするんですね。
そりゃあ綺麗にした方がいいですよ・・・」

画像

「シャクティごめん。
お母さんの言う通りにさせてもらうよ……」






画像






画像






「ガンダムーーーッ!!」
画像






MGシリーズで遂にV2アサルトバスターガンダムが発売。
V2ガンダムの発売から3年経ちようやくといった感じですが、
内部フレームの新構造を採用する事で保持力強度共に向上しており、
アサルトバスター形態でも安定し再現性特盛感が凄い印象です。

本体同梱版ではV2ガンダムの成型色も変更されており、
アニメ調な色彩といった風でゴールドメッキとの相性も良くフォルムも素晴らしいです。
可動域は一部若干狭くなっていますが、
強化装備を施した立ち姿のプロポーションバランスは良くなった感じです。
ABS素材の関節は経年劣化が心配ですが、可動や保持力も良好でした。
装甲パーツが一部ポロリし易い所はあるものの、ストレスに感じる程ではなかったですね。

アサルト、バスター両形態の換装再現は勿論、V2変形合体も可能。
究極のモビルスーツとしてスペシャルな出来に仕上がっており、
ボリューム満点でプレイバリューの非常に高い逸品になってると思いました。






以上、MG「V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介




■バンダイホビーオンラインショップ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック