HGUC ディジェ 素組みレビュー

「人は、同じ過ちを繰り返す……まったく」
■HGUC 1/144 MSK‐008「ディジェ(DIJEH)」素組みレビュー。
画像






『機動戦士Zガンダム』より、HGUC「ディジェ」が遂に登場。

グリプス戦役時エゥーゴと共闘していたカラバがリック・ディアスをベースとして開発した機体。
アムロ・レイも開発の最終段階から参画し、
パイロットとしてキリマンジャロ基地攻略戦、ダカールの戦闘における勝利に貢献した。

フォルムや可動域共に素晴らしく、完成度の高い印象となるHGUCディジェ。
取り敢えず、モノアイのみシールを貼って完成です(^^





■全身画像
フロント
画像

全高:約16cm(頭頂高:約13cm)
結構小顔でスタイリッシュですがアレンジは控えめで、
プロポーションバランスの良い出来となっている印象です。
組み立てはパチ組みで約2時間位。
パーツ構成は最新のフォーマットを採用しているので、
成型色による色分け再現も素晴らしいです(^^)





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

素組みの状態でも結構細かく色分けされており、
基調となる青緑といったカラーリング再現は良好です。
目立つ合わせ目は頭部、肩、前腕、武器に残る位でかなり優秀ですね。





下半身
画像

足の裏は肉抜き穴といった手抜きもなく、
キチンとモールドが存在しディテールは精密です。





頭部正面アップ
画像

モノアイはシールを貼って再現。
シールの下にはモールドも存在。
頭部のチューブは可動の際にちょっと外れ易い感じです。





目元のパーツは“モノアイ”と“ツインアイ”の物を選択式で再現可能。
画像

ディジェのコックピットは頭部にあるので、
スケールサイズ的には頭が小さ過ぎ?という気もしなくはない所(^^;





ラウンド・シールド
画像

シールドはちょっとポロリし易いですが、
基部はボール軸となっているので自由に可動。
黄色のラインはシールで再現可能となり裏側のディテールも精密です。





バックパック
画像

メイン・スラスター、サブ・スラスター、放熱フィン共に基部で可動。
フィンやノズルの色分けも成型色で細かく再現しているのが素晴らしいですね。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

可動域はKPS素材とポリキャップを併用した、
最新のフォーマットによる多軸関節を採用しているので思った以上に優秀。
肩は引き出し式機構を搭載し、各関節保持力も良好です。
中でも腰部フロントスカートの可動と、
腹部の赤いブロックは基部がボール軸となっており、
腿上げや大胆な腰の回転にも対応している所が特徴的で面白かったです。





肘、膝関節共に約135度以上可動。
画像

頭部や脚部のチューブは軟質素材(TPE)となっております。






開脚
画像






■武器装備

フロント
画像

ビーム・ライフルを装備、クレイ・バズーカを懸架可能。





リア
画像






ビーム・ライフル、クレイ・バズーカ
画像

武器はHGUC百式からの流用となりますが、
マニピュレーターの造形は良く、グリップ力も良好です。





クレイ・バスーカはバックパックや左肩にマウント可能。
画像

左肩部のウェポンラックにはジョイントパーツを用いて懸架可能。
保持力は良好。





ビーム・ナギナタ
画像

エフェクトパーツを付けてビーム・ナギナタを再現。
また、腰部にマウント可能。
グリップ力共に良好です。





比較画像
(画像サイズは大き目)
画像

HGUCゼータガンダム、HGUCディジェを並べてみて。
こうして並べると意外にディジェって小型ですね(^^)
アムロが乗って戦果を挙げているのなら、もっと量産されていても良いはず。
ガンダムNTからナラティブVer.とかのバリエも気になる所ですが、
難しそうだけどリック・ディジェとかも勢いで出ないかしら?(笑)





以下、適当に。





画像






画像






「離れるんだ!サイコガンダムは危険だ!」
画像






画像






「意味はないよ、戦い自体には。
でも、人間は戦い続けて歴史を作ってきた。
それがなければ、人間は滅んでいたさ」

画像






画像






「ティターンズの生き残り部隊か。
落ちろっ!!」

画像






試しにHGUCベースジャバーに載せてみて。
画像

ドダイ改が欲しくなる所ですね(^^





「頑張れよ、シャア、カミーユ。
無駄死にだけはするな」

画像





グリプス戦役期にてアムロ・レイの乗機となった「ディジェ」がHGUCシリーズでキット化。
再現性や完成度が非常に高いキットとなっている印象です。

パーツ構成が優秀なので合わせ目は殆ど目立たず、
成型色による色分け再現度も高くなっております。
パーツ数は多いものの組み立てはし易かったですね。
可動域は多軸関節や引き出し式関節といった従来の機構に加え、
腰部の回転等思っていた以上に広く、KPS素材の保持力も良好でした。
気になったのは頭部のチューブや右肩のシールドがちょっと外れ易い感じといった所。

付属品も十分揃っており、肉抜き穴といったマイナス点が無く、
モノアイとツインアイを選択出来るのも好印象です。
フォルムやプロポーションバランスが素晴らしく出来良いキットだと思いました。






以上、HGUC「ディジェ」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナーレビュー




■バンダイホビーオンラインショップ
2018年12月7日13:00~受付開始
「HG 1/144 ナラティブガンダム用 B装備拡張セット」、「HG 1/144 リゲルグ(ユニコーンVer.)」


この記事へのコメント

ユウ
2018年12月10日 23:58
お疲れ様です。
フィンの色分けは頑張ってくれたって感じですね。
一昔前だと確実にシール補完になってそうな箇所ですし。
リック・ディジェも出して欲しいですねぇ。
そしてディジェSE-R・・・・・・はわりと流用できる部分ないし無理か(笑
2018年12月11日 22:21
>ユウさん
コメントありがとうございます。
今回のディジェは色分け等後発だからこその出来の良さですね。
バリエ展開は出来そうな感じのランナー構成ですが・・・
確かにSE-Rは完全新規でないと再現出来ない別機体ですね(^^;


>気持ち玉を下さった方ありがとうございます。
罪モデラー
2018年12月11日 23:15
私にとってディジェは放送当時から突っ込みどころ満載のMSでした。Σ(゜д゜;)まず頭部のコクピット←大きさ的に無理だろ(>_<)
次に頭部のバルカンの形状とケーブル←バルカン砲の機構の大きさが小さ過ぎるのとケーブル(設定では給弾ベルト)の形状がおかしい(>_<)
次に胴体中央の赤いパーツ←コクピットハッチじゃないんかいΣ( ̄◇ ̄*)エェッしかも、このパーツのせいで腰が回転出来ない。(T_T)
最後に背中の放熱フィン←大き過ぎる・・・これだとMSを仰向けに寝かせられないし、メンテナンスハンガーにも載せられない(せめて折り畳み機構を付けろ)(▼皿▼)Ψ

と、文句は言いますが買いますよ。私は(*^-')b
2018年12月12日 22:18
>罪モデラーさん
コメントありがとうございます。
なるほどディジェは色々なツッコミ所がありますね(笑)
でも新訳Zでは出番もなく逆に寂しかったです(^^;

この記事へのトラックバック