RG フルアーマー・ユニコーンガンダム 素組みレビュー 後編

「人の未来は…、人が作るものだろう!
人は弱くて、不完全で、だから託すんだ!」

■RG 1/144 RX-0「フルアーマー・ユニコーンガンダム」素組みレビュー後編。
画像






『機動戦士ガンダムUC』より、主人公「バナージ・リンクス」が乗る、
最終決戦仕様の「フルアーマー・ユニコーンガンダム」がRGシリーズ最大ボリュームで登場!

サイズは1/144スケールながら変身機構を備え、
パーツ数量とギミック満載の内容でボリューム満点の大型キット。
撮影するのにも一苦労しました(^^;
画像枚数等が増えてしまったのでレビューは2回に分けています。
「素組みレビュー前編」に引き続き、今回は「素組みレビュー後編」を紹介します。


前回の素組みレビュー前編では、
ユニコーンガンダム本体と特盛セットとなる武装関係を紹介。
しかし、ユニコーンモード、デストロイモードと色々まとめきれず。
どうしたらいいの?と中途半端にぶつ切り状態。そんなこんなで今回も武装の続きから・・・

関連
→ RG フルアーマー・ユニコーンガンダム 素組みレビュー 前編





ハイパー・ビーム・ジャベリン
画像

2個付属したMGとは違い、RGはジャベリンが1個付属。
組み替えにより、折畳んだ収納状態と展開状態を再現可能です。
展開状態は大きく迫力があり、グリップの取り付け位置は変更可能。
グリップ力やパーツの保持力は良好です。





エフェクトパーツはクリア素材で再現。
パーツの組み替えにより刃をジャベリンの先端に取り付けたり、
ビーム・マグナムに装着する事も可能です。
画像

クリアグリーンのサイコフレームもパーツ分割で細かく再現されているのが素晴らしいですね。
スライド式で装甲の開閉も再現しています。





付属のジョイントパーツを使用しハイパー・ビーム・ジャベリンを、
腕部に取り付ける事も可能。
画像

腕部に装備した状態でビーム・ジャベリンの展開も出来、
プレイバリューが高くなっております。





大型ブースター
画像

追加マウント・フレームに大型ブースター、ハイパー・バズーカ等、各主武装を懸架。
プロペラントタンク兼大型ブースターはRG用に新規造形で再現されています。
サイズも大きく迫力ある造形です。
ただ、前述した通り大型ブースターとフレームの接続保持力が弱くポロリし易いので注意。
それとバズーカのマガジンもポロリし易い感じです。





ノズルの造形も細かく別パーツ化され色分けを再現。
画像

支柱は基部がボール軸となり、形態やポーズによる高さ変更に応じて角度の調整が可能。
取説には記述されてませんが、赤く囲った部分は3mm径の受け軸があり、
アクションベースや魂STAGE等にも対応出来そうです。





新規造形によるマウント・フレームは基部に可動ポイントが存在し、
大型ブースターの向きを変更するといった動きが可能。
画像

より迫力あるポーズが可能となっているのが良いですね。
ポロリし易い軸を適宜調整し解消すれば、
クリアランスが確保されているので取り回しは楽な印象でしょうか。





そして、ようやくフルアーマー・ユニコーンガンダムに換装。


■フルアーマー・ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)
フロント
画像

全高:約19cm
奥行き:約21cm
最終決戦仕様のフルアーマー・ユニコーンガンダムを再現可能です。
バナージの友人タクヤのアイデアで実現した有り合わせの武器による全部盛り形態。
1/144サイズながらボリューム感が凄くゴテゴテ感が魅力的ですね(^^)
先に発売されたMG、PGと比較するとサイズは小さく迫力感で劣ったり、
大型ブースター等一部パーツがポロリと外れ易い所はあるものの、
凝縮された精密感、コレクションのし易さ取り回し易さは長所でしょうか。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






■フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)
フロント
画像

全高:約21cm(バズーカの砲身も伸ばしています)
奥行き:約21cm
変身機構を備えておりデストロイモードのフルアーマー・ユニコーンガンダム。
ジャベリンは劇中では使わないので後付けとなりますが、
TV版でのOPで登場した姿を再現可能です。
パーツの組み替えによるデストロイモードへの変形は、
バックパック等一度パーツを外さないといけないのがちょっと手間。
高さや奥行きがあり1/144サイズながら重量感があります(^^)





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






謎の余剰パーツが存在(FA1-⑨番)
画像

説明書には一切記述されていない余剰パーツがあります。
何に使うのか?と、ランナーで近接する似たようなパーツから推測するに、
シールドガトリングの取り付け位置を下げる効果がある事から、
「アームド・アーマーDE」を装備するのに適したパーツだと思いました。
「(仮)フルアーマー・ユニコーンガンダム(バンデシネVer.)」っぽく出来そうですね。





サイコフレームはブラックライトやUVライトに反応。
比較画像(画像サイズは大き目)
(Befor、After)
画像

サイコフレームはUVに反応する素材なのでライトを当てた箇所は青色っぽく輝き、
劇中の様な発光現象の雰囲気を手軽に演出可能です(^^)





比較画像(画像サイズは大き目)
画像

RGフルアーマー・ユニコーンガンダム、HGUCフルアーマー・ユニコーンガンダムを並べてみて。
HGの方は塗装済みでプロポーション等弄ってしまっているので、
あまり参考にならないかもしれませんが(^^;
RGの方は後発なだけにディテールや情報量が上書きされており、
フォルムにメリハリがあったり、ボリューム感あるモデルになっていますね。
ただ、HG版と違いシールドファンネル用のY字ジョイントやスタンド等は付属しないのが残念。





以下、適当に。





「帰ってきた・・・」
画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






「それでもっ!!」
画像






「やるぞバナージ!
この光は俺達だけが生み出しているものじゃない!」

「分かってます!みんながこの中にっ!!」
画像






フルアーマー・ユニコーンガンダムがRGシリーズで発売。
ユニコーンはバリエーション展開の傾向から順当に発売された感じですが、
新規造形による各種武装や大型ブースター等RGらしい精密感やギミックが満載となっており、
高密度で重量感ある最終決戦仕様を再現している印象です。

基本的にユニコーンガンダム本体は通常版と共通となり、
変更箇所はサイコフレームの成型色が覚醒仕様のグリーンフレームとなったのみです。
今回、新規造形による各種武装は出来も良く、
HGUC版では省略されていたディテールの再現、装備や収納&展開といったギミックの数々が特徴。
1/144サイズながら変身機構を備えた傑作キットのフルアーマー形態のボリューム感が凄いです。
更にちょっとした追加ですがシールドガトリング3枚のみを装備した軽装状態を再現可能なのも特徴でしょう。
ただ、HGにあったシールドファンネル用のY字ジョイントやスタンド等が付属しないのは残念な所。

一部パーツがポロリと外れ易い所はあるものの、
キットは後発なだけに洗練されてフォルムの再現性は向上しており、
凝縮された精密感に加え、プレイバリューの高いモデルになっていると思いました。
パーツ数量も多く難易度の高さや完成までの道程は長いですが満足感も格別ですね。
可能性の獣と呼ばれるユニコーンシリーズは今後の商品展開として、
RGフェネクス(ナラティブVer.)とかも気になる所でしょうか。





以上、RG「フルアーマー・ユニコーンガンダム」素組みレビュー後編でした。

製作過程
→ ランナー紹介 素組みレビュー前編





■ホビーオンラインショップ
2019年1月18日17:00~受付開始
「HG 1/144 ガンダムTR-6[ヘイズルII]【2次:2019年5月発送】」

■魂WEB商店
2019年1月18日16:00~受付開始
「ROBOT魂 <SIDE MS> FF-X7-Bst コア・ブースター 2機セット ver. A.N.I.M.E. ~スレッガー005 & セイラ006~」、「S.H.Figuarts 人造人間21号」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2019年01月20日 05:52
お疲れ様です。
ボリュームと長物でポージングが大変そうですね(^^;)
来月のペルフェクティビリティと一緒に飾ってみたいですけど、向こうは値段が・・・(;´Д`)

ヘイズルIIがいきなり予約開始、HGUCシルヴァバレトNT版、SDCSシスクード、マグアナック等の参考出品と色々と濃いのが来ましたね(笑
2019年もAOZは続きそうで何よりです。
2019年01月20日 22:31
>ユウさん
コメントありがとうございます。
ポージングとか撮影は苦労しました(笑)
ペルフェクティビリティは正直単品で発売して欲しい所ですね。

いきなり来ましたねぇヘイズルII。早くも2次受注になったようで…
発表されたマグアナック等濃い面々にも驚きです。
シルヴァバレトもまだ参考出品の様ですが楽しみですね。


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック