HGUC Hi-νガンダム 素組みレビュー

「僕にはベルトーチカとお腹の中の赤ちゃんがいる。
この違いは、絶対的な力だ!!」

■HGUC 1/144 RX-93-ν2「Hi-νガンダム」素組みレビュー。
画像






小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ~ベルトーチカ・チルドレン~』より、
待望のアムロ・レイ最強の機体「Hi-νガンダム」がHGUCシリーズで登場!

アナハイム・エレクトロニクス社にて開発されアムロ・レイ自身が設計したサイコミュを搭載し、
オールレンジ兵器“フィン・ファンネル”を装備するガンダムタイプ初の「フルスペックNT専用機」。
当初のサイコミュシステムはあくまでもファンネルをコントロールする為の物であったが、
ネオ・ジオンのMSサイコ・ドーガの鹵獲によって得た“サイコ・フレーム”を、
コックピット周辺に配置する事で、脳波コントロールのレスポンスが向上。
不安要素はあるものの、より確実なものとする為に採用し、
実質3ヶ月間という短期間でHi-νガンダムは完成した。
かくして、ロンド・ベル部隊のフラッグシップMSとして運用される事となる。


取り敢えず、目元のみシールを貼って完成(^^)
発売は2009年と結構前なのですが、折角組み立てたので紹介します。





■本体
フロント
画像

全高:約14cm(頭頂高)
メカニッックデザイナー出渕裕氏によりリファインされボリュームある初期デザインから、
細身でνガンダムに近いシルエットとなったHi-νガンダム。
プロポーションバランスやフォルムの再現度も高くこれはこれでカッコイイ印象です(^^)
ホワイトとブルーを基調としたカラーリングは成型色で再現。
スラスターや細部は塗装、腰のV字や足の爪といった部位はシールで対応。
組み立てはHGキットながらパーツが細かくボリュームもあってパチ組みで約3時間位でした。
注目すべき点としてHi-νガンダム本体の合わせ目はプロペラントタンクのみとパーツ構成が優秀です。
流石にビーム・ライフル等の武器はモナカ割りとなっています。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像






上半身
画像

成型色の発色は良好となり、背中のコネクター部の金色やダクト等は塗装で対応。
メインカメラや腰のV字はシールで対応可能。
関節やシルバー等のメタリック部は若干ウェルドラインが残りますが、
カラーリング再現度は非常に高くなっていますね。
精密なディテールが施されており、ボディはやや丸みを帯びたフォルムとなるが特徴的。





下半身
画像

脚部は細身なラインとなるのが特徴的です。
背中のファンネルが重く倒れ易いので、アクションベース5(別売)を支柱としています。





頭部正面アップ
画像

頭部のフォルムは初期デザインとリファイン版との中間といった印象ですね。
精悍ですがもう少しイケメンな造形にして欲しかった所。
ツインアイはシールを貼っています。
ヘルメットはマスクを下から嵌める一体成型となっており合わせ目が残らない構成で、
額の文字はHi-νGUNDAM AE?(小さくて良く見えない)と立体的に表現。
ミクロン単位で加工された金型技術が凄いです(^^)





頭部の可動域は襟が干渉し易く、上下には良く動きますが横を向くのは苦手。
画像






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

2009年発売のキットとなり可動フォーマットは古めですが、
シンプルながら標準的なアクションには十分対応可能。
関節保持力も良好。
ABS素材の肘関節や頸部とかの可動はちょっと固め。





肘関節は約90度程可動、膝関節は約130度程可動。
画像






開脚
画像






ファンネルコンテナは基部にて上下左右、スタビレーターは上下に可動。
背部にコネクトされたプロペラントタンク/スラスターユニットは合わせ目が残ります。
画像

足裏にはバーニアや爪の塗装は必要ですが、
精密なディテールが施されており素晴らしい出来です。





■武器装備
フロント
画像

ビーム・ライフルにシールドといったオーソドックスな兵装となるHi-νガンダム。
質実剛健、ヒロイックなスタイルながら視認性を低くステルス性を高めたカラーリングが格好良いです。
特徴的な背中のフィン・ファンネルが重く倒れ易いので、
アクションベース等(別売)でディスプレイするのが良さそうですね。





リア
画像






フィン・ファンネル
画像

Hi-νガンダムの特徴的なガンダムタイプ初のビット兵器。
ファンネルコンテナには6基のフィン・ファンネルを装備。
ただし、取り外して可動するファンネルは左右上部の2基のみ。
もし「Figure-riseLABO ホシノ・フミナ」の様にレイヤードインジェクションの研究が進んだら、
フィン・ファンネルのグラデーションパターンの再現も可能になるのでしょうか?(^^)





フィン・ファンネルは2基のみ変形可能です。
残り下部のファンネルは固定。
ここは簡素な造りで少々残念な所ですね(^^;
画像

キットを3個大人買いして改造するのもアリ?(笑)





ビーム・ライフル、ニュー・ハイパー・バズーカ
画像

武器はガンメタ単色でモナカ割り構造とシンプルな作りです。
造形は良い出来ですが、本来はホワイト&シルバーなのでカラー再現は低め。
成型色はホワイトだった方が部分塗装もし易かったと思います。
グリップにはピンがあり、グリップ力は良好。
右腕にある腕部マシンガンの造形再現は精密で良い出来です。





シールド
画像

ブルー&ホワイトとなるカラーパターンの色分けをパーツ構成で再現しているのが凄いです。
パーソナルマークは付属のマーキングシールで再現可能。
腕部へのジョイントパーツは取り付ける向きを変更可能です。
保持力も良好。





ビーム・サーベル
画像

サーベル・グリップは背部のビーム・サーベル・ラックに収納可能。
グリップ力はガッチリという程ではないですが十分な感じ。
左腕にあるビーム・サーベルの収納ギミックはありませんが、
白色パーツの下にサーベルグリップの造形が一応再現されています。





比較画像(画像サイズは大き目)
画像

「HGUC νガンダム」、「HGUC Hi-νガンダム」を並べて。
設定上の全高はそれぞれ異なり、Hi-νガンダムの方が小型MSとなるので、
ボリューム感と迫力あるνガンダムに対して小さめで精密感がある印象です。
Hi-νはファンネルのギミックが簡素になっていますがハの字立ちはし易い感じでした。
HGUC Hi-νガンダムが発売されて10年経つけど……、
ナイチンゲールのHG化は難しいのかしら(^^;





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






「何だこの邪気は!?」
画像






フィン・ファンネルのディスプレイはアクションベース5で対応可能。
画像






画像






「貴様を倒せれば、
アクシズは止められる!」

画像






「確信が持てるまではなんでもやる!
それが、戦争で宇宙を汚した我々の仕事だっ!!」

画像






待望のHi-νガンダムがHGUCシリーズで登場。
リファインされたデザインを元に立体化されたプロポーションバランスやフォルム、
特徴的なカラーリングの再現度が高いキットとなっている印象です。

特筆すべき点は合わせ目が少なく洗練されたパーツ構成が非常に優秀。
カラーリングや色分けを成型色で再現しており素晴らしい出来です。
可動域は2009年発売のキットとなるのでフォーマットはやや古めとなるものの、
標準的なアクションポーズには十分対応しています。
関節や武器保持力も良好で、初心者でも作り易い構造に感じました。
背中が重く倒れ易いのでアクションベース等でディスプレイするのが良さそうですね。
ただ、武器やギミックの再現はやや大味で、ビーム・ライフル、バズーカの成型色、
フィン・ファンネルの変形機構は2基のみといのが少々残念な所でした。

オミットされた部分はあるもののデザインの簡略化やアレンジは少なく、
HGキットとしてシンプルな作りながら精密感がありカッコイイ出来でした。




以上、
HGUC「Hi-νガンダム」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介




■バンダイホビーオンラインショップ
2019年2月7日13:00~受付開始
「RG 1/144 拡張ユニット アームド・アーマーVN/BS」、「HG 1/144 アドヴァンスドジンクス(デボラ機)」、「RG 1/144 ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション 【再販】」、「HG 1/144 アドヴァンスドジンクス 【再販】」

■魂WEB商店
2019年2月8日16:00~受付開始
「S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ 最後ノ審判セット」、「S.H.Figuarts ウルティメイトイージス/ウルトラマンゼロアーマー オプションパーツセット」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2019年02月10日 00:54
お疲れ様です。
ライフルとバズーカはほんと白にしてくれって思いましたね当時(笑)
Hi-νの顔ってなかなか決定版がないですよね。だいたい横顔限定というか。
顔をリニューアルしたメタボはいつ予約開始なのか……。

もしかしたらご存知かもしれませんが、セカンドVが出るらしい……との噂。シルエット展示で色と形がそれっぽいみたいですね。
2019年02月10日 21:48
>ユウさん
コメントありがとうございます。
モナカは仕方ないにしてもνガンダムは良かっただけに惜しい部分ですね。
Ver.Kaの顔はカトキさんっぽくではありますが大分イイ感じでした。
メタボはどうなりますかね~。

なるほどセカンドVはまだ正式ではないようですが気になりますね。
やっぱりプレバンかしら?(笑)


>気持ち玉ありがとうございます。
罪モデラー
2019年02月11日 00:33
私はロボ魂のナイチンゲールに合わせる為にメタボ(体型じゃないですよ(^^;)のHi-νを買いました。顔の造形は一番カッコ良い出来だとおもいますよ。(^-^)bただ難点なのが胴体の各関節がユルいことですね。(T-T)
2019年02月11日 23:21
>罪モデラーさん
コメントありがとうございます。
ロボ魂版は所持していないので分からないのですが割とカッコ良いのでしょうか。
関節等個体差はあるようですがちょっと気になりますね。
2019年02月13日 08:26
Hi-νはMGででてる小説版仕様のリメイク前のデザインもどちらもかっこいいのがいいですよね νのマスクのスリッド3本の特権はいかにもアムロ専用機というアイコンになっててほんと好きです。ナイチンゲールは、でるとしてもHGサイコガンダムやクシャみたいな値段になるのかなあ(笑 僕的には量産型νがでたら喜びます
2019年02月13日 22:51
>ミスターZさん
コメントありがとうございます。
マスクのスリット三本も特徴的ですね。
リファイン版もスタイリッシュな感じがナイス。
ナイチンゲールはRE/100のインパクトが凄くHG化も間もなくか?と思いきやそんな事はなく・・・。
量産型νとはまたマニアックですね(笑)

この記事へのトラックバック