HG リーオー(飛行ユニット仕様) 素組みレビュー

■HGAC 1/144 OZ-06MS「リーオー(飛行ユニット仕様)」素組みレビュー。
画像






『新機動戦記ガンダムW』より、
「リーオー(飛行ユニット仕様)」がHGACシリーズで登場。
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

OZや地球統一連合軍など各勢力に配備された量産型リーオーが、
飛行ユニット仕様としてHGシリーズで発売。
機体カラーを成型色で再現し、特徴的な武装類を新規造形で付属。


取り敢えず、パチ組みで完成です(^^)
量産機の中でも印象の薄かったカラバリキットですが、
プレイバリューが高く今回画像は多目となりました。





■本体
画像

全高:約11.5cm
素体は「HGAC リーオー」同様、組み立て易い構造となります。
ブルー(ライトパープル)を基調とした、
地球圏統一連合・東南アジア仕様の機体色を成型色で再現。
シールは付属せず、成型色で色分けを再現しております。





付属品
画像

HGAC リーオーよりも付属品が大幅に増加。
通常版に付属した、105mmライフル、ビームサーベル、シールド以外に、
飛行ユニット、脚部ブースター、バズーカ、ドーバーガン、ショルダーカノンが追加されております。





■リーオー(飛行ユニット仕様)
フロント
画像

特徴的な飛行ユニットを装備して。
パーツ構成はシンプルなので組み立て易く、フォルムやカラーリング、
色分け再現度も高い印象です。
リーオーはGUNPLA EVOLUTION PROJECTとして、
《簡単組立》をコンセプトにしているのでパチ組みで約1時間ちょいと超簡単!
量産機のこういう仕様は作り易く良いですね(^^)
贅沢を言えば、武装関係はオプションセットという形でも選択出来ると良かった所。





画像






リア
画像






俯瞰
画像






上半身
画像

背中に飛行ユニットを取り付けております。
ユニットの接続保持力は良好。
見た目の通り腕部が飛行ユニットに干渉し易いので、
ちょっと動きに制限が掛かります。





下半身
画像

大腿部側面には脚部ブースターを装備。





頭部正面アップ
画像

メインカメラはクリア素材。
頭部の接続はボール軸ですが顎部が埋まっている為動かないので、
可動させたい場合は切断するなど要改造。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

可動域はリーオー同様。
PCパーツは少なくKPS素材を使用した多軸関節は、簡素ながら広い可動域を確保。
関節保持力は腹部等、若干緩い所もありますが概ね良好。





肘、膝関節は約135度以上可動。
画像






飛行ユニット
画像

軸径は3mmとなり接続保持力は良好。
構造はモナカ割りなので合わせ目がちょっと目立ちます。
造りは簡素となるものの造形は良い出来ですね。
翼は折り畳み可動を再現。





背中にマウントされた飛行ユニット。
画像

翼の付け根に可動ポイントが存在。





脚部ブースター
画像

大腿部側面に接続されたブースターは簡素な造りですが精密な造形です。
接続は角軸のピンとなり、付け外しで向きを90度変更可能。





バズーカ
画像

今回、新規造形で追加されたバズーカ。
合わせ目は残りますが、造形、グリップ力共に良好。
両手で持つ事も可能。





ドーバーガン
画像

肩部にマウントされたドーバーガンも新規造形で再現。
こちらも簡素な作りなので合わせ目は残りますが、
左肩に懸架する事も可能。





可動ポイントが存在し懸架されたドーバーガンを構える事も可能です。
グリップ力は良好。
画像

ただ、接続アームは短めなので両手で構えるのはちょっと難しい感じ。
アームはもう少しフレキシブルに動かせたり、
PS素材はヘタリ易いのでフレーム関係はKPSにして欲しかった所ですね。





105mmライフル、ビームサーベル、シールド
画像

通常版のリーオーに付属した、105mmライフルやサーベル等も付属。
サーベルグリップはシールドの裏に収納可能。
グリップ力は良好。





■ショルダーカノン装備
画像 画像

新規で追加された肩部装甲を変更し、ショルダーカノンの形態を再現可能。





砲塔はそれぞれ可動。
画像

パーツ数が少ないので色分けやディテールはちょっと大味な感じ。





比較画像(画像は大き目)
画像

リーオー、リーオー(飛行ユニット仕様)、リーオー(宇宙仕様)を並べて。
リーオーNPDはシリーズが違うのでないですが、
劇中に登場したバリエーションモデルがこうして揃うのは嬉しい所ですね。
まぁ、この手の量産機は人気あるモデルではないかもですが(苦笑)





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






武器はリーオーに換装する事も可能。
画像






画像






リーオー(飛行ユニット仕様)がHGシリーズでキット化。
基本的にはリーオーシリーズのカラーバリエーションモデルですが、
豊富な武装を追加した事で魅力がアップしており、
成型色の発色も良く再現度も十分なキットとなっている印象です。

素体はリーオー同様、簡単組立をコンセプトにしているので組み立て易く、
腰部等やや関節保持力の弱い所はあるものの可動域は十分です。

新規造形による付属品が増えたので価格の手頃感は薄れ、
欲を言えば武器セットという形での販売も選択出来ると良かった所ですが、
プレイバリューを持たせ量産機というスタイルを上手く活用したキットだと思いました。





以上、
HG「リーオー(飛行ユニット仕様)」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介






HG 1/144 リーオー(飛行ユニット仕様) 【2次:2019年4月発送】

ヴェルビン(ナの国近衛騎士団長仕様)キター!(゚∀゚)
出渕裕氏、命名。なるほどそう来ましたか(笑)
■魂WEB商店
2019年2月15日16:00~受付開始
「ROBOT魂 <SIDE AB> ヴェルビン(ナの国近衛騎士団長仕様)」、「SDX スペリオルドラゴンダーク」、「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06W 一般作業型ザク ver. A.N.I.M.E.」、「HI-METAL R ソルティックH8RF ラウンドフェイサー コーチマSpl.」、「S.H.Figuarts ブラックキング」



この記事へのコメント

罪モデラー
2019年02月15日 22:06
私も宇宙用、飛行ユニットは3個づつ買いましたが、飛行ユニットは正直モスグリーンの成形色で欲しかったです。(T-T)
赤ヴェルビンの発売は嬉しいですね。(^-^)/青ヴェルビンをもう一体買って赤く塗装しようかと悩んでいたところだったので(*^^*)
2019年02月16日 22:58
>罪モデラーさん
コメントありがとうございます。
リーオーは塗装すればという考えもあるのですが折角のカラバリなので選択肢は欲しかった所ですね。
ヴェルビンはビルバインカラーも意外にしっくりくる感じ。
赤色は塗装で再現される様なので超期待です!


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック