HG ガンダム TR-6[ヘイズルII] 素組みレビュー

黒きTR-6[ヘイズルII]登場
■HGUC 1/144 RX‐124「ガンダム TR-6[ヘイズルII]」素組みレビュー。
画像

4/4記事更新(画像修正)





「機動戦士ガンダム0083」と「Zガンダム」の間を繋ぐミッシングリンク作品、
『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』より、
TRシリーズの集大成TR-6[ウーンドウォート]のバリエーション機、
「ガンダムTR-6[ヘイズルII]」がHGUCシリーズで登場!
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

メカニックデザイナー藤岡建機氏の特徴的なデザイン、
MS、MA両形態を再現した、HG「ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」をベースに、
今回、リア・アーマー(ブーストポッド)、ビーム・ライフル、腕部強化パーツを新規造形で再現。
特徴的なティターンズカラーの配色は成型色で再現されております。


パーツ数量も多く、意外にボリュームある内容でした。
取り敢えず、目元と頭部カメラのみシールを貼って完成させたのでご紹介します(^^)





■本体
フロント
画像

全高:約13cm
KPSとポリキャップを併用した最新のフォーマットで、素体の部分はウーンドウォートと共通。
今回、リアアーマー(ブーストポッド)が新規造形で再現されました。
設定上、指先等、差し色的に部分塗装等が必要な箇所が点在するのと、
関節の色はちょっとパープルが強い感じな気もしますが、
特徴的なティターンズカラーを成型色で十分再現している印象です(^^)
胸部、腰部のV字等、一部はシールで対応可能。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像






付属品
画像

付属品もボリュームある内容。
なお、上記以外に余剰パーツがありますが、
B2-59番のブーストポッドのパーツが除外されているので、
このカラー版のTR-6[ウーンドウォート]を組み立てる事は出来ません。





頭部正面アップ
画像

目とカメラ部分はシールを貼っています。
大型のバイザーの下に隠れてしまっていますがガンダムフェイスも存在。





画像






新規造形で股関節の下に接続するジョイントパーツが追加されています。
新規パーツはガッチリと固定される様になり保持力が向上。
画像

MS形態、MA形態共に保持力は良好で、嬉しい変更ポイントですね。
以前の補助パーツも余剰品として付属。





リアアーマー(ブーストポッド)
画像

新規造形でハイゼンスレイIIにも装着されるブーストポッドを再現。
MA形態時のメガ粒子砲の開閉機構も備えております。
拡張バリエーション[ギャプランII]を再現する場合に必要となるユニットです。
現在バンダイホビーオンラインショップにて受け付けている、
連動アイテム「HG ガンダムTR-1[ヘイズル改]&ガンダムTR-6用拡張パーツ」、
「HG ガンダムTR-1[アドヴァンスド・ヘイズル]&ガンダムTR-6用拡張パーツ」、
等に付属するパーツを用いれば、更に拡張バリエーションを再現可能となる様ですね。





リアアーマーにはポリキャップを用いた軸径3mm対応のハードポイントが存在。
コンポジット・シールド・ブースター等を接続する事が可能。
拡張バリエーションとして、TR-1のシールドブースター等も装備可能。
画像

ただ、コンポジット・シールド・ブースターを装備させると、
重さで下がって来て安定せず、ヘタリ易いので要調整(^^;





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

可変機構を備えているので多軸関節による可動箇所が多く可動域は優秀。
KPS素材を主体とした保持力も概ね良好。





肘関節は約90度、膝関節は約180度。
ドラムフレームも変形時に回転可動を再現。
画像

コンポジット・シールド・ブースターも基部で可動しますが、
前述した通り重量があるので保持力はイマイチ。
とは言え、割とフレキシブルに可動するのでポージングは楽しいです。





■ガンダムTR-6[ヘイズルII]武器装備
フロント
画像

全高:約28cm(台座含む:約31cm)
※シールドブースターの角度により数値は若干前後。
U.C.の時代背景からするとかなり突出し特徴的なシルエットですね。
新規造形による、ビーム・ライフル、シールドを装備し、
背面にはコンポジット・シールド・ブースターを2基懸架して再現。
自立はするけど安定しないのでディスプレイは台座を利用するのが無難でしょうか。
HGキットながら高さのあるモデル(笑)
迫力があってカッコイイですね!(*^^*)





リア
画像






ビーム・ライフル
画像

ビーム・ライフルは新規造形で再現。
ガンダムMk-Vのライフルっぽいデザインなのが特徴的。
分割線は段落ちモールドとなり先端のバレルに残る感じ。
腕部の可動にクセがあるので持たせ難いものの保持力は十分。





腕部強化パーツ(シールド)
画像

シールドは新規造形で再現されており、可動は1軸のみですが保持力は良好。
ジョイントパーツはリストバンドの様にマウントし、左右共に装備可能。
キハールIIとかに繋がるのでしょうか?





コンポジット・シールド・ブースター
画像

コンポジット・シールド・ブースターを従来の様に装備可能。
重い武装なので安定はしないですが保持力は十分。





クローモード
画像

差し替えパーツを使用し、クローモードを再現可能。
台座は1個のみ付属なので本体はアクションベース(別売り)等を使うと良いかも。





■MA形態
フロント
画像

全長:約28cm
後方に長く伸びたブレードにより独特のシルエットとなるMA(モビルアーマー)形態をパーツの差し替えで再現可能です。
ただ、2基のコンポジット・シールド・ブースターが重い為、
リアアーマーと接続する基部に負荷が掛かり、直ぐ下がって来てしまう感じ。
軸の渋さや保持力は調整したい所ですね(^^;
それと、今の所は問題ないですが摩耗や経年によるパーツのポロリは懸念事項。





リア
画像






画像






画像






新規ジョイントパーツが付属。
画像

ジョイントパーツを使って、ビーム・ライフルを懸架可能。
ヘイズルIIのアームはビーム・ライフルを装備した状態で折り畳むことも可能。





比較画像(画像サイズは大き目)
画像

TR-6[ウーンドウォート]、TR-6[ヘイズルII]を並べてみて。
AOZシリーズは各ユニットを組み合わせて発展する機体でもあり、
再現の為に色々揃えるというのはちょっとハードルが高め…(;^^)
でもコアとなるウーンドウォートに続く機体や装備とか、展開がめっさ気になる所ですね。
最近フルドドが再キット化されたけど、フルドドIIとかも出ないかなぁ。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






TR-6[ヘイズルII]がウーンドウォートに続きHGで立体化。
新規造形で追加されたパーツや成型色によるカラーリング再現も良く、
独特のシルエットがカッコイイ出来となっている印象です。

基本的にはバリエーション機となるので、構造はウーンドウォートと共通。
プレバン限定商品とは思えないクオリティの高いキットがベースとなっています。
設定上情報量の多いデザインとなるので再現の為には部分的な塗装等が必要なのと、
関節の色がちょっとパープル過ぎる気もしますがカラーリング再現は概ね優秀。
MS、MAへの可変機構も備えている為、可動域やプレイバリューも高くなっています。
新規造形で再現されたブーストポッド、シールド等のフォルムも良く、本キットの特徴でしょう。
更に追加された台座との補助パーツが向上しているのは嬉しいポイントでした。
気になったのはコンポジット・シールド・ブースターの保持力といった所。

経年や摩耗によるポロリ等は懸念されるものの、
初心者向けというよりかはマイナー路線で上級者向けのシリーズなので、まずは商品化された事を喜びたいですね。
AOZシリーズは拡張性も高く、今後の展開も気になる所です。





以上、
HG「ガンダム TR-6[ヘイズルII]」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介





■バンダイホビーオンラインショップ
HG 1/144 ガンダムTR-6[ヘイズルII]【3次:2019年6月発送】




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

罪モデラー
2019年03月25日 00:25
年末からPCの調子が悪くなり年明けにPCを買い替えたら、プレバンにイン出来ない状態にΣ(゜д゜;)
いろいろやってるうちにプレバンに入れましたが、何故か必要のないMG百式懐と間違えてHGヘイズルⅡ×3が注文されてました。(どちらも購入済み)Σ( ̄◇ ̄*)エェッ
無駄な罪がまた増えてしまった…(ノ-_-)ノ~┻━┻
ユウ
2019年03月25日 08:00
お疲れ様です。
MS形態時はまだいいんですけどMA形態時に機首部分がカクンッと重さに負けるのは、固定パーツか上半身側に着けるスタンドアダプターみたいなのを付けて欲しかった気もしますね~。
MA形態用にもう一個買って接着固定したほうが良かったかも(^^;
2019年03月25日 23:17
>罪モデラーさん
コメントありがとうございます。
あら~そんな事もあるんですね。
アクセスが集中するとプレバンに繋がらないなんて事はよく起こりますが(笑)
まぁ、ヘイズルなら数があっても改造用として使えるのではないかしら?


>ユウさん
コメントありがとうございます。
>MS形態時はまだいいんですけどMA形態時に機首部分がカクンッと重さに負けるのは、
ブーストポッドと本体を繋げる所の事でしょうか。
安定性に関してはやはり懸念事項となる感じですね。
ヘイズルII…、まだ受付中のようですぞ(笑)


>気持ち玉ありがとうございます。
通りすがり
2019年03月31日 01:04
アンテナが左右逆じゃないですかね
2019年04月01日 00:11
>通りすがりさん
コメント&ご指摘ありがとうございます。
うわぁ本当ですね、お恥ずかしい限りです。
後で撮り直しですね。

この記事へのトラックバック