HGUC ナラティブガンダム C装備 レビュー

「君が鳥になるなら…俺も、鳥になる!!」
■HGUC 1/144 RX-9/C「ナラティブガンダム C装備」素組みレビュー
画像






『機動戦士ガンダムNT-ナラティブ-』より、
主役機「ナラティブガンダムC装備」がHGキットで登場!
サイコフレームを外装として装備した特徴的な姿を新規造形で再現。

ナラティブガンダムに用意された3つ目のオプション装備「C装備」。
サイコフレームを外装化して装備するプラン自体は元々存在しなかったとも言われ、
形状や出自の経緯を含めて歪な機体となっています。
主人公「ヨナ・バシュタ」が搭乗し、
ヘリウム3備蓄基地でのフェネクス、ネオ・ジオングとの戦闘に参戦。
サイコ・パッケージを装備した最終決戦仕様の「ナラティブガンダムC装備」。

取り敢えず、目元のみシールを貼って完成させたので、紹介します(^^)





■ナラティブガンダム本体
フロント
画像

全高:約15cm
νガンダムの前にサイコフレームの試験機として開発されたナラティブガンダム。
デザインは素体の骨格や面相においてどこかνガンダムに似ていますが、
サイコフレームを外装として装備した姿は、
ユニコーンガンダムのデストロイモードを彷彿とさせる外見となるのが特徴的ですね。
プロポーションバランスは良く、成型色による色分けの再現性も高いキットとなっている印象です。
サイコフレームはクリアパーツで再現。(ブラックライトには反応しません)
組み立ては、丁寧に作ったのでパチ組みで約2時間ちょっと。
素体はA装備に付属したフレーム等の一部を流用し、約4割程が新規造形で再現されております。
A装備に付属したパーツは除外されているので、
この商品でナラティブガンダムの素体を作る事は出来ません。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像

バックパックの裏にある肉抜き穴がちょっと目立つ感じですね。





付属品
画像






余剰パーツ
画像

ランドセルの一部や前腕が余剰パーツとしてあります。
「A装備の素体」や「B装備」の再現は出来ないものの、
余剰パーツに差し替えれば「B装備」(別売り)を武装として取り付けるだけなら可能かも?





上半身
画像

劇中では「痩せっぽち」と呼称されたナラティブガンダムの素体に、
サイコフレームを外装として纏っており、デザイン的にも独特な姿です。
パーツのポロリといった事は特にありませんでした。
合わせ目は、頭部、フレーム(肩部関節、股関節)、膝関節。





下半身
画像

足裏には肉抜き穴もなく、バーニア等、精密なディテールが施され接地性も安定。





頭部正面アップ
画像

デュアルアイセンサーはシールを貼っています。
シールの色は、「緑色」と「赤色」のどちらかを選択可能。
NT-D発動状態の「赤色」にする事も出来ます。
劇中ではフェネクスの活躍の影に隠れてしまったナラティブガンダムですがカッコイイですね。





頭部は小型サイズで精密なパーツ構成。
画像

可動範囲も広め。





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
画像

関節はKPSとポリキャップを併用した最新のフォーマットとなり、
シンプルな構造ですが可動域や保持力共に優秀。
接地性、腹部の回転、胸部の可動域も広く、
ちょっと胸部の保持力において緩めな感じですが、前屈、上体反らしも優秀。





肘、膝関節は共に約135度以上可動。
画像

脹脛のスラスターは可動、バックパックのバーニアはちょっとだけ。
足首の可動域は優秀。





肩関節の引き出し、
股関節のスイング機構により可動範囲は広め。
画像






■武器装備
フロント
画像

武装はビーム・ライフルにシールドというベーシックなスタイルです(^^)
サイコフレームが露出した姿はRX-0用の物を無理やり付けた感がしますが、
試験機を元に急造した姿としてはマッチしている印象です。
装備品は少ないものの、A装備やB装備を組み合わせればプレイバリューも広がりそう。
ナラティブガンダム素体のみでの販売もあれば良いのですがね~。
それと、コアファイターも付属して欲しかった所でしょうか。





リア
画像






ビーム・ライフル
画像

今回、新規造形で再現されたビーム・ライフルはモナカ割りの簡素な構造なので合わせ目が残りますが、
ディテールやフォルムは精密に再現。
ライフル専用の手首はピンによる固定でグリップ力も良好。
ジョイントパーツで腰部にマウント可能です。





ビーム・サーベル
画像

サーベルエフェクトはクリア素材で再現。
気泡がちょっと目立つ感じなのと、グリップ力はちょっと緩め。
サーベルグリップはバックパックに収納可能です。
マウントされたサーベルのピンは非常に細いので破損に注意。





シールド
画像

シールドはジョイントの基部に回転軸があるのみですが、
前腕に回転軸があるので自由度は意外に高め。
保持力も良好。
裏側は一体成型で簡素なものとなり、ミサイルに肉抜き穴があるのはちょっと気になる所。





シールドはバックパックにマウント可能です。
画像

それと、余剰パーツの前腕を差し替えてみました。
付け外しは簡単。ランドセルは面倒なので割愛。





比較画像(画像サイズは大き目)
画像

「HGUC ユニコーンガンダム(デストロイモード)」、「HGUC νガンダム」と並べてみて。
頭部はνガンダム風ですが、ユニコーンに近いサイズ感ですね。
劇中ではサイコフレームが青く発光するシーンもあったので、
カラバリとして覚醒仕様のブルーフレーム版とかも発売されるのでしょうか?





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






機動戦士ガンダムNTの主役機ナラティブガンダムC装備がHGキット化。
A装備に同梱されたナラティブガンダムのパーツを一部流用しつつ、
新規造形で再現されたサイコフレームを外装として装備した姿が特徴的です。
最新のフォーマットを採用しており、スタイル、可動、色分け共に作り易く、
デザインは独特ですがベーシックなモデルとして良く出来たキットになっております。

洗練されたパーツ構成により、合わせ目は少々残りますが、
精密なパーツが多く、素組み状態での色分けやフォルムの再現性は高めです。
関節はKPS素材と、ポリキャップの併用によるフォーマットとなり、
肩部や股関節のスイング機構を取り入れているので可動域は非常に広く、保持力も良好な感じでした。
ダイナミックなアクションポーズも決まりますね。
気になった点としては、バックパックやシールドの肉抜き穴と、
欲を言えばコアファイターも付けて欲しかった所ですね。
ビームサーベルラックのピンは細いので破損させない様注意。

付属品はシンプルなので単体でのプレイバリューは低いものの、
標準的な装備は揃っており、完成度は高いキットだと思いました。





以上、
HGUC「ナラティブガンダム C装備」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介





魂WEBのクーポン当たった~!(´ワ`)
って10円かよ!w
■魂WEB商店
2019年3月10日11:00~受付開始
「DX超合金 VF-31S ジークフリード(アラド・メルダース機)用アーマードパーツセット」、「ROBOT魂 <SIDE AB> ボチューン(量産型)」、「フィギュアーツZERO クウラ-最終形態-」、「S.H.MonsterArts ガメラ(1995)」、「S.H.Figuarts ザマス-合体-」、「S.H.Figuarts ウルトラマンジード マグニフィセント」、「S.H.Figuarts アイアンマン マーク20 パイソン」、「S.H.Figuarts ヨーダ(STAR WARS:Revenge of the Sith)」、「S.H.Figuarts 仮面ライダージオウ ディケイドアーマー」




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2019年03月09日 14:29
お疲れ様です。
サイコフレームの部分を敢えて白かライトグレーで塗って、サイコフレームじゃなく追加装甲みたいにしても面白そうですね。

自分も10円でした(笑)
1000円、3000円当たった人もいるみたいですけど、プレバン誕生日プレゼント(Pポイントか壁紙)といい抽選販売といい、まともに当たったためしないですね(^^;
2019年03月09日 22:48
>ユウさん
コメントありがとうございます。
サイコフレームは主張が強いので多層構造を活かすのもガンプラらしくアリですね。
塗装によって印象も変わりそうです。

1000円や3000円当たった方もいらっしゃるんですか~。
経験上期待してませんでしたが、当選したのに無表情でしたw
まぁ丁度来たボチューンあたりにでも使おうかしら(´`;


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック