RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(最終決戦仕様) 素組みレビュー

「俺もお前も!まだこの世界でやる事がたくさんあるはずだろう!?
必ず 連れ戻してやる……

バンシィッッッ!!」

■RG 1/144 RX-0[N]「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(最終決戦仕様)」素組みレビュー。
画像







『機動戦士ガンダムUC』より、リディ・マーセナス少尉が駆る、
「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(最終決戦仕様)」がRGシリーズで登場!
バンダイホビーオンラインショップにて販売。


1/144サイズで変身(変形)ギミックを搭載したRGユニコーンガンダムのバリエーションキット。
一般店頭販売された「RG バンシィ・ノルン」から、今回サイコフレームの成型色をグリーンに変更。
リアリスティックデカールも最終決戦仕様にカラー変更されております。

覚醒仕様としてプレミアムバンダイにて販売されたバンシィ・ノルン。
取り敢えず、ツインアイのみシールを貼って完成です(^^)
基本的にはカラバリキットとなり、
以前記事にしているので可動や細部の紹介は省略させて頂きます。


関連
→ RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 素組みレビュー





■ユニコーンモード

フロント
画像

大きさ:約14.0cm(頭頂高)
成型色はダークブルーを基調とし、ゴールド部分はメタリック成型となり、色分けはほぼ完璧に再現。
今回の覚醒仕様のバンシィは内部のサイコフレームがグリーンとなります。
装甲関係はアンダーゲートを採用しておりパーツも細かいので、
組み立てやゲート処理で約7時間位掛かりました(^^;
アドヴァンスドMSジョイントは肩関節が固めなので、
フレームの段階で動かして予め馴染ませておくと良いと思います。
ただ、自分が組み立て慣れたのか、
或いは個体差か、以前の物よりかはちょっと動かし易くなった感じ?





画像






リア、俯瞰
画像






付属品
画像






■ユニコーンモード武器装備

フロント
画像

ビーム・マグナム/リボルビング・ランチャー、アームド・アーマーDEを装備。





リア
画像






頭部アップ
画像

メインカメラとデュアルアイサンサーの色はクリアーグリーンの成型色となります。
ノーマルのバンシィ・ノルンの色はクリアーレッドでしたが、クリアーグリーンに変更されました。





ビーム・マグナム/リボルビング・ランチャー
画像

ビーム・マグナムはカートリッジ、リボルビング・ランチャーの付け外しが可能。
グリップ力は良好。
ビーム・ジュッテは差し替えにより再現。





アームド・アーマーDE「Defence-Extension」
画像

大型のシールドは本体の関節もしっかりしており、保持力も良好。
また、展開式スラスターを再現可能。





アームド・アーマーXC「Xneo-Connect」
画像

NT-D発動時にパイロットをサポートする兵装は、
デストロイモードへの変身ギミック、収納展開を再現。
ジョイントパーツを使用し、アームド・アーマーDEを背部に装備可能。





■アームド・アーマーDEを背部に装備

フロント、リア
画像 画像






■デストロイモード

フロント
画像

大きさ:約15.0cm(頭頂高)、18.0cm(全高)
ユニコーンモードからデストロイモードに変身。
MG、PGよりも簡略化された変身機構(変形)を採用しており、
頭部やアンクルガード(左右)等は一度外して組み替える必要はありますが変身を再現。
各部にはロック機構も備えており、かなり安定している感じですね。
今回のバンシィ・ノルン(最終決戦仕様)は、
サイコフレームの成型色が覚醒仕様としてグリーンに変更されております。





画像






リア、俯瞰
画像






上半身
画像

基調となるダークブルーの成型色は色調の異なる3色で構成。
背部のアームド・アーマーXCのサイコフレームの裏には、
付属するシルバーシールを貼り発色を良くする事が可能です。
(画像では貼っていません)





下半身
画像






頭部正面アップ
画像

デュアルアイセンサーはリアリスティックデカールを貼っています。
こちらの色もノーマルバンシィのレッドではなくグリーンに変更。





画像






■デストロイモード武器装備
フロント
画像

劇中では覚醒状態時には武器を手放していましたが、
マグナムにシールドという標準的なスタイルでカッコイイですね(^^)





リア
画像






ビーム・サーベル/ビーム・トンファー
画像

グリップ力は良好。
サーベルグリップはアームド・アーマーXCに収納可能。
HGは収納されたサーベルがポロリし易かったですがRGは安定しています。





サイコフレームはUV反応素材となり、
ブラックライトやUVライトをあてると発光します。

before、after(画像サイズは大き目)
画像

サイコフレームを照らすと青緑色に輝き発光現象を再現。
幻想的な雰囲気がありますね(^^)





比較画像(画像サイズは大き目)
画像

「RG バンシィ・ノルン」、「RG バンシィ・ノルン(最終決戦仕様)」。
マリーダ版のバンシィはバンダイホビーオンラインショップにて販売されている、
「RG 1/144 拡張ユニット アームド・アーマーVN/BS」を追加して再現可能です。





比較画像(画像サイズは大き目)
画像

「HGUC バンシィ・ノルン(デストロイモード) グリーンフレーム チタニウムフィニッシュVer.」、
「RG バンシィ・ノルン(最終決戦仕様)」を並べてみて。





以下、適当に。





画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像






画像







プレミアムバンダイにて発売されたバンシィ・ノルン(最終決戦仕様)。
サイコフレーム、メインカメラの成型色と、リアリスティックデカールを変更したカラーバリエーションですが、
覚醒仕様のバンシィ・ノルンとして良く出来たキットとなっている印象です。

サイコフレームの成型色はRGフルアーマー・ユニコーンガンダムに付属した物と同色となり発色も良好。
サイコフレーム等を塗装する場合は本キットの価値は低いかもしれませんが、
ユニコーンシリーズはRGの中でも出来は良いので、
手軽にバンシィの覚醒仕様を再現出来るのが最大の特徴であり長所でしょう。

組み立て時の注意点としてはアドヴァンスドMSジョイントの肩関節や脚部ジョイントの可動が固めな所。
また、アンダーゲートでありパーツ数が多いので、時間にゆとりを持って取り組みたい所ですね。

個人的にはバンシィ用の水転写式デカールの発売もして欲しいのですが、
バンシィはHG、MGも出なかったので見込みはなさそうですね。





以上、RG「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」素組みレビューでした。


バンシィ・ノルン(最終決戦仕様)製作過程
→ ランナー紹介 製作(2)





RG 1/144 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (最終決戦仕様)【3次:2019年6月発送】
RG 1/144 拡張ユニット アームド・アーマーVN/BS【2次:2019年6月発送】
MG 1/100 リ・ガズィ・カスタム 【2次:2019年7月発送】


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック