RG ユニコーンガンダム Ver.TWC [LIGHTING MODEL] 完成

「ユニコォォォーーーーーーンッ!!」
■RG 1/144「ガンダムベース限定 RX-0 ユニコーンガンダム(デストロイモード) Ver.TWC [LIGHTING MODEL]」全塗装で完成致しました。
画像






ガンダムベース東京で購入した限定キット、
「RGユニコーンガンダム Ver.TWC[LIGHTING MODEL]」、ようやく完成です。
今回は省エネ製作といった感じですが、一応全塗装で仕上げました(^^)
(サイコフレームは発光するのでトップコートのみ)

購入時にゲート跡の処理やペーパー掛けによる表面処理は行わず、
ランナーに付いたままの状態でサッと外装関係のみ塗装を施し、
RGユニコーンのアンダーゲートという特性を活かして作っています。

そこから、折角なので関節関係の塗装やリアリスティックデカールも貼って仕上げました。
RGユニコーン用の水転写式デカールも販売されていますが、
Ver.TWCはマーキングや装甲の配色がお台場仕様という形で異なるので、
今回は商品の仕様通りに作っております。





■全身画像(サイコフレーム消灯モード)
フロント
画像

ガンダムUCの外伝的作品ガンダムNTでは、シンギュラリティ・ワンと語られているユニコーンガンダム。
キットはLEDユニットを内蔵しており、
サイズの割にちょっと価格は高めで固定ディスプレイモデルとなる発光ユニコーン。
アクションポーズといった可動が無いのでクリアランスの調整をしないでいい分、
気軽かつ短期間で完成させる事が出来ました。
今回は前述した通り、下地作りは行わずそのまま塗装しています。
なのでゲート跡、パーティングラインといった箇所は未処理。
接写して良く見るとエッジがダルく、ちょっと雑な作りとなっていますが、
まぁそこは割り切って完成させました~(^^;
気軽かつ短期間とはいいつつも・・・製作期間は約一カ月、
リアリスティックデカールの貼り付けに結構な日数が掛かりましたね(笑)





画像






リア、俯瞰
画像






■赤色発光モード
フロント
画像

スイッチのON、OFFでサイコフレームの発光モードを再現。
※単4乾電池が3個必要です(別売)
画像の発光した色味は、カメラやディスプレイ環境で見え方が変わると思うので参考程度でお願いします。
ランドセルや腰部の発光は弱めなのが残念ですが、
赤く輝く姿がカッコイイですね(^^)





画像






リア、俯瞰
画像






■緑色発光モード
フロント
画像

次にスイッチの切り替えで緑色発光モードを再現。
画像の発光した色味は、カメラやディスプレイ環境で見え方が変わると思うので参考程度でお願いします。





画像






リア、俯瞰
画像






上半身(サイコフレーム消灯モード)
画像

白色の外装はVer.TWC仕様として色味の異なる3色で塗装し、
更にパールコーティングを施しています。
関節関係の色は金属色で塗装しました。
基本はガンメタルで塗装し、腹部や頸部は焼鉄色で塗装、アクセントにスーパーアイアン。
リアリスティックデカールは厚みや余白が目立つので、
極力余白部分をデザインナイフでカットしています。
総製作時間の半分以上はデカール貼りの作業に掛けていたかも(体感)。





発光モード
画像

画像






下半身(サイコフレーム消灯モード)
画像






発光モード
画像

画像






頭部正面アップ
画像

素組みの状態だと首元からLEDの光が洩れるので首の回りのみ黒く塗り潰しました。
ツインアイは赤色発光だと大して光らないので、
割り切ってメタリックグリーンで塗装してスミイレ。





発光モード
画像

画像






腕部
画像

極力余白をカットしたリアリスティックデカールは近くで見るとやっぱり目立っちゃいますが、
そのまま貼るよりかは大分いい感じになったかしら(^^;





ランドセル
画像

ランドセルや足先の青色はパールブルーでコーティング。





脚部
画像






以下、適当に。





下から煽り気味に撮った構図で。
画像






NT-D発動!やや照明を落として撮影。
画像

幻想的な雰囲気で見映えも最高です(^^)
PG程の迫力はないですがデスクやPCの脇に飾るには丁度良いサイズ感。





覚醒モード
画像

穏やかな緑色で発光するユニコーンガンダム覚醒仕様。
上手く撮影出来ず肉眼と画像とでは色味が多少異なるので、あくまでも参考程度でお願いします。





覚醒モードで、やや照明を落として撮影。
画像

サフ掛け等下地作りはしていませんが(塗装はしてますが)、
LIGHTING MODELの外装の素材は透け難いプラスチックとなるのも特徴。





そして、照明を消してサイコフレームの輝きだけで撮影してみて。
画像






序にお試しとして「RGフルアーマー・ユニコーンガンダム」の武装を取り付けてみました。
(画像サイズは大き目)
画像

固定ディスプレイモデルですが基本的にはRGユニコーンと共通なので、そのまま無改造で取り付け可能です。
もっともシールドのサイコフレームの成型色はLED発光しないので、
あくまでも雰囲気だけですね(^^)





「それでもっ!!」
画像






画像






「ガンダムッ!!
俺に力を貸せっ!!」

画像






画像






「人の未来は……人が作るものだろう!
人は弱くて、不完全で、だから託すんだ!」

画像






RG1/144サイズで実現したお台場の1/1ユニコーンガンダム立像風の発光モデル。
迫力はPGには及ばないものの、手頃なサイズ感で発光現象の雰囲気が再現出来る良キットでした。
平成中に完成させようと最後慌てたので、
撮影共にちょっと雑な仕上がりになっちゃいましたがなんとか完成(´ω`;
当初はガンダムベース限定で販売されていましたが、
ガンダムベースオンラインショップでもベストセレクションという形で取り扱いを始めたり大分購入し易くなった感じですね。
また、最近ガンダムベース限定でRGバンシィ・ノルン[LIGHTING MODEL]も発売された模様。
流石にユニコーン系を連続して作るのは正直厳しいので保留(^^;
取り敢えず発表されたばかりですがRG νガンダムとか楽しみですね~。



以上、
RG「ユニコーンガンダム Ver.TWC[LIGHTING MODEL]」でした。


塗装レシピ
白色1:クールホワイト → ホワイトパール
白色2:クールホワイト+ニュートラルグレー(極微量) → XC08ムーンストーンパール
白色3:クールホワイト+ニュートラルグレー(微量) → XC08ムーンストーンパール
青色:サファイアブルー
金色:GXレッドゴールド
緑色:シルバー → クリアーグリーン
銀色1:ガンメタル(ガイアカラー)
銀色2:焼鉄色
銀色3:スーパーアイアン
トップコート:スーパークリアー光沢3+スーパークリアーつや消し


製作過程
→ ランナーレビュー 製作(2) レビュー
製作(4) 製作(5) 製作(6)





■ガンダムベースオンラインショップ
iconiconiconicon
RG 1/144 ガンダムベース限定 RX-0 ユニコーンガンダム(デストロイモード)Ver.TWC(LIGHTING MODEL)【2019年5月発送】icon
HG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)【2019年7月発送】icon


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2019年05月01日 05:03
平成中に完成、お疲れ様です。
PGよりもサイズが小さい分、満遍なく強めにクッキリと発光するのが良いですね。
RGのνはHWSの情報が早く欲しいところ。
出るならリアスカートの増加装甲はちゃんと付けて欲しいですね。
2019年05月01日 22:30
>ユウさん
コメントありがとうございます。
ちょっと細部は雑な感じになっちゃいましたがなんとか完成しました。
PGよりも短期間で製作出来るのも良かったです。
νガンダムの詳細とかは次の静岡ホビーショー辺りでの発表待ちですね。
ダブル・フィン・ファンネル拡張セットは決定しておりHWSも楽しみな所です。


>気持ち玉ありがとうございます。

この記事へのトラックバック