HG Gパーツ[フルドド] 素組みレビュー

■HGUC 1/144 FF-X29A「Gパーツ[フルドド](G-PARTS[HRUDUDU])」素組みレビュー。
画像






『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』より、Gパーツ[フルドド]がHGシリーズで登場!
HGUC ガンダムTR-1「ヘイズル改」などの対応アイテムと組み合わせて[ヘイズル・ラー]を再現可能。
バンダイホビーオンラインショップにて販売されました。

TR-1[ヘイズル]用のパワーアップメカとして開発されたGパーツ[フルドド]。
ユニット化されたパーツは[ヘイズル]の各部ウェポンラッチに接続可能となり能力を向上させる兵装である。


電撃ホビーマガジンの雑誌付録としてキット化されていた[フルドド]が、
完全新規造形でキット化されました。
成型色による色分け再現も良く各種ギミック類も再現。
取り敢えずパチ組みですが完成致しました(^^)





付属品
画像

本体、台座、ジョイントパーツ、に加え余剰パーツも付属。
説明書では余剰パーツと表記されていますが、
[ヘイズル・ラー]第二形態再現用のジョイントとなります。





■[フルドド]
全体画像
フロント
画像

全長:約22cm
各兵装ユニットを繋ぎ合わせて構成されるGパーツ[フルドド]。
完全新規造形を謳っているだけに、パーツ構成は細かく成型色による色分け再現が素晴らしい印象です。
グレーの関節パーツはKPS素材を採用しており、各ユニットの接続保持力も概ね良好。





画像






画像






リア
画像






機体底部のブレード・ライフルはジョイントパーツで接続。
画像

フルドドはジョイントパーツを間に使用してディスプレイ可能。
ジョイントパーツは上下の向きを変更可能。
また、角型の接続穴はHGUCギャプランのブースターは接続出来ない感じ。
ブースター装備のクルーザーモードを再現する為にはちょっと加工が必要そう。





可動箇所
赤角印はロール軸。
画像

ウイングユニットの接続軸は4mm径で8角形。
抜き差しが面倒ですが、角度の変更、ウイングのアクションが可能。
3mm径だと色々カスタマイズで遊べたのでちょっと残念ですが、その分保持力は良好です。





クロー・ユニット
画像

アームの伸縮機構、開閉機構を再現。
保持力は良好となり、ディテールも精密です。





各ユニットを分解。
画像






■Gパーツ[フルドド](2機合体状態)
フロント
画像

フルドド2機合体状態を再現。
もう一個フルドドを購入し、ジョイントパーツを使用すると2機の合体が可能です。
一度ユニット毎に分解して、組み替える事で再現。
関節にKPSを用いており、今の所パーツの保持力は意外と安定。
デザインはMAハンブラビを彷彿とさせるシルエットになりますね(^^)





画像 画像






リア
画像






クロー・ユニットはビーム・サーベルエフェクトを取り付け可能。
画像

「HG ガンダムTR-1[ヘイズル改]&ガンダムTR-6用拡張パーツ」(別売り)、
「HG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]&ガンダムTR-6用拡張パーツ」(別売り)に付属するサーベルエフェクトを取り付け可能。
サイズが合えばTR-1以外の物も使用可能です。





画像






「HG Gパーツ[フルドド]」は、HG ガンダムTR-1シリーズと対応可能。

今回「HG ガンダムTR-1[ヘイズル改]&ガンダムTR-6用拡張パーツ」も購入したのですが、
残念ながら不良品だったので組み立てられず…(´・ω・`)
取り敢えず、先日作っていた一般店頭販売されている「HGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]」を使用します。
カラーリングや対応アイテムが本来の設定とは異なりますが、
ヘイズル系統で類似するので代用。





■ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]
フロント
画像

各ユニットを分解しヘイズルに装着可能。
後部ユニットはジョイントパーツで接続。
胸部装甲ユニットは赤色のコックピットブロックを差し替えるだけで装着可能。
流石に背中が重くなるので台座を利用しないと立たせる事が出来ません。
アクションベース5(別売り)等にも対応可能。
胸部の装甲パーツが触ると若干ポロリし易いのと、
ロング・ブレード・ライフルを持つ手首の保持力が足りない以外は概ね良好です。





画像 画像






リア
画像






俯瞰
画像





ロング・ブレード・ライフル
画像

ヘイズルのビーム・ライフルに接続して再現。
接続保持力は不安定なものの十分な感じ。
ただ、保持する手首のボール軸がゆるゆるなのでライフルを構え難いです。
ボール軸は要適宜調整。
ライフル後部にはガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]再現(?)の為の接続基部。
「HG 緊急脱出ポッド[プリムローズ]」(別売り)に対応すると思われます。





ブレード・ライフルはクロー・ユニットと接続可能。
保持力は良好。
画像






画像






俯瞰気味にポーズ(画像サイズは大き目)
画像






■ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](フルアーマー形態)
画像

ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]付属のユニットを装着し、フルアーマー形態風を再現。
頭部のセンサー・ユニット、脚部のスラスター・ユニット、腰部サブ・アーム・ユニットを装着。




画像






■ヘイズル・ラー(第二形態)
フロント
画像

「HG Gパーツ[フルドド]」×2個買いで、ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](第二形態)を再現。
余剰パーツ扱いだったフルドド付属のジョイントパーツを使い、腰部ユニットとシールド・ブースターを接続。
シールド・ブースターが異なっておりますが、すみません(^^;
本来この形態を成型色で再現する為には、
「HG Gパーツ[フルドド](実戦配備カラー)」×2
「HG ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]」×1
「HG ガンダムTR-1[ヘイズル改]」×2(塗装で再現するなら1個)
これらが必要と結構ハードルが高くなっています。
若干ちぐはぐですが設定カラーに拘らなければ、これはこれで案外違和感なく格好良い出来ですね。





画像 画像






リア
画像






イラスト風にポーズ(画像サイズは大き目)
画像

重武装によるゴテゴテ感が迫力満点で格好良い出来です(^^)
ただ、パーツの盛り盛り状態はかなり無理があり、アクションベース等で支えないと安定しません。
ポージングも結構厳しい感じで、キットを持つ場所に困ってパーツのポロリが酷いです。
個体差もありそうですが・・・、手首はゆるゆる、シールドの重さで左肘関節が垂れ下がりがち、
クローユニット側面に装着する腰部のマガジンはほぼ保持力ゼロ、
シールド・ブースターの脱落、胸部装甲パーツ、ヘイズル本体側ではビーム・サーベルと背面のバーニアが吹っ飛ぶ。
ポージングをつけようとすると、どっかしらポロリしていきます。
適宜調整が必要と、かなりストレスでした(´Д`;





そして、なんとか浮かしてみてポーズ。
画像






クロー・ユニットにブレード・ライフルを2本装備。
ディスプレイはやや不安定な感じですが、長物を装備した姿がカッコイイですね。
画像







Gパーツ[フルドド]がTR-1シリーズの強化対応アイテムとして、
完全新規造形によるHGシリーズでのキット化。
パーツ構成が優れておりギミック類や色分けを細かく再現しています。
強化アイテムながら良キットとなっている印象です。

グレーのパーツはKPSを使用しているので、思っていたより接続保持力も良好でした。
クロー・ユニットのギミックも面白い作りです。
ガンダムTR-1と対応し[ヘイズル・ラー]を再現する各ユニットの接続も概ね良好。
重装備感が格好良い出来となっていますね。
ただ、台座を使用しないと立たせる事が出来ず不安定です。
またゴテゴテした[ヘイズル・ラー](第2形態)を再現しようすると、
結構無理があるのか色々な箇所のポロリし易さが目立ちました。
流石に見た目通り不安定な所もあるので、適宜調整をした方が良さそうですね。
ガンダムTR-1自体が2005年発売のキットなので、まぁ仕方ない所ではありますが…
一部KPS素材に変更したガンダムTR-1がどうかは現在未確認です。
多少は改善するのでしょうか。

とはいえ、本キット[フルドド]自体は最新キットという事もありこちらは優秀。
雑誌付録がこの様な形でも再キット化されたのは嬉しいですね。





以上、
HG「Gパーツ[フルドド](G-PARTS[HRUDUDU])」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介





iconiconiconiconiconiconiconicon

■バンダイホビーオンラインショップ
2019年5月23日13:00~受付開始
「HG 1/144 ド・ダイ改」、「HG 1/144 メガ・バズーカ・ランチャー(コンロイ機用)」、「HGUC 1/144 ジムII(エゥーゴカラーVer.)【再販】」、「HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 【再販】」、「RE/100 1/100 ガンキャノン・ディテクター(Z-MSV Ver.)【再販】」

■ガンダムベースオンラインショップ
2019年5月23日13:00~受付開始
「HG 1/144 ガンダムベース限定 百式[ゴールドコーティング]【2019年8月発送】」

■魂WEB商店
2019年5月24日16:00~受付開始
「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> アカツキガンダム(オオワシ装備)」、「ROBOT魂(Ka signature) <SIDE MS> スーパーガンダム」、「S.H.Figuarts(真骨彫製法) 黄金騎士ガロ(冴島雷牙)」、「【抽選販売】超合金魂 GX-70SP マジンガーZ D.C. アニメカラーバージョン」
iconiconiconiconiconiconiconiconiconicon


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック