HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー 素組みレビュー

「キャプテン、発進する。
針路このまま、ビーム・マグナムの用意を」

■HGUC 1/144 ARX-014S「シルヴァ・バレト・サプレッサー」
素組みレビュー。
2019070701.jpg






『機動戦士ガンダムNT』より、バナージ・リンクスの搭乗機、「シルヴァ・バレト・サプレッサー」がHGUCシリーズで発売。

第一次ネオ・ジオン戦争終結後、地球連邦軍が接収したドーベン・ウルフは、
アナハイム・エレクトロニクス社によって改修が施された。
シルヴァ・バレトは試作機であったにも関わらず実戦運用に耐えうる性能を獲得しており、後に更なる改修をした機体が確認されている。
「シルヴァ・バレト・サプレッサー」は、メガラニカ内にて保管されていたシルヴァ・バレトをテストベッドとしたものである。


基本的にはHGUCドーベン・ウルフ、HGUCシルヴァ・バレト等をベースとしたキット。

かつて、こんなに右腕を作るキットがあっただろうか?いや、ない!w
取り敢えず、目元のみシールを貼っています(^^)



それにしても、先日のリニューアルで、サーバーに保存されていた大量の画像データが消失。
サムネイルが変なのは多分そのせい。
運営さんはちゃんと修正するんですかねー!(ーー#




■本体
フロント
2019070702.jpg

全高:約21cm(頭頂部:17cm)
1/144サイズながら、かなり大型のMSとなります。
パチ組みで約3~4時間位、HGながら結構ボリュームがあります。
ダークブルーを基調としたカラーリング、成型色による色分け再現も良好。
視認性の低いカラーリングは隠密行動を取る今のバナージ達の状況を表している機体ですね。
新規造形による箇所も多くドーベン・ウルフとは大分イメージが異なる印象です(^^
右腕5本という特徴的なスタイルで、背部にマウントされた4本の内3本の関節は固定。
全部可動させる猛者とかいるのかなぁ(笑)





2019070703.jpg
2019070704.jpg






リア
2019070705.jpg






俯瞰
2019070706.jpg






付属品
2019070707.jpg






余剰パーツ
2019070708.jpg

ドーベン・ウルフやシルヴァ・バレトの余剰パーツが付属。





上半身
2019070709.jpg

頭部、腹部、腰部装甲、肩部、肘関節、バックパック等は新規造形。
紫色のラインディテールはシールで対応、バーニア内は要塗装ですが、
成型色による色分けは優秀。
合わせ目は腹部、腰部、肩関節、前腕。
それと気になった所として、新規造形による右腕は交換ギミックを搭載した弊害か、
二の腕が外れ易いので適宜調整をしたい所でしょうか。





下半身
2019070710.jpg

膝装甲、脚部装甲、足首は新規造形。
足首は小さ目でハイヒールな所は特徴的。
膝の装甲がポロリし易いのがイマイチ。
合わせ目は足首。太腿にも残りますがそれ程は目立たない感じ。





頭部正面アップ
2019070711.jpg

ツインアイはシールを貼っています。
ちょっと悪そうな面構えですね(^^;





新規の頭部は精密なパーツ構成となっており色分けも優秀。
2019070712.jpg






可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
2019070713.jpg

関節関係の素材はKPS。
可動域は基本的にはドーベンウルフと共通ですが、
肘関節は新規の物で二軸関節に変更されて向上しました。
反面、有線式ハンドは再現出来ません。





肘、膝関節は約135度以上可動。
2019070714.jpg






開脚
2019070715.jpg






スラスターは新規造形で再現され、バックパックには交換用の右腕4本をマウント可能。
前腕部交換用のクレーンとレールは、スライドや可動ギミックを再現。
2019070716.jpg

右腕は1本だけ可動タイプの物で3本は固定。
どうせなら全部可動にすれば良いのに(笑)





■武器装備
フロント
2019070717.jpg

プロポーションバランスは大分ヒロイックな印象。
カラーリングは暗い色なのでダークヒーローといった感じで格好良いですね(^^
背中側が重く関節にに負荷も掛かっている為ちょっと倒れ易いので、
別売りのアクションベース等で飾ると良いかも。





リア
2019070718.jpg






ビーム・マグナム
2019070719.jpg

HGUCユニコーンガンダムDMの物を流用。
グリップ力はまぁまぁ。
メガ・バスーカ・ランチャーに匹敵する威力を発揮するが、反動も大きく、
RX-0シリーズ以外の機体が運用した場合、腕部の稼動不良を引き起こす。
らしいです(笑)





余剰パーツですがビーム・ライフルやビームサーベルも装備可能。
サーベルエフェクトは他のキットから拝借。
2019070720.jpg






バックパックには右前腕部の交換ギミックを搭載。
2019070721.jpg






レールとクレーンが可動し、腕部を掴む事が可能です。
2019070722.jpg






交換用右前腕部が、定位置に移動し破損した右腕部の交換ギミックを再現。
2019070723.jpg

残りの3本も同様に交換可能。
(^^;)ギミックは凄く面白いけど正直結構面倒です。
また、前述した通り右腕部の二の腕が外れ易く、脱落し易いので保持力は適宜調整。





以下、適当に。





2019070724.jpg






2019070725.jpg






2019070726.jpg






2019070727.jpg






2019070728.jpg






2019070729.jpg






画像追記
2019070732.jpg

余剰パーツを用いて有線式ハンドを再現してみました。
前腕部を一度バラしてから組み換え、リード線(1.2mm径)は他キットから拝借。





2019070730.jpg






「遠いな・・・
光の速さでも 追いつけそうにない」

2019070731.jpg

「それでも・・・
それでも いつかは・・・」






シルヴァ・バレト・サプレッサーがHGUCキット化。
流用パーツも含まれますがカラーリングの変更と新規造形によるパーツが多く、
ドーベンとは異なる特長をフォルムやカラーリングで良く再現している印象です。

ベースキットは2013年発売の物でそれほど古くない事もありパーツ構成もかなり優秀。
フォルムやプロポーションバランスは良く、細部はシールや塗装が必要ですが成型色による色分け再現も良好。
可動域はほぼドーベンウルフと共通ですが肘関節等は向上。
サプレッサーの特徴的な右前腕部の交換ギミック再現は面白かったです。
気になった点としては、右腕部が脱落し易い感じなのと、
どうせなら全部可動タイプの物にして欲しかった所。

価格は高めで基本武装はビーム・マグナムだけですがボーリュームは十分。
同じ腕を何本も作るのはちょっと手間ですがカッコイイキットだと思いました。
サイズが大型のMSなので迫力があり存在感もありますね。





以上、
HGUC「シルヴァ・バレト・サプレッサー」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介





■ホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ
2019年7月9日13:00~受付開始
「HG 1/144 セカンドV」、「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0(ハリソン・マディン専用機)」、「発光ユニット(白) 2灯式【2019年10月発送】」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ユウ
2019年07月08日 06:31
お疲れ様です。
顔が少しサイコMk-IIやMk-Vっぽい悪イケメンでかなり格好良いですね。
SNSで交換アームを有線式の隠し腕に改造してる方がいましたが、そっちのほうが格好良いかも。
カシグでガエルバレトが出てるのでサプレッサーも出る確率は高そうですが
もし出すなら交換腕はダミーじゃなくて、ちゃんと可動するようにして欲しいですね。
キリン
2019年07月08日 23:15
>ユウさん
コメントありがとうございます。
ほう、早速改造された方がいらっしゃるのですね。
余剰パーツは十分揃っているので、リード線さえ見繕えば比較的楽に再現出来そうですね。
どれどれ……私もちょっと試してみました(笑)画像を1枚追加。
確かにカシグの展開があったら妥協はしないで欲しいですね。
そういえばバリエが多い割にHGのMk-Vはまだ出てなかったような?