MG ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ 素組みレビュー

■MG 1/100「ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ」素組みレビュー


2019082501.jpg






サナリィ(S.N.R.I)による「フォーミュラ計画」の試作型MSガンダムF90用に開発された「ミッションパックEタイプとSタイプ」がセットでマスターグレード(MG)に登場!
別売りのMG ガンダムF90と組み合わせてF90電子戦仕様のEタイプ、長距離支援仕様のSタイプを完全新規造形で再現。
プレミアムバンダイホビーオンラインショップにて販売。


「F90 A to Z PROJECT」において、大河原邦男氏の手により新たに書き起こされたEタイプ、大ボリュームのSタイプをMG準拠の新規造形で立体化。
取り敢えず、パチ組みで完成です(^^)
シールは貼ってません。
「MG ガンダムF90」は別売りです。





付属品
E-TYPE
2019082502.jpg






付属品
S-TYPE
2019082503.jpg






■Eタイプ(エレクトロニックタイプ)電子戦仕様
フロント
2019082504.jpg

ガンダムF90を換装する事で電子戦仕様のEタイプを再現。
特徴的なバックパックのレドーム、肩部レーダー、腰部ユニット、ジャミング・ライフルを装備。
細部の色分けはシールで対応となりますがフォルムは格好良い出来です(^^)
シンプルな装備という事もあり組み立ても楽で、合わせ目もあまり目立たないパーツ構成となっております。
組立時間はEタイプSタイプセットで約2時間ちょい。
素材はKPSを採用しており、摩耗したら分かりませんが今の所は本体との接続保持力は良好。
ハードポイントへの換装も簡単ですね。





2019082505.jpg 2019082506.jpg






リア
2019082507.jpg






俯瞰
2019082508.jpg






上半身
2019082509.jpg






肩部レーダー
赤角印はロール軸。
2019082510.jpg

肩部レーダーは基部で可動。
肩のレンズ風のディテール、腰のモノアイ風のディテールはシールで再現可能。
ハードポイントの接続保持力は良好。





レドーム
2019082511.jpg

バックパックにはレドームを接続。
細部の色分けはシールで対応可能。
可動箇所も多くフレキシブルに可動。
ハードポイントの接続保持力、アームの保持力共に良好。





腰部レーダー
2019082512.jpg

腰部ウェポンラックへの接続保持力は良好。
レーダーは基部で可動。





ジャミング・ライフル
2019082513.jpg

合わせ目は目立たない構造でフォルムは良好。
ジャミング・ライフルは重めで指パーツに負荷が掛かるのでグリップ力はイマイチ。





■Sタイプ(サポートタイプ)長距離支援仕様
フロント
2019082514.jpg

換装する事で長距離支援仕様のSタイプを再現。
メガ・ビーム・キャノン、4連装ビーム・キャノン&2連装ミサイル・ポッド、クルージング・ミサイル、腰部ユニット、支持ジャッキを装備。
成型色は赤色の部分が足りなく細部の色分けはシールで対応となるものの、段落ちモールドを多用したパーツ構成となり、MGフォーマットらしい出来といった印象です。
こちらも素材はKPSとなり、ハードポイントへの接続保持力は良好。
ボリューム感が格好良いですね(^^
リード線とメッシュパイプを使用した箇所等はラジオペンチがあると楽に組み立てられるかも。
メッシュパイプ先端のほつれ予防にはゼリー状瞬間接着材を使うと良いですね。





2019082515.jpg 2019082516.jpg






リア
2019082517.jpg






俯瞰
2019082518.jpg






上半身
2019082519.jpg

ゴテゴテしたシルエットが特徴的。





下半身
2019082520.jpg

背中が重いのでちょっと倒れ易く、装備が干渉し易いので派手なアクションはし難い感じ。
腰部の支持ジャッキを伸ばして支えれば十分安定します。





メガ・ビーム・キャノン
2019082521.jpg

バックパックにメガ・ビーム・キャノンを装備。
基部に回転軸があり角度を調整可能。
接続保持力は良好。





4連装ビーム・キャノン&2連装ミサイル・ポッド
2019082522.jpg

赤色の色分けは足りないものの、エネルギーケーブルの再現等造形は優秀。
拳はフタをして収納可能。ケーブルは腰部に連結。
腕部への接続保持力は良好。
ただ、腕部の接続は装甲が干渉しコスレ易く、付く外しの繰り返しで塗装をしても剥がれそう。





腰部ユニット
2019082523.jpg

左右のフロントスカートは固定されるので若干アクションに制限。
接続保持力は良好。





支持ジャッキ
2019082524.jpg

腰部ウェポンラックに支持ジャッキを接続。
基部には可動軸があり、角度向きを変更可能。
差し替えパーツでシャフトの伸縮を再現。
接続保持力、アームの保持力も良く、スタンドポーズが安定しますね。





脚部クルージング・ミサイル
2019082525.jpg

翼の展開、向きを変更可能。
接続保持力は良好。





比較画像(画像サイズは大き目)
「MG V2アサルトバスターガンダム Ver.Ka」、「MG ガンダムF90 Sタイプ」を並べてみて。
2019082526.jpg

同じ様な小型MSを並べてみましたがF90は小さめで良く再現出来ていますね。
逆にV2は設定よりちょっと大き目ですねやっぱり。
相変わらずV2はポロリし易いし(^^;





以下、適当に。





2019082527.jpg






2019082528.jpg




2019082529.jpg






2019082530.jpg






2019082531.jpg






2019082532.jpg




2019082533.jpg






2019082534.jpg






2019082535.jpg





2019082536.jpg






2019082537.jpg






2019082538.jpg






「F90 A to Z PROJECT」において、大河原邦男氏により新たに書き起こされたEタイプ&Sタイプのパーツセット、MG ガンダムF90用ミッションパックの発売。
細部の色分けは足りないもののフォルムは良く、パーツ換装もし易く最新フォーマットならではの出来となっている印象です。

パーツ構成も洗練され組み立て易く、Eタイプ&Sタイプ、それぞれの特徴的な形状も精密です。
細部の色分けはシール対応箇所が多く完成度を上げるには塗装などは必要ですね。
KPSを使用し、ガンダムF90ハードポイントとの接続保持力は良好でした。
ジャミング・ライフルの保持のみ不安定な感じですが、アクションポージング等は比較的安定。

先陣を切って発売されたミッションパック Eタイプ&Sタイプ。
F90のプレイバリューも高くなり、パーツ換装が面白いキットだと思いました。





以上、
「MG ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介

関連
→ MG ガンダムF90素組み レビュー





MG 1/100 ガンダムF90 【3次:2019年11月発送】
MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ 【3次:2019年11月発送】
MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Fタイプ & Mタイプ
RE/100 1/100 ビギナ・ゼラ



■ホビーオンラインショップ
2019年8月26日13:00~受付開始
「HG 1/144 ガンダムAGEIIマグナムSVver.(FXプロージョン)」





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント