RG トールギス EW 完成

「ゼクス特尉。お待ちかねのトールギスは相当な暴れ馬ですよ・・・」
「私はこのトールギスに乗る。
無理をするつもりはない。
しかし、このMSに自分の可能性を賭けてみたいのだ」

■RG 1/144 OZ-00MS「トールギス EW(エンドレスワルツ)」全塗装で完成!


2019122801.jpg






『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』より、ゼクス・マーキスが駆る「トールギス EW」。
ちまちまと製作を続けて、ようやく完成です(^^
ふぅ、なんとか年内に間に合った(笑)

今回は全塗装ですが表面処理といった工程を極力省いて仕上げました。
塗装によるカラーリングはEWからTV版風に変更し、キットは外装がグロスインジェクション仕様なので方向性は踏襲。
マーキングは付属のリアリスティックデカールを中心に貼りスケール感とかはあまり追求していません。
トールギスの作り易さを活かし省エネ製作ながら見映えが良くなる感じにしてみました。





全身画像
■本体
フロント
2019122802.jpg

まずは本体のみお披露目。
基本的に今回は作業工程を省略した省エネ製作となり、一応全塗装ですがアドヴァンスドMSジョイントはそのままです。
表面処理やゲート跡も極力未処理(^^;
キットはトールギスEW仕様なのですがTV版のカラーが好みという事もあり、TV版風のカラーリングに若干アレンジを加えて仕上げました。
基調となる白色の外装は光沢感のあるグロス仕上げ、黒色等の部分はつや消し、
金色や銀色をアクセントにメタリック塗装で質感差を出し、
エレガントでソリッドな感じにしてみました(笑)




リア
2019122803.jpg






付属品
2019122804.jpg






■武器装備
フロント
2019122805.jpg

ドーバーガンとシールドを装備して。
ストレートに製作したので特筆すべき所はないですが、発色良く綺麗に塗装出来て、見映えの良い光沢感は出せた感じでしょうか。
やっぱりトールギスはカッコイイ機体ですな(^^)





2019122806.jpg2019122807.jpg






リア
2019122808.jpg






俯瞰
2019122809.jpg






上半身
2019122810.jpg

白色の外装はカラーガイドを参考に2色に分けて塗装。
上半身と下半身の部位毎で色味が微妙に異なるのですが、
肉眼でギリギリ分かる程度となり画像では違いが分かりませんね(^^;
まぁハッキリし過ぎても変に見えるのでこれでいいのだ。
RGらしい情報量と密度感を出してみました。





下半身
2019122811.jpg






頭部正面アップ
2019122812.jpg

目元は銀色塗装の上にクリアブルーで塗装。
頭部等クリアランスの調整を行っていないので、頬当ての塗装が干渉してちょっと剥げてしまいました。





兜を外すとリーオースタイルのマスク。
2019122813.jpg






1/144ゼクス・マーキス
2019122814.jpg

製作終り間際にゼクスのフィギュアも塗装。
背中側はちょっと雑になっちゃいましたが(^^;
サイズが小さくて見えないし塗りは大変でしたーw





ドーバーガン
2019122815.jpg

最初は簡単フィニッシュのつもりだったので武器類は成型色のままにしようかなと思い進めていましたが、
よくよく考えたら大した手間でもないので細かく塗り分けも行いました。
クリアランスの調整はしていませんが、スライド可動する箇所はシリコンスプレーで滑り易くしています。





シールド
2019122816.jpg

リアリスティックデカールは厚みがあり、光沢仕上げだと余計に厚みが目立ってしまうのがイマイチ。
でもまぁソレはソレで割り切ってます。
ラウンドシールドは艶テカ感が分かり易いですね。





ビーム・サーベル
2019122817.jpg

サーベルエフェクトの根元はグラデーション塗装。





スーパーバーニア
2019122818.jpg

RGトールギスのバックパックはギミックにより玩具っぽさが強調されておりますが、
開き直って内部フレームは銀色のメタリック塗装とし高密度な感じにしてみました。
銀色も複数色で塗り分けてます。
こちらもスライド機構を備えているので塗装後の組み立て時にシリコンスプレーを部分的に差しています。





腰部
2019122819.jpg

フレームやノズル類はメタリック塗装。
白色外装がFRPっぽく見えるので逆に金属色で重量感を出しバランス取り。





背面
2019122820.jpg

トールギスは後姿が魅力の一つですね。
合金玩具っぽい感じですが情報密度が高く見えます。
プラスチックの肉厚感は結局残っちゃっていますが。





以下、適当に。





2019122821.jpg





2019122822.jpg





2019122823.jpg





2019122824.jpg





2019122825.jpg





「重い機体の機動性を、バーニア出力で全て補う。無茶な話だが」
2019122826.jpg





2019122827.jpg





2019122828.jpg





「戦争とは非情なものなのだよ!」
2019122829.jpg





2019122830.jpg





2019122831.jpg





「さらばだ、トールギス!

我が愛機よ、安らかに眠れ」

2019122832.jpg






塗装レシピ
白色1:クールホワイト
白色2:クールホワイト+RLM75グレーバイオレット(極微量)
グレー:RLM75グレーバイオレット
黒色:ミッドナイトブルー+ニュートラルグレー
赤色:モンザレッド+マルーン
青色1:スージーブルー+ハーマンレッド+ミディアムブルー(少量)+つや消しブラック(微量)
青色2:スーパーアイアン → クリアブルー
銀色1:焼鉄色
銀色2:スーパーアイアン
銀色3:ガンメタル(ガイアカラー)
金色1:GXレッドゴールド
金色2:GXブルーゴールド
トップコート1:スーパークリアーIII光沢
トップコート2:スーパークリアーつや消し+スーパークリアーIII光沢(少量)


製作過程
→ ランナー紹介 素組みレビュー 製作(3) 製作(4)
製作(5) 製作(6) 製作(7) 製作(8) 製作(9) 製作(10)


RGキットながらパーツ数も少なく初心者向けとなっている印象のトールギス。
今回は細部等はちょっと手抜きですが比較的工程を省き、モチベを維持しつつなんとか完成させる事が出来ました。
肩の力を抜いて完成度は妥協していますが、全塗装による光沢感を出した仕上げで割と綺麗に出来たのが良かったです。
トールギスはカッコイイ!

以上、RG「トールギス EW」でした。

また会おう!ヒイロ!



本日2020年予定の最新ガンプラが発表されたようですね(^^
HG SEED系を中心にウィンダム、ジェミナス、シャッコーといったマニアック所、
ガンダム(ORIGIN版)やMGキュリオスはようやくといった感じですね。


HG 1/144 ガンダムG40(Industrial Design Ver.)【2020年4月発送】
HG 1/144 リーオー(フルウェポンセット)【2次:2020年4月発送】





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2019年12月31日 17:19
お疲れ様です。
バーニアの質感、密度が上がって殺人的(笑)に格好良いですね~。

新作ガンプラはキュリオスが来たことでヴァーチェにまた一歩近付いたのが嬉しいですね。
出来ればリボーンズからのアイズまで行ってほしところですが......。
オリジンガンダムも格好良さげので楽しみです。
来年も作品やレビュー楽しみにしています。良いお年を(^^)/
2019年12月31日 23:03
>ユウさん
コメントありがとうございます。
スーパーバーニアはギミックもあって高密度な感じが良かです(笑)

そうですね。キュリオスが着実にMG化を果たし、リボーンズも1/100は立体化されてないですし発売されると嬉しいですね。
こちらこそ今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


>気持ち玉ありがとうございます。