HGUC クロスボーン・ガンダムX3 素組みレビュー

「おれは人間だ!人間でたくさんだっ!
待っていろ!ベルナデット!今……
約束を守る!」

■HGUC 1/144 XM-X3「クロスボーン・ガンダムX3」素組みレビュー


2020051701.jpg





『機動戦士クロスボーン・ガンダム』より、トビア・アロナクスが駆る「クロスボーン・ガンダムX3」がHGキットで登場!
プレミアムバンダイホビーオンラインショップにて販売。

クロスボーン・ガンダムX3はサナリィ(S.N.R.I.)において実験的に少数開発されたクロスボーン・ガンダムの三番機である。
機体性能はX1、X2と同一であるが、近接戦闘を強化された試作機となる。
最大の変更点である腕部には、ビームシールドに変わり小型化されたIフィールド・ジェネレーターが取り付けられている事だ。
同時に渡された新武装は「斬れぬものなし」の東洋の伝説的な名刀の銘を冠した兵装ムラマサ・ブラスター。この兵装の斬撃を防げるのはIフィールド・ジェネレーターのみとされる。
共にエネルギー消費量が高く稼動時間に制限が付き、使い所の難しい装備でもある――。


真っ直ぐな性格をした主人公トビアが乗るクロスボーン・ガンダムX3。
取り敢えず、パチ組みで完成です(^^)
目元のみシールを貼っています。




■本体
フロント
2020051702.jpg

全高:約14cm(頭頂部:約11.5cm)
基本的には「HGUC クロスボーン・ガンダムX1」をベースとしたバリエーションキット。
今回、クロスボーン・ガンダムX3の特徴的な頭部、前腕部、胸部が新規造形で再現されています。
組立はパチ組みで約1~2時間位。
最新のKPSとポリキャップを併用したフォーマットとなりパーツ構成が優秀です。
合わせ目は肩、武器関係に残る位なのが素晴らしいですね。
成型色による色分けは、基本となるカラーリング、発色は良好。
ただし、肩やバインダーのスラスター部等はシールで対応となり、結構細部の色が足りない感じです。
プロポーションバランスはカッコイイ印象(^^




2020051703.jpg2020051704.jpg





リア
2020051705.jpg





俯瞰
2020051706.jpg





付属品
2020051707.jpg

クロスボーン・ガンダムX3は付属品の多さも特長。




上半身
2020051708.jpg

細部は塗装が必要なもののHGキットながらフォルムは優秀。
髑髏型レリーフ等も素晴らしい出来です。




下半身
2020051709.jpg

足の裏に肉抜き穴アリ。




頭部正面アップ
2020051710.jpg

X3の特徴的な頭部、ブレードアンテナが新規造形。
アンテナの塗り分けはシールで対応も可能。
目元のみシールを貼っています。




2020051711.jpg





フェイスオープン
2020051712.jpg

選択式でフェイスオープンを再現。
どちらかで組み立てる選択式ですがフォルムやディテールは精密。




フレキシブルバインダーは基部がボール軸となっており折り畳み可動が可能。
端のスラスターは組み換えで角度を変更可能。
2020051713.jpg





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
2020051714.jpg

多軸関節による可動域は優秀。
KPS、ポリキャップを併用した最新のフォーマットとなります。
関節保持力も良好。




肘、膝関節共に約135度以上可動。
2020051715.jpg





開脚
2020051716.jpg





新規造形により、Iフィールド・ジェネレーターを内蔵した前腕部、ハンドパーツを再現。
2020051717.jpg

装甲の開閉ギミック、手の平のディテールも精密に再現。




ムラマサ・ブラスター
2020051718.jpg

クロスボーン・ガンダムX3の特長的な武装ムラマサ・ブラスターを再現。
「HGBF クロスボーン・ガンダムX1フルクロス TYPE.GBFT」(BF版)からの流用。
成型色はホワイトで単色、構造は簡素で合わせ目が残りますがフォルムは良好。
グリップ力は良好。ただ流石に重いのでグラグラする感じ。




側面14基のビームエミッタ―と先端のビーム刃はクリアエフェクトパーツで再現。
2020051719.jpg

サイズも大きく迫力があってカッコイイ武装です。
ロマンの塊みたいな武装ですな(*´▽`*)




ムラマサ・ブラスターはソード、ガンどちらの形態でも装備可能。
2020051720.jpg

腰部にマウント可能。




ザンバスター等の武器は「HGUC クロスボーン・ガンダムX1」と共通。

ビーム・ザンバー
2020051721.jpg

成型色は単色ですがフォルム、グリップ力は良好。
合わせ目アリ。
腰部にマウント可能。




バスター・ガン
2020051722.jpg

装備は専用手首で固定、グリップは良好。
左右どちらでも装備可能。
腰部にマウント可能。




ザンバスター(ビーム・サンバー/バスター・ガン)、ビーム・サーベル
2020051723.jpg

ビーム・ザンバーとバスター・ガンのドッキングによりザンバスターを再現可能。
専用手首(右手のみ)で装備可能。
ビーム・サーベルは襟元への収納は出来ませんが、フォルム、グリップ力は良好。




ヒート・ダガー
2020051724.jpg

脹脛への収納は出来ませんがヒート・ダガーの装備が可能。
差し替えでソールからの射出を再現。




シザー・アンカー
2020051725.jpg

シザー・アンカーはパーツ差し替えで再現可能。
ワイヤーはリード線。




スクリュー・ウェッブ
2020051726.jpg

スクリュー・ウェッブはHGUCクロスボーン・ガンダムX1改からの流用。
リード線なのでフレキシブルに表情付けが可能。グリップ力は良好。
腰部リアアーマーの造形はスクリュー・ウェッブが付くX1改の物となっています。
ただ、設定上はスクリュー・ウェッブはX3の標準装備でないので、キットとしてはお得だけど再現性はやや落ちる所。




コア・ファイター
2020051727.jpg

差し替えでコア・ファイターを再現。本体とのドッキング機構は無し。
フォルムは優秀ですが成型色は単色、モナカ構造と簡素な造り。
塗り分けが大変そうですね。




比較画像(画像サイズは大き目)
「RG クロスボーン・ガンダムX1」「HGUC クロスボーン・ガンダムX3」を並べてみて。
2020051728.jpg

HGは成型色による色分けや精密さは物足りないもののフォルムは優秀ですね。
高さはHGの方が若干大き目な印象。
プロポーションバランスは好みが分かれそうですね。




以下、適当に。




2020051729.jpg




2020051730.jpg





2020051731.jpg





2020051732.jpg





2020051733.jpg





2020051734.jpg





2020051735.jpg





「我々は水から上がったトカゲほども、地球人とは違う!」
「ばかな?あんた達だって人間じゃないか!」
2020051736.jpg

「違うな!我々は木星人なのだよ!」




「ふ ざ けるなぁぁぁっ!」
2020051737.jpg





「これ以上人殺しなんかされて 
た ま る かぁーっ!」

2020051738.jpg





『もう……武器がない!だけど……』
2020051739.jpg





「Iフィールド全開!!」
2020051740.jpg





トビアが最終決戦まで搭乗したクロスボーン・ガンダムX3がプレバン販売でキット化。
特徴的なIフィールド・ジェネレーターを新規造形で再現。
象徴する髑髏の意匠、迫力ある武装がカッコイイ!小型MSの魅力も備えたガンプラになっている印象です。

基本的にはHGUCクロスボーン・ガンダムX1をベースとしたバリエーションモデル。
成型色によるカラーリング、ベース本体は良好ですが、細部においての色分けは結構厳しく塗装が必要な所は注意点。
最新のフォーマットによるパーツ構成、可動域は優秀です。関節保持力、武装保持も良好。
ただ、ムラマサ・ブラスターは重いので若干グラつく感じ。
気になったのは足の裏の肉抜き穴とリアアーマーのフォルムが異なる点。
欲を言えばIフィールド用のエフェクトもあると良かったですね。

豊富な付属武装による、抜群のプレイバリューの高さが特徴的。
パーツ数量は多く細部の塗り分けは大変なものの、組み立て易くHGながらフォルムや構造は優秀なキットだと思いました。




以上、
HGUC「クロスボーン・ガンダムX3」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介





■バンダイホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ
HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダム X3 【再販】
HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1改 【再販】
HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX2改【再販】
HG 1/144 ディキトゥス (光のカリスト専用機)
HG 1/144 クロスボーン・ガンダムX1フルクロス


MG 1/100 キャスバル専用ガンダム Ver.3.0【再販】
HG 1/144 ジム・ナイトシーカー
MG 1/100 RMS-179 ジムII(エゥーゴカラーVer.)
MG 1/100 ジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様)【再販】


■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2020年5月15日16:00~受付開始
「ROBOT魂 <SIDE AB> ダンバイン (SHADOW FINISH Ver.)」、「S.H.Figuarts 仮面ライダー001」、「S.H.Figuarts 仮面ライダーサウザー」、「S.H.Figuarts シャイニングウルトラマンゼロ」icon




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ユウ
2020年05月18日 13:47
お疲れ様です。
RGのほうが幅がちょっと太めなんですね。
HGのクロボンは色分け残念ですけど手首パーツが豊富なのが良いですね。BFの魔王にはピース手も付いてますしw
プレバンで再販やってますけど何でかX-0だけないのが残念(;--)
2020年05月18日 23:02
>ユウさん
コメントありがとうございます。
RGは小型サイズの中にパーツが凝縮されているというのもありますが意図的に差別化された感じですかね。
そういえば魔王のピース手は貴重でしたねw
X-0もまぁその内再販されるんじゃないかしら(^^;


>気持ち玉ありがとうございます。