HGBD:R ウォドムポッド レビュー

■HGBD:R 1/144 JMA0530-MAY「ウォドムポッド」素組みレビュー


2020063001.jpg




『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』より、
ビルドダイバーズメンバー『メイ』の専用モビルスーツ「ウォドムポッド」がHGで登場!

劇中の高速飛行時の形態を再現可能!
2nd Season仕様のウォドムポッドも再現可能な強化パーツが付属!



『∀ガンダム』に登場した「ウォドム」を思わせる特異な形状を持つ「メイ」のガンプラ「ウォドムポッド」が発売。
取り敢えず、パチ組みで完成です(^^
モノアイのみシールを貼っています。



■付属品
2020063002.jpg




■ウォドムポッド(JMA0530-MAY)
フロント
2020063003.jpg

全高:約16cm(膝を伸ばした状態:約17cm)
ウォドムをベースとしたと思われる特異な形状を持つ「ウォドムポッド」。
フォルムの再現や成型色による色分けも概ね良好な印象です。
割とシンプルな造りとなっており、パチ組みで約1時間位。
組み立て易い感じでした。



2020063004.jpg2020063005.jpg




リア
2020063006.jpg




俯瞰
2020063007.jpg





上半身
2020063008.jpg

ポッドとなる大きな頭部が特徴的。
構造はシンプルですが精密なディテールが施され目立つ合わせ目も特に無し。




下半身
2020063009.jpg

成型色による色分けは、ぱっと見は十分ですが脛の一部は緑色、踵の裏は白色に塗装が必要。
とはいえ、脚部は美しいラインを再現しています。




頭部正面アップ
2020063010.jpg

モノアイはシールを貼っています。
カメラ部は1パーツ構成の単色なので塗装する場合は結構面倒そう。




首元で一軸可動。360度回転可能。
2020063011.jpg2020063012.jpg





足裏
2020063013.jpg

股下に付属台座やアクションベース(別売り)を接続可能。




可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
2020063014.jpg

フォーマットはポリキャップレスキットとなり、腕部は約90度可動。
変形時の再現の為、前腕で回転可動。
関節保持力は良好。
ただ、手首のボール軸がややポロリし易い感じ。



膝関節は約135度以上可動。
2020063015.jpg




足首可動
2020063016.jpg




開脚
2020063017.jpg




リアスカート、上部のフィンが可動。
2020063018.jpg




リアスカート裏は塗装が必要。
付属のシールを貼る事も出来ます。
2020063019.jpg





大型ビーム砲
2020063020.jpg

基部は3箇所で回転可動。




3連装ミサイルポッド。
2020063021.jpg

ミサイルの造形など精密。




■ウォドムポッド+(JMA0530-MAYBD)
フロント
2020063022.jpg

付属の強化ポーツで「ウォドムポッド+」を再現可能。
なんだか頭部に大きなリボンをしている様で愛嬌があってちょっと可愛い(*´ω`*)



2020063023.jpg2020063024.jpg




リア
2020063025.jpg





強化パーツの接続は素材がPS同士なので摩耗で緩くなりがち。
2020063026.jpg

後頭部のパーツは基部で可動。




■高速飛行時の形態
フロント
2020063027.jpg

腕部と脚部を折り畳み高速飛行時の形態を再現可能。



2020063028.jpg2020063029.jpg




リア
2020063030.jpg





それと説明書には記載されて無いのですが……
ポッドはハッチ開閉と後部がスライド可動。
2020063031.jpg





座席の様な形状が存在。
2020063032.jpg

今後何かしら隠されたギミックの発表があるのでしょうか?




サイズ的にポッド内にメイは入りません、残念w
2020063033.jpg





また、ポッドの後頭部に謎の接続口アリ。
軸径5mm幅と3mm幅。
2020063034.jpg





ウォドムポッドに付属するパーツで軸径の合いそうな物を適当に接続してみて。
2020063035.jpg

説明書に記載はないのでまったく不明ですが、
興味深いギミックが隠されてそうですね。




比較画像(画像サイズは大き目)
「HGCC ターンエーガンダム」「HGBD:R ウォドムポッド」「HGBD:R モビルドールメイ」を並べてみて。
2020063036.jpg

∀のウォドムは設定上40mとなりフォルムはウォドムポッドも似てますがまったくの別機体。
とはいえ、カラーリングをそれっぽくするのはアリかも(^^




比較画像(画像サイズは大き目)
「ガンダム(BEYOND GLOBAL)」「HGBD:R ウォドムポッド」「HGBD:R モビルドールメイ」を並べてみて。
2020063037.jpg

ウォドムポッドもRX-78-2と並べると大型機だと感じますね。




以下、適当に。




2020063038.jpg





2020063039.jpg





2020063040.jpg





2020063041.jpg





2020063042.jpg





2020063043.jpg





2020063044.jpg





2020063045.jpg





2020063046.jpg






メイのガンプラ「ウォドムポッド」がようやくHGキットで発売。
特異なフォルムを良く再現しており、組み立て易い構造も特徴的なキットになっている印象です。

フォーマットはシンプルながら精密なディテールにより大味さを感じない作りとなり、合わせ目が目立たない構造もナイス。
成型色による色分けは十分ですが、脛部と腰部アーマー裏側は目立つので塗装が必要でしょうか。
頭部のカメラを塗装する場合は細かく塗り分ける必要があるので大変そう。
特異なプロポーションですが可動域は良好で、足技を使ったアクションが面白いですね。
武装等は簡素なものの、強化パーツによる「ウォドムポッド」「ウォドムポッド+」2形態の再現、並びに「高速飛行時の形態」再現が可能。
また、未だ隠されているギミック等も興味深い所でしょうか。
気になったのは、手首がややポロリし易い点。

キット化された事のない「ウォドム」を思わせるフォルム、どこか愛嬌を感じるスタイルも魅力の一つ。
HGBDシリーズのモビルドールメイと並べるとディスプレイの幅が広がりますね。
普通の人型に飽きてきた方、メイ好きやターンエーガンダム好きにもオススメ出来るキットになっていると思いました。




以上、
HGBD:R「ウォドムポッド」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介





■ホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ
2020年6月30日13:00~受付開始
HG 1/144 ガンダムエアマスターバースト
HG 1/144 ドートレス


■キャンディトイオンラインショップ/プレミアムバンダイ
2020年6月30日13:00~受付開始
FW GUNDAM CONVERGE:CORE 機動戦士Vガンダム シュラク隊セット【プレミアムバンダイ限定】icon
iconicon



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント