HGUC バーザム レビュー

「はっ!あれがバーザムか?
機数だけはあるようだな」

■HGUC 1/144 RMS‐154「バーザム」素組みレビュー


2020070801.jpg





『機動戦士Zガンダム』より、ティターンズ最後の主力量産機「バーザム」がHGUCで遂に登場。

ガンダムMK-Ⅱの後継機として開発されたバーザムはジムⅡに代わる主力機として配備。
一説にはティターンズテストチーム(T3部隊)で得たデータもフィードバックされたと言われている。


完全新規造形で特徴的なフォルムとなるバーザムが衝撃のキット化!
劇中ではあまり活躍がないバーザムですがこんなに格好良かったんだと改めて感じる出来。
取り敢えず、パチ組みで完成させました(^^
付属のシールは貼ってません。




■付属品
2020070802.jpg





■本体全身画像
フロント
2020070803.jpg

全高:約16cm
一風変わった特徴的なプロポーションを完全新規造形で再現。
設定画を踏襲しつつも当時のイメージよりも格好良くまとまっている印象です。
成型色による色分けも非常に細かくノズル内といった細部こそ色数が足りないものの、シールに頼らずここまで再現しているのは凄いですね。
目立つ合わせ目は前腕に残る位となっておりパーツ構成が素晴らしいです。




2020070804.jpg2020070805.jpg





リア
2020070806.jpg





俯瞰
2020070807.jpg





上半身
2020070808.jpg

頭部はちょっと小さ目かなという気もしますが特徴的で寸胴な体型を良く再現。
大き目の手首も新規造形。
分割線は段落ちモールド等で処理されており目立つ合わせ目は前述した通り前腕に残る位。




下半身
2020070809.jpg

足裏は肉抜き穴も無く精密なディテールが存在。
安定性も良好。




頭部正面アップ
2020070810.jpg

モノアイはクリアーパーツで再現。
モノアイの可動ギミックなどは特に無いですがディテールは精密です。




頭部にはバルカン・ポッドを装着可能。
2020070811.jpg





可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
2020070812.jpg

KPSとポリキャップを併用した最新フォーマットによる多軸関節を内蔵しており、非常に広い可動域を実現しています。
関節強度も概ね良好です。
腰部可動の保持力においてちょっと緩いのが気になる感じ。




肘、膝関節は約135度以上可動。
2020070813.jpg

足首、爪先も可動。




肩関節はスライドギミックを内蔵した引き出し式となっている所が特徴的。
非常に広い可動域となっております。
2020070814.jpg





開脚
2020070815.jpg





■武器装備
フロント
2020070816.jpg

ビーム・ライフルを装備して。
バーザムってこんなに格好良かったんですね(^^)
ただ最新のフォーマットでキット化されているので、AOZシリーズとは構造が異なり連動してないのがちょっと残念。
それはそれとしてバリエでバージムとか見てみたいですねw




リア
2020070817.jpg





ビームライフル
2020070818.jpg

既存のライフルとは異なる特徴的な造形を再現。
ジョイントパーツの差し替えで肩部からの連結も再現可能となり、基部は可動するので肘関節の動きにも対応。
グリップ力は良好。




ビーム・サーベル
2020070819.jpg

サーベルのグリップ力も良好。
収納するギミックはありませんが、腕部装甲内にビームサーベル基部の造形を再現。




バックパック
2020070820.jpg

バックパックは「HG 194 ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)」と無改造で交換可能。
リバイブ版ガンダムMk-Ⅱがないので試せていません。




比較画像(画像サイズは大き目)
「RG ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)」「HGUC バーザム」を並べてみて。
2020070821.jpg

「HGUC ガンダムMk-II」は作ってなかったので「RG ガンダムMk-II」(塗装済み)でサイズ比較。
ティターンズは力だ!




以下、適当に。





2020070822.jpg





2020070823.jpg





2020070824.jpg





2020070825.jpg





2020070826.jpg





2020070827.jpg





2020070828.jpg





2020070829.jpg





2020070830.jpg





2020070831.jpg






機動戦士Zガンダムより、量産型MSバーザムがまさかのHGUC化。
近年の最新技術が採用されておりフォルムや色分け及び、可動域共に非常に出来の良いキットに仕上がっている印象です。

昔の設定画からするとプロポーションやディテールは、今風のスタイリッシュなものですが格好良いですね。
特にパーツ構成が優れており、合わせ目は前腕に残る位、組み立て易さも好印象でした。
成型色による色分けもダクト内等の細部は足りないものの発色ともに十分。
可動域は多軸関節や引き出し機構を搭載する事で非常に広く保持力も良好でした。
気になったのは腰部の可動において若干グラつく感じな点。

付属品、武装はシンプルなのでプレイバリューはそれ程ではないものの、HGUC ガンダムMk-II(リバイブ)等と連動可能。
一方、フォーマットが新しいので最近のAOZシリーズとは連動せず。
Zガンダム放送から30年の時を経ての初キット化。
劇中での登場も発売も遅すぎた名機、非常にインパクトがありサプライズなキット化だと思いました。




以上、HGUC「バーザム」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介







■ホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ
2020年7月8日11:00~受付開始
「PG 1/60 ダブルオーガンダムセブンソード/Gインスペクション【3次:2020年8月発送】」など18点icon

■ガンダムベースオンラインショップ
2020年7月8日11:00~受付開始
「EXモデル 【2020年8月発送分】」icon

■あみあみ

アストロシティミニ
アストロシティミニ コントロールパッド



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント