MG MS-09 ドム レビュー

「オルテガ、マッシュ、モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!」

■MG 1/100 MS-09「ドム」素組みレビュー


MG DOM (16).jpg





『機動戦士ガンダム』より、重MS「ドム」がMG(マスターグレード)で登場。
価格:4000円(税別) 発売:1999年6月

脚部に熱各ジェットエンジンとロケットの複合推力によるホバーユニットを装備した陸戦用MSの傑作機「ドム」。
ホバー走行による高機動の移動能力は、MS戦の様相を一変させ連邦軍の抗戦部隊を翻弄した――。


1999年6月、満を持して発売された傑作キット「MG ドム」。
約20年前のキットとなりますがMGのアップグレード版を前に改めてご紹介します。

取り敢えず、パチ組みで完成です(^^
モノアイのみシールを貼っています。




■付属品
MG DOM (17).jpg




■本体
フロント
MG DOM (18).jpg

全高:約18.5cm
大きさは普通のMGサイズですがボリューム感が凄い。
カトキハジメ氏のリファインされた画稿を元にしたフォルムとなり、プロポーションバランスも良い印象です。
流石に約20年前のキットなのでフォーマットは古くなりますが、「黒」「紫」「灰色」の特徴的なカラーリング再現は優秀。
組立はパチ組みで約3時間位。
ボリュームはありますが難しい箇所も無くMG初心者でも作り易い感じ。
ただ、説明書がまだ洗練されていなかった頃といった感じで"読み難く"、組み立て易さを追求した近年のガンプラと比較すると難しく感じた印象でした。
それにしても、この逞しさ!
無茶苦茶カッコイイ!(^^



MG DOM (19).jpgMG DOM (20).jpg




リア
MG DOM (21).jpg




俯瞰
MG DOM (22).jpg

肩装甲に合わせ目アリ。



頭部正面アップ
MG DOM (23).jpg

可動域は制限されますが、頭部は上下左右に可動。



モノアイは可動ギミックを搭載
MG DOM (24).jpg

モノアイ基部はボール軸となりカバーを外して手動で上下左右に可動。



上半身
MG DOM (25).jpg

ディテール面はプレーンなフォルムですがスタリングは優秀。
肩関節、前腕一部に合わせ目アリ。



下半身
MG DOM (26).jpg

ホバーユニットを内蔵した脚部。
接地性と安定感は抜群。
膝関節、足首に合わせ目アリ。



バーニア等ディテールも精密。
MG DOM (27).jpg

腰部バーニアは3個とも個別に可動。



コックピットハッチ開閉ギミック
MG DOM (28).jpg

1/100スケールサイズのパイロットフィギュアも付属。



可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
MG DOM (29).jpg

ポリキャップを内蔵した多軸関節によるフォーマットでポージングが可能。
シンプルなボール軸で調整はフレキシブルですが、可動域はやや制限される感じです。
関節保持力は良好。



肘関節は約135度可動、膝関節は約90度可動。
MG DOM (30).jpg

前屈仰け反りはまあまぁ。
足首の前後可動は大きく、屈みポーズが優秀。



ハンドパーツの可動をMGで初採用
MG DOM (31).jpg

パーフェクトグレードで培った技術をフィードバックし5本指の可動をマスターグレードで初採用。
保持力は良好。
また肘関節に可動ポイントがあり、多少ですがガワラ曲げっぽくスイング。



開脚
MG DOM (32).jpg




ジャイアント・バズ
MG DOM (33).jpg

代表的な武装ジョイアント・バズを装備。
モナカ割り構造なので合わせ目アリ。
グリップにはピンがありグリップ力は良好。



ラケーテン・バズ
MG DOM (34).jpg

モナカ割り構造なので合わせ目アリ。
グリップの基部が可動。
ピン固定も出来、グリップ力は良好。



90mmマシンガン
MG DOM (35).jpg

モナカ割り構造で合わせ目アリ。
グリップ力は良好。



マガジンの着脱が可能
MG DOM (36).jpg




ヒートサーベル
MG DOM (37).jpg

グリップ力は良好。背中にマウント可能。
背部スラスターはボール軸で可動。



シュツルムファウスト
MG DOM (38).jpg

安定翼の展開をパーツ差し替えで再現。



腰部サイドアーマーを外すと各種武装、マガジンをマウント可能。
MG DOM (39).jpg

保持力は良好。



MG DOM (40).jpg




■武器装備
フロント
MG DOM (41).jpg

スタイリングが素晴らしい!(^^
ジャイアント・バズがちょっと構え難い感じ。



リア
MG DOM (42).jpg




装甲内部はメカニカルでリアルなディテールを再現
MG DOM (43).jpg





流石に近年のハイディテールなキットと比較すると大人しい感じですが、内部メカが造形されておりモビルスーツを作っていく感じが楽しいですね。
MG DOM (44).jpg




黒い三連星のオルテガを1/20で再現
MG DOM (45).jpg

精密な造形です。



比較画像(画像サイズは大き目)
「MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0」「MG ドム」を並べてみて。
MG DOM (46).jpg

「太くね?」
「太くねぇって!」
ドムはこのスタイルだからこそ良いですね(笑)
今度予定されているMGバージョンアップ版はエモーションマニピュレーターに変更される様ですが手首は小さ目になるのかしら?




以下、適当に。




MG DOM (47).jpg




MG DOM (48).jpg




MG DOM (49).jpg




MG DOM (50).jpg




MG DOM (51).jpg




MG DOM (52).jpg



「いけるぞ!
もう一度ジェットストリームアタックだ!」

MG DOM (53).jpg




MG DOM (54).jpg




MG DOM (55).jpg




MG DOM (56).jpg






印象的な黒い三連星の機体「ドム」が満を持してMG化。
特徴的なカラーリングとフォルムの再現、約20年前のキットとは思えない素晴らしい出来になっている印象です。

マッシブで逞しいスタイリングを再現したフォルムが優秀。
成型色による色分けも良好です。
1999年発売のキットとなりフォーマットは古いので可動域に制限は掛かりますがポージングは十分。
モノアイの可動ギミック、表情豊かなポーズが可能となるハンドパーツの性能は特徴的。
立ち姿の安定性は抜群ですね。
代表的な武装や付属品も多くプレイバリューが豊富なのも長所。
気になったのは合わせ目の多さと可動域が物足りない所でしょうか。

流石にフォーマットは古くなりますがスタイリングが優秀な傑作キットになっていると思いました。
約20年更新されなかったのも納得の出来!アップグレード版も楽しみですね。




以上、
「MG MSN-09 ドム」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介





■でじたみん楽天
再販 MG 1/100 機動戦士ガンダム MS-09 ドム プラモデル バンダイスピリッツ 【1月予約】

■ガンダムベースオンラインショップ
2020年11月16日11:00~受付開始
iconiconiconiconiconiconiconiconiconicon
MG 1/100 ガンダムVer.ONE YEAR WAR 0079【2021年5月発送】icon
MG 1/100 MS-06 F/J ザクII “ONE YEAR WAR 0079”設定カラーVer.【2021年5月発送】icon
MG 1/100 グフ “ONE YEAR WAR 0079”設定カラーVer.【2021年5月発送】icon
MG 1/100 ドム “ONE YEAR WAR 0079”設定カラーVer.【2021年5月発送】icon
MG 1/100 ゲルググ シャア・アズナブル大佐機 “ONE YEAR WAR 0079”設定カラーVer.【2021年5月発送】icon



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年11月17日 21:30
キリンさん、こんばんは。
ドムのキットって人気ですよね。
これも見つけたら即GETするぐらいの気持ちでいないとダメでしょうかね。
2020年11月18日 21:39
>とある星人さん
コメント&気持ち玉ありがとうございます。
ドムが人気なのもあるのでしょうがキットの出来も良いですしね。
再販されても直ぐなくなってる印象です。
先日のイベントでMGドムのアップグレード版が発表されたのでそちらの発売を楽しみにしている方もいそうですね。


>気持ち玉ありがとうございます。