MG ゼータガンダム Ver.2.0 レビュー

「分かるまい!戦争を遊びにしているシロッコには!
この、俺の身体を通して出る力が!」

■MG 1/100 MSZ-006「ゼータガンダム Ver.2.0」素組みレビュー


MG_ZETA_GUNDAM_v2 (24).jpg




完全新規造形、新解釈・再構築により生まれ変わった「MG ゼータガンダム」。
『機動戦士Zガンダム』より、主人公「カミーユ・ビダン」の搭乗機「MG ゼ―ガンダム Ver.2.0」が登場!
Zガンダム20周年記念作品、劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』(2005年)に合わせては発売。
価格:5000円(税別) 発売:2005年12月

機体解説:MSZ-006 Zガンダムは、宇宙空間から重力下までの連続運用を可能とする破格の汎用性を持つ機体である。
軽量で堅牢なガンダリウムγ、可変機構に不可欠なムーバブル・フレームの技術により、「T-MS(Transformable Mobile Site=可変MS)」として開発された。
MSとWR双方の特性を同時に実現する事によってZガンダムは戦略的な意味を持ち、一年戦争における「ガンダム」の汎用性を最もドラスティックな形で実現した機体であったといえる――。


可変機構を備えた高密度ギミックが凄い"MG ゼータガンダムVer.2.0"
洗練された機構に感動

取り敢えず、パチ組みで完成したのでご紹介します(^^
目元のみシールを貼っています。




■付属品
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (25).jpg




台座
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (26).jpg




■本体
フロント
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (27).jpg

全高:約21cm(頭頂部:約20cm)
ゼータガンダムVer.2.0はVer.1.0よりもアニメ設定に近いスタイリングとなっている印象です。
シャープでエッジの効いたフォルムにスマートなプロポーションバランスですね。
特徴的なカラーリングは成型色で再現。細部の黄色いワンポイントはシールで対応となるものの、流石MGといった感じで色分けは優秀。
Ver.2.0はVer.1.0からフォルムの変化だけでなく、優秀な色分け、合わせ目の目立たないパーツ構成が特徴的。
段落ちモールドや細かいパーツ構成により分割線が目立たなず、背中のフライングアーマーにちょっと残る位。
Ver.1.0(1996年発売)は合わせ目がかなり存在し作るのが大変でしたが、MG化、PG化を経て洗練された構造となっております。
2005年発売のキットなのでフォーマットは今見ると古めとなるものの、かなり優秀なキットになっていますね。
非常に多く精密なパーツで構成され高密度感が作っていて楽しかったです。
まぁ変形機構を備えた構造なので組立難易度は少々高め。



MG_ZETA_GUNDAM_v2 (28).jpgMG_ZETA_GUNDAM_v2 (29).jpg




リア
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (30).jpg




俯瞰
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (31).jpg




上半身
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (32).jpg

成型色による色分けは優秀。腕部、肩部の黄色い部分はシールで対応可能。
フォルムやディテールはMG Ver.2.0として新解釈された物となっており、Ver.1.0よりもアニメ版の設定画に近い再現性となっている感じ。
一方のVer.1.0はカトキハジメ氏が初めて手掛けたMGであり、その後にガンプラ開発にも影響を与えた記念碑的キットでもありますね。
(※関節やウイングユニットを支えるジョイントアーム等、はめ込みはロックが掛かる構造なので、一度組み立てると分解し難くなります。仮組みを考えている方は注意)



下半身
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (33).jpg

Ver.1.0は頭部、肩部、脚部、各所が最中構造で合わせ目だらけでしたが、Ver.2.0はモールドで上手く隠しており分割線が目立たないのがポイント。



頭部正面アップ
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (34).jpg

ゼータガンダムの特徴的なフェイスマスクの再現度は高い印象。
めっちゃカッコイイ!(^^
シャープ且つ細かいパーツで構成され色分けは優秀。
ツインアイはシールを貼っています。シールの下はクリアパーツ。
アンテナは軟質素材。



MG_ZETA_GUNDAM_v2 (35).jpg




コックピットハッチ開閉を再現。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (36).jpg

パイロットA(コックピット内)、パイロットB(女性)、整備クルーの1/100フィギュアが付属。
取説ではパイロット名はカミーユとは記されていない感じ。
ジュドー・アーシタやルー・ルカ達、色々なパイロットがが搭乗したので好みで塗り分けるのも良いかも。



可動域
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (37).jpg

ABSとポリキャップを併用した構造の多軸関節により、Ver.2.0は1.0よりも可動域が大幅に向上。
2005年のキットなので近年の物と比較するとやや固い感じですが標準的なアクションには十分対応。
ABSによる関節保持力はかなり固く良好。
ギチギチでかなり固いですが摩耗により緩くなる懸念はあるかも。



肘、膝関節は約135度以上の広い可動域を実現。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (38).jpg

膝関節のフレームは屈伸動作に連動。



肩部は前方にスイングが可能。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (39).jpg




肘関節、手首が左右にスイング。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (40).jpg

微妙な差ですが、しなやかな人体に近いポージングが可能。



足首は裾が干渉し左右前後の可動はあまり出来ないものの保持力は良好。
爪先は前後に動き、カタパルトユニットに設置する際に有効。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (41).jpg




開脚
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (42).jpg

腰の回転と接地性はやや制限。



テールスタビライザー、ウイング
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (43).jpg

Zガンダムの特徴的なフライング・アーマーは上部のフラップ(?)、テールスタビライザーが可動。
左右ユニット(ダークブルー部)に合わせ目が残りますが内側なのでそれ程目立たず。
スタビライザーとウイングは黄色丸印の箇所で連結し固定されるので安定性は良好。
緑色角印のジョイント穴は説明書には記述無し。
ランディングギアパーツ等が付属していると嬉しかったのですね。



■ゼータガンダム(武器装備)
フロント
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (44).jpg

ビーム・ライフル、シールドを装備して。
背中が重いので立たせ難さはあるものの、スタンドポーズの保持力、安定性共に良好な感じ。
マジカッコイイですね(^^)



リア
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (45).jpg




ビーム・ライフル
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (46).jpg

カートリッジと下部に合わせ目アリ、前側は段落ちモールドなのでそれ程目立たず。
黄色いシールで色分け再現も可能。
伸縮機構の再現、腕部にマウントが可能。
グリップ力は良好。しっかりとは握れないものの手首にある凹凸のピンで固定。左右で持ち替え可能。
気になった点として、グリップは素材が普通のPSな為、折り畳み収納可動する基部において摩耗でちょっと緩くなってしまいました。
後で渋さを調整しようかと思います。



シールド
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (47).jpg

デザインアレンジされており、シールドは連結する為のジョイント穴が目立つのと合わせ目アリ。
設定画の黄色いディテールは省略されており再現性はまあまあ。
ジョイント基部はフレキシブルに可動し保持力は良好。
伸縮を再現可能。




ビーム・サーベル
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (48).jpg

ビーム・サーベルは腰部サイドアーマーに収納可能。
グリップ力は良好。
サーベルエフェクトはビーム・ライフルにも接続可能。



グレネードパック
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (49).jpg

グレネードパックはスライドさせるとハッチが開くギミックを搭載。
内部の形状も精密。



ハイパー・メガ・ランチャー
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (50).jpg

全長:26cm~29cm
ゼータガンダムの特徴的な兵装を新規造形で再現。
砲身の伸縮ギミック、グリップの展開が可能。
段落ちモールドなので合わせ目が目立たない構造、成型色によるカラー再現も優秀。



グリップ力は十分でグリップは左右で展開可能。
流石に重いので保持は両手で支える必要あり。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (51).jpg




ハイパー・メガ・ランチャーは砲身も長く迫力があります。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (52).jpg

最高!(*´ω`*)
スタイリングも抜群です。



■カタパルトベース
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (53).jpg

カタパルトユニットはMS・WRディスプレイ用のアームを起こすギミックを搭載。足場は設置箇所の移動が可能。
それと、Z本体は一応1/100対応の「アクションベース1」(別売り)「アクションベース4」(別売り)で飾る事も可能です。ちょっとキツイ感じですがMS形態時は股間止め用ジョイント(11mm幅)に対応。



ジョイントパーツは角度を変更可能。
Zガンダムとの連結保持力は良好。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (54).jpg

また、「MG ガンダムMk-II Ver.2.0」(別売り)を取り付けるジョイントパーツが付属。



ベースの裏側にはパーツを収納可能。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (55).jpg




カタパルトユニットに整備クルーを置いてアーガマデッキを再現可能。
ディスプレイの幅がありますね。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (56).jpg

なお、「MG ガンダムMk-II Ver.2.0」(別売り)に付属するベースとも連結が可能です。



MSからWRの変形機構を再現


Ver.2.0は新解釈・再構築による変形を再現。

変形シーケンス
(※画像は説明書通りの順番ではなく劇中イメージっぽく撮っています)
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (57).jpg

胸部を前に展開、腰部サイドアーマーを移動。
スタイビライザーを展開しビームライフルをマウント。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (58).jpg

脚部を左右に移動し、股関節と背部をロック(股関節の移動が複雑で面倒)。
頭部、腕部は胴体に収納。
変形機構はフロントスカートの折り畳み方法がが設定から変わる等、新解釈による物となります。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (59).jpg

フライングアーマーを大きく展開させ、回転させながら前方に移動。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (60).jpg

シールド、胴体、フライングアーマーを連結。ロックが掛かり保持力は良好。
爪先を折り畳み、脛部にはスライド機構があり下方に引き出して足を伸ばす。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (61).jpg

膝関節を特徴的なZ字型に折り畳み。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (62).jpg

脛部、足首を前方にスライトさせて収納、ロックが掛かり固定。
腰部サイドアーマーを回転させて、前方に固定、左右の小翼を展開。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (63).jpg

ボディ、シールド、ウイング、サイドスカート、各所でロックが掛かるので形態維持安定性は意外と良好でした。
ただし、変形は複雑で滅茶苦茶大変(笑)
最初は説明書をじっくり読んで取り組みましょう。



■WR形態(ウェイブライダー)
フロント
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (64).jpg

全長:約30cm
ウェイブライダーの機体下部にはハイパー・メガ・ランチャーを取り付け可能。
パーツの差替えもなく完全変形再現しているのが凄いです。
(メガ・ランチャーはシールド中央の赤いフタパーツを外して接続しています)
新解釈によりアレンジが施されたデザインと変形機構にはなりますが、MS・WR両形態をバランス良いフォルムが素敵です。
これだけのギミックを凝縮し、安定性が優秀な所は素晴らしいですね。
アニメ設定より胴体がやや間延びしており、小翼は赤色のみなのでVer.2.0デザインですね。



リア
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (65).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (66).jpgMG_ZETA_GUNDAM_v2 (67).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (68).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (69).jpgMG_ZETA_GUNDAM_v2 (70).jpg




比較画像(画像サイズは大き目)
「HGUC ゼータガンダム(REVIVE)」、「MG ゼータガンダムVer.2.0」、「RG ゼータガンダム」。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (71).jpg

以前の「MG ゼータガンダム」Ver1.0は人に譲ってしまい所持してないのでHG、RGと並べてみて。
後発の左右、HGUCリバイブ、RGはアレンジが効いていますね。
MG Ver.2.0はディテールは精密でスマートなスタイリングですがアニメ設定に近いフォルムとなっている印象。



以下、適当に。




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (72).jpg




「貴様のようなのがいるから戦いは終わらないんだ!
消えろー!!」

MG_ZETA_GUNDAM_v2 (73).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (74).jpg




「遊びでやってんじゃないんだよー!!」
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (75).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (76).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (77).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (78).jpg




MG_ZETA_GUNDAM_v2 (79).jpg




「俺の身体を皆に貸すぞ!」
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (80).jpg




「ここから居なくなれー!!」
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (81).jpg





新解釈、再構築により、リニューアルされた「MG ゼータガンダムVer.2.0」。
洗練されたパーツ構成、成型色による色分け再現が良く、MS・WR両形態のプロポーションバランスを両立した優秀なキットになっている印象です。

特徴的な変形ギミックは新解釈によるマスターグレードフォーマットで再現。
合わせ目が殆ど目立たない構造となっているのが素晴らしい出来でした。
可動域はやや制限されるものの、アクションポーズは十分可能。
ABSの関節保持力、ロック機構によるWR形態の維持安定性も良好な感じです。
ただ摩耗はちょっと心配な所。
パーツ数が多くはめ込みが固かったりして組立難易度はやや高めなので、初心者は落ち着いて作ると良いですね。
変形は複雑で腹部の可動が固かったり変形させ難いのが注意点。
気になった点はシールドの連結穴が目立つのとランディングギアが付属しないのが惜しい所でしょうか。

流石に2005年発売なのでフォーマットはやや古め、可動も最新キットほど動かないのが物足りないものの今でも十分通用する傑作キット。
カタパルトユニットが付属品する所もポイントです。
ハードルは高めですが満足度も高い、スタイリングが素晴らしいゼータガンダムになっていると思いました。




以上、
MG「ゼータガンダム Ver.2.0」素組みレビューでした。

製作過程
→ ランナー紹介 製作(2)

あ・・・大きな星が付いたり消えたりしている
あはは、大きい・・・彗星かな?





■ホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ
2021年2月25日13:00~受付開始
iconiconiconiconiconiconiconicon
MG 1/100 ガンダムエクシア リペアIIIicon
MG 1/100 ブレイズザクファントム(レイ・ザ・バレル専用機)icon
MG 1/100 スラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機)【再販】icon
PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス 【再販】icon

■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2021年2月26日16:00~受付開始
iconiconiconicon
METAL ROBOT魂 <SIDE MS> バーサル騎士ガンダム(リアルタイプver.)icon
ROBOT魂 <SIDE AB> ビランビー&ユニコン・ウーセットicon



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント