METAL BUILD ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver. レビュー

「F91ガンダムは、シーブック・アノーで行きます!」

■METAL BUILD 「ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver.」レビュー


MB_GUNDAMF91_CWver (1).jpg




1991年より30年―。斬新なデザインが新世代の到来を存分に感じさせた『機動戦士ガンダムF91』より、「ガンダムF91」が特別仕様で登場。
価格:31900円(税10%込) 発売:2021年3月

2017年版の「METAL BUILD ガンダムF91」からカラーリング&マーキングをマットパールをベースに再構築。
パッケージにはメカニックデザイナー大河原邦男氏の画稿を使用した特製スリーブを用意。MSV装備となるオプションパーツも付属する決定版として発売。


2021年は「METAL BUILD 10th ANNIVERSARY」、シリーズ10周年を迎えてさらに進化。
そして30周年記念でもある「ガンダムF91」が4年ぶりにリニューアルされました。
当初はカラバリだしスルーしようかなと思いましたが割と豪華な内容だったので購入。
今回は新しくなったCHRONICLE WHITE Ver.をご紹介いたします。

関連→
METAL BUILDガンダムF91 レビュー
METAL BUILD ガンダムF91 MSVオプションセット レビュー



スリーブ、中箱
MB_GUNDAMF91_CWver (2).jpgMB_GUNDAMF91_CWver (3).jpg

箱の大きさは割とコンパクトに収納され以前のF91と同じ大きさ。
スリーブが付属し豪華なパッケージですね。



中身
MB_GUNDAMF91_CWver (4).jpg




■付属品
MB_GUNDAMF91_CWver (5).jpg

MSVオプションセット
MB_GUNDAMF91_CWver (6).jpg

台座
MB_GUNDAMF91_CWver (7).jpg

台座のロゴも変更されています。



■ガンダムF91 本体
フロント
MB_GUNDAMF91_CWver (8).jpg

全高:約17cm
基本的には以前発売されたノーマルな2017年版ガンダムF91と造形は共通。
一部肩装甲が改修されております。
特徴的なのはポリカーボネート製で成型色仕上げだった以前の物から、今回マットパール塗装になったのと新規マーキングに変更された所です。
白い外装は暖色系のパールホワイトとクールホワイトの2色で構成。
全塗装によるパールの主張はそれ程強くなく落ち着いた質感の仕上がりになっている印象です。
流麗なフォルムがカッコイイ!



MB_GUNDAMF91_CWver (9).jpgMB_GUNDAMF91_CWver (10).jpg

ヴェスバーと本体の接続は最初は固めですが一度付けるとすぐ馴染む感じ。



リア
MB_GUNDAMF91_CWver (11).jpg




俯瞰
MB_GUNDAMF91_CWver (12).jpg




頭部正面アップ
MB_GUNDAMF91_CWver (13).jpg

頭部は可動タイプの物がデフォルトで装着されています。
特徴的な「フェイスオープン」を再現するギミックを搭載。
ギミックを内蔵している為か、見栄えは口元の分割線など若干大味ですね。



トサカを上げると「フェイスオープン」を再現するギミックを搭載。
MB_GUNDAMF91_CWver (14).jpg

トサカの上下可動でマスクがパカパカと開閉するのがちょっと楽しいです。



非変形頭部
MB_GUNDAMF91_CWver (15).jpg

フォルムを優先した非変形頭部が付属。



こちらはマスクの差替えでフェイスオープンを再現可能。
MB_GUNDAMF91_CWver (16).jpg




フェイスオープン
MB_GUNDAMF91_CWver (17).jpg




腹部はエッチングパーツを内蔵しているのが特徴的で精密感が素晴らしいです。
MB_GUNDAMF91_CWver (18).jpg




肩部は新規形状。
比較画像
(ノーマル版、クロニクルホワイト版)
MB_GUNDAMF91_CWver (19).jpg

丸みのある流麗なフォルムに変更されているのが特徴的です。



肩部放熱フィン
MB_GUNDAMF91_CWver (20).jpg

肩の改修により放熱フィンは大きくスライドし、上に角度が付けられるように変更されました。
フィンは成型色仕上げから塗装に変更。



可動範囲
MB_GUNDAMF91_CWver (21).jpg

ダイキャストフレームを内蔵した可動域は以前の物と共通。
各関節保持力も良好。



腹部は仰け反り前屈に連動するフロントスカートのスライドギミックを搭載。
MB_GUNDAMF91_CWver (22).jpg




脹脛のフィンユニットは展開可能。
膝の屈伸により膝とフィンがスライドする連動ギミック搭載。
MB_GUNDAMF91_CWver (23).jpg

足の裏の塗装も精密。



ビーム・ライフル
MB_GUNDAMF91_CWver (24).jpg

手首はPVC製。固くて手首交換や武器を持たせ難い場合はドライヤー等で10秒程温めてから行うと良いです。
グリップ力は良好。
腰部リアアーマーにマウント可能。



ビーム・ランチャー
MB_GUNDAMF91_CWver (25).jpg

グリップ力はまぁまぁ。
腰部リアアーマーにマウント可能。
武器が重いのでグラグラして安定性はちょっと低め。



背中のヴェスバーは基部に可動ポイントがありレールに沿ってスイング可動。
MB_GUNDAMF91_CWver (26).jpg




胸部サイド装甲は開く事でヴェスバーと腰の干渉をさける事が出来ます。
MB_GUNDAMF91_CWver (27).jpg




ヴェスバー(Variable Speed Beam Rifle)
ジョイント基部が可動に連動して後部装甲が展開。
MB_GUNDAMF91_CWver (28).jpg

砲身は引き出す事で3段階に展開し迫力あるフォルムに変形。
グリップを展開可能。
片方だけスライドがちょっと緩かったので多少の個体差はあるかも。



手首を交換してヴェスバーを構える事も可能。
MB_GUNDAMF91_CWver (29).jpg




ビーム・サーベル
MB_GUNDAMF91_CWver (30).jpg

グリップ力は良好。
サーベルは左側腰部に収納可能。



ビーム・シールド
MB_GUNDAMF91_CWver (31).jpg

ビーム・シールドはパーツ差替えで再現。シールドの基部は回転可動。
右側腰部にビーム発生器を収納可能。



ジョイントパーツA、ジョイントパーツB
MB_GUNDAMF91_CWver (32).jpg

股下とバックパックに付けて支柱でのディスプレイが可能。



■ガンダムF91(パワードウェポンタイプ)
フロント
MB_GUNDAMF91_CWver (33).jpg

以前は別売りだったMSVオプションセットが同梱。
肩アーマーとパワードウェポンのパーツ交換でガンダムF91 MSVのパワードウェポンタイプを再現可能です。
カラーも本体と統一感のある塗装&マーキングに変更。
造形やギミックは以前の物と共通。



リア
MB_GUNDAMF91_CWver (34).jpg




パワードウェポンはビーム・ガトリングガンとミサイルランチャーで構成。
MB_GUNDAMF91_CWver (35).jpg




ビーム・ガトリングガン
MB_GUNDAMF91_CWver (36).jpg

グリップ力は良好。
砲身は伸縮機構を搭載。



レールを可動させて展開を再現。
MB_GUNDAMF91_CWver (37).jpg

肩部装甲は展開させる事も可能です。



ツイン・ヴェスバータイプへの交換はヴェスバーを外しキャップを付けてます。
バックパックはツイン・ヴェスバータイプに交換。
MB_GUNDAMF91_CWver (38).jpg




■ガンダムF91(ツイン・ヴェスバータイプ)
フロント
MB_GUNDAMF91_CWver (39).jpg

バックパックを交換しMSV ツイン・ヴェスバータイプを再現可能。
F91はサイズが小型なので迫力はそれ程でもないですがカッコイイ出来です。



リア
MB_GUNDAMF91_CWver (40).jpg




ツイン・ヴェスバーは伸縮機構を搭載し大きく展開可能。
MB_GUNDAMF91_CWver (41).jpg




4本のアームは可動ポイントが多くフレキシブルに可動。
MB_GUNDAMF91_CWver (42).jpg

関節保持力は良好。アームは一カ所だけ緩かったので多少の個体差はあるかも。



グリップを握る事が出来、「ツイン・ヴェスバーの展開(1)」を再現可能。
MB_GUNDAMF91_CWver (43).jpg




「ツイン・ヴェスバーの展開(2)」
フロント
MB_GUNDAMF91_CWver (44).jpg

4本とも機体上部に展開する事で異なる形態を再現可能です。



リア
MB_GUNDAMF91_CWver (45).jpg




比較画像(画像サイズは大き目)
「ガンダムF91(2017年版)」、「ガンダムF91クロニクルホワイトVer.」を並べて。
フロント
MB_GUNDAMF91_CWver (46).jpg

以前の物は光沢仕様、今回のはつや消し。
全塗装された事で見映えも結構変わっています。
個人的には全塗装の方が好みですが以前の物も安っぽさは無くフォーミュラー感があって良いです。
今回のカラーリング、マーキングは大河原邦男氏らしいMS感がありますね。



比較画像(画像サイズは大き目)
リア
MB_GUNDAMF91_CWver (47).jpg




以下、適当に。



MB_GUNDAMF91_CWver (48).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (49).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (50).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (51).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (52).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (53).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (54).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (55).jpg




「抵抗するんじゃない!行っちゃえよ!」
MB_GUNDAMF91_CWver (56).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (57).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (58).jpg




色々持たせてみて(笑)
MB_GUNDAMF91_CWver (59).jpg




「なんとぉぉぉー!!」
MB_GUNDAMF91_CWver (60).jpg




MB_GUNDAMF91_CWver (61).jpg





ガンダムF91がCRONICCLE WHITE Ver.としてリニューアル。
基本的な造形やギミックは以前の物と共通ですが、全塗装による落ち着いたパールの質感と高い情報量による見栄えが素晴らしい印象です。

アレンジされたデザインが特徴的なメタルビルドですが、
今回新規形状の肩部はオリジナルに近い流麗なラインを再現しているのが良かったです。
肩のフォルムが改修されバージョンアップし決定版に仕上がっている感じですね。
とはいえ以前のフォーミュラー然としたカウルの様な質感も似合っていて良かったのでお好み次第でしょうか。
多少の個体差はあるかもしれませんが関節保持力や塗装精度は概ね良好。

サイズは小さ目ですがダイキャストフレームによるずっしり感はメタルビルドならではでした。
オリジナルギミックやオプションパーツも豊富でプレイバリューも非常に高い!
マーキングは大河原邦男氏仕様といったテイストが格好良く、30周年記念アイテムとしても豪華な内容になっていると思いました。




以上、
「METAL BUILD ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver.」レビューでした。



Amazon毎日ちょこちょこ復活してますね。少量なので直ぐなくなるけど。

METAL BUILD ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver. 『機動戦士ガンダムF91』【あみあみ】
楽天市場で探す

■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2021年3月26日16:00~受付開始
iconicon
METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX3icon



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2021年03月30日 20:02
キリンさん、こんばんは。
「抵抗するんじゃない!逝っちゃえよ!」だと思ってました(笑)。
このシリーズ、出来が良いのでハリソン機と通常のクリーム色の量産型も見てみたいです。
2021年03月30日 22:59
>とある星人さん
コメント&気持ち玉ありがとうございます。
そう言う意味も含まれてるかもしれませんね(笑)
青色のハリソン機は既にメタルビルドで商品化されていますね。持ってないけど。
言われてふと思いましたが、F91はまだカラバリを出そうと思えば出せるのかな?(苦笑)


>気持ち玉ありがとうございます。