METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス レビュー

「こいつが最後の
“クロスボーン・ガンダム”だ!」

「あなたに手渡されていたものを、今こそ全て受け継ぎます!
キンケドゥさん!」

■METAL BUILD XM-X1「クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス」レビュー


MB_X1_FULLCLOTH (1).jpg




全てを乗せた
 最後の海賊ー

『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』より、主人公「トビア・アロナクス」が駆る「クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス」がMETAL BUILDで登場!
プレミアムバンダイ魂WEB商店にて販売。
価格:33000円(税10%込) 発売:2021年4月


クロスボーン・ガンダムX1の最終モデルとして決定版となる豪華仕様。
新規造形で複合装甲“フルクロスユニット”、ピーコックスマッシャー、ムラマサ・ブラスターを搭載。
更に交換用胸部パーツ、スクリュー・ウェッブが付属し、クロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)状態も再現可能。
本体カラーリングは歴戦をくぐり抜けた勇士をイメージした色調に一新されました。

ボリューム満点の豊富な武装!
先鋭的造形美!
今回はMETAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスをご紹介いたします。




パッケージ&中身
MB_X1_FULLCLOTH (2).jpg

MB_X1_FULLCLOTH (3).jpg




■付属品
MB_X1_FULLCLOTH (4).jpg

MB_X1_FULLCLOTH (5).jpg

MB_X1_FULLCLOTH (6).jpg

MB_X1_FULLCLOTH (7).jpg




■コア・ファイター
フロント
MB_X1_FULLCLOTH (8).jpg

コア・ブロックシステムを搭載しておりドッキング機構を再現。
クロスボーン・ガンダムX1本体と合体可能。



リア
MB_X1_FULLCLOTH (9).jpg




フルクロスを装備する前にまずは本体から。

■クロスボーン・ガンダムX1改・改
フロント
MB_X1_FULLCLOTH (10).jpg

全高:約22cm(頭頂高:約17.5cm)
クロスボーン・ガンダムX1改・改を再現可能。
メタルビルドとしてアレンジが施されております。
基本的にはクロスボーン・ガンダムX1をベースとしていますが、今回、頭部、胸部、腰部パーツが新規造形で変更。
本体カラーリングは以前のX1は白色黒色を基調とし金縁で装飾でしたが、今回は白色紺色ベースに銀縁の装飾になっています
海賊意匠が派手だったX1から、渋い色調の機体になった印象です。



MB_X1_FULLCLOTH (11).jpgMB_X1_FULLCLOTH (12).jpg




リア
MB_X1_FULLCLOTH (13).jpg




上半身
MB_X1_FULLCLOTH (14).jpg

胸部の髑髏を模ったレリーフ、
カラーリングは銀色のラインディテールに変更されているのが特徴的。
個体差はありそうですが塗装精度は概ね良好。



下半身
MB_X1_FULLCLOTH (15).jpg




頭部正面アップ(可動式頭部)
MB_X1_FULLCLOTH (16).jpg

X1改・改状態時は羽根飾りを外してます。
穴が開きっぱなしなのがちょっと残念。



フェイスオープン
MB_X1_FULLCLOTH (17).jpg

開閉ギミックを搭載しトサカを上げるとフェイスオープンを再現。



X1フルクロス状態では頭の羽根飾りを装着。
MB_X1_FULLCLOTH (18).jpg




非変形頭部
MB_X1_FULLCLOTH (19).jpg

交換式でマスクを閉じた状態の非変形頭部が付属。
眼帯付きアンテナが付属。



可動範囲
MB_X1_FULLCLOTH (20).jpg

ダイキャストフレームによる可動域はX1、X2と共通。
胸部が若干緩いかなといった感じなので多少個体差はありそうですが関節保持力も固く良好。



基本武装はX1と共通となりカラーリングが変更。

ビーム・ザンバー
MB_X1_FULLCLOTH (21).jpg




バスターガン、ザンバスター
MB_X1_FULLCLOTH (22).jpg

ビーム・ザンバーとバスターガンを組み合わせてザンバスターを再現。



ビーム・サーベル、ヒート・ダガー
MB_X1_FULLCLOTH (23).jpg




ヒート・ダガーのグリップは脹脛に収納可能。
MB_X1_FULLCLOTH (24).jpg

刃は足裏に取り付け可能。



ブランド・マーカー、ビーム・シールド
MB_X1_FULLCLOTH (25).jpg

エフェクトパーツで再現。



シザー・アンカー
MB_X1_FULLCLOTH (26).jpg

シザー・アンカーには連結ジョイントパーツと補助支柱でビーム・ザンバーを取り付け可能。



腰部リアアーマーは新規造形でのスクリュー・ウェッブの搭載を再現。
MB_X1_FULLCLOTH (27).jpg

パーツの着脱が可能ですがポロリし易いので紛失注意。



今回、新規造形でスクリュー・ウェッブ、ピーコック・スマッシャー、ムラマサ・ブラスターを再現。

スクリュー・ウェッブ
MB_X1_FULLCLOTH (28).jpg

ワイヤー内蔵でフレキシブルに可動。グリップ力は良好。
腰部への収納は出来ません。



ピーコック・スマッシャー
MB_X1_FULLCLOTH (29).jpg

ギミックを搭載し銃口は1アクションで展開が可能。
中央のスイッチをスライドさせると連動して展開し、左右の羽根は手動。
グリップ力は十分。



ムラマサ・ブラスター
(ソードモード、ビーム・ガンモード)
MB_X1_FULLCLOTH (30).jpg

ムラマサ・ブラスターは2モードへの変形を搭載。
スライドギミックを搭載しメタルビルドオリジナルのガンモードに変形。
グリップ力は良好。



ソードモード
エフェクトパーツでビーム刃を再現。
MB_X1_FULLCLOTH (31).jpg

フォルムは馴染みある角ばった形状から放射状でアレンジされた物に。
武装は非常に重くなるので肩が垂れ下がりがちになるのが注意点。
一応支柱が付属するのでディスプレイ時は魂STAGE(別売り)の挟み込みクリップ等を付けたりして補助すると良さそうですね。



腰部ハードポイントにジョイントパーツを使用してマウント可能。
MB_X1_FULLCLOTH (32).jpg




武器装備
MB_X1_FULLCLOTH (33).jpg

個体差だと思うけど股間のジョイントパーツがちょっと曲がってて微妙に右に傾いている感じ?



フルクロス・ユニット
MB_X1_FULLCLOTH (34).jpg

特徴的なABCマントを積層して成型したフルクロス・ユニットは新規で再現。
メタルビルドオリジナルの展開ギミック、装甲の部分的なパージも可能。
重みのあるメタリック塗装で再現され、裏側の塗装も精密です。



装甲の基部には可動軸が設けられておりフレキシブルに可動。
赤角印はロール軸
MB_X1_FULLCLOTH (35).jpg

ヒート・カッターのアームもフレキシブルに可動。



■クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス
フロント
MB_X1_FULLCLOTH (36).jpg

今回かなりメタルビルド独自の形状にアレンジされていますね。
設定よりシャープ且つエッジの効いたフォルムになっていますがめっちゃカッコイイです。
両肩の髑髏意匠などは誇張されて派手派手、ダイキャストフレームならではの重厚感もあって素晴らしい。
手に持った際のずっしりとした重みや満足感は超合金ならではですね。
ボリューム感が凄い(^^



MB_X1_FULLCLOTH (37).jpgMB_X1_FULLCLOTH (38).jpg




リア
MB_X1_FULLCLOTH (39).jpg




俯瞰
MB_X1_FULLCLOTH (40).jpg




フルクロスは展開が可能
MB_X1_FULLCLOTH (41).jpg

装甲が展開する事で武装を持たせ易くなっています。
ただ、結局干渉し易いのでアクションポーズはし難いですね。
前掛けがちょっとポロリし易い感じ。



内側にはヒート・カッターを搭載。
MB_X1_FULLCLOTH (42).jpg

ガンプラのMGにもそれっぽい造形はありましたが、ヒート・カッターとしては初再現。
かなり誇張された造形です。



シルエットが大きく変化。
MB_X1_FULLCLOTH (43).jpg

ド派手でカッコイイですね(*´▽`*)



スカルヘッド・ユニット
(Iフィールド・ジェネレーター)
MB_X1_FULLCLOTH (44).jpg

両肩のスカルヘッド・ユニットは着脱式でグローブの様に装着する事が可能。
装甲を部分的にパージする事が可能なのでアクションさせるのに重宝。
こちらもド派手!



比較画像(画像サイズは大き目)
「クロスボーン・ガンダムX1」「クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス」を並べて。
フロント
MB_X1_FULLCLOTH (45).jpg

各所の形状もそうですがカラーリングが変更された事で異なる印象を受けますね。
キンケドゥが乗ったX1、トビアが引き継いだX1フルクロスと並べてみるのも良いですね。



比較画像(画像サイズは大き目)
リア
MB_X1_FULLCLOTH (46).jpg




序に先月発売された「ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver.」も一緒に。
(画像サイズは大き目)
MB_X1_FULLCLOTH (47).jpg

ボリューム感半端ない!




以下、適当に。




「作戦名は“鋼鉄の7人”だ!」
MB_X1_FULLCLOTH (48).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (49).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (50).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (51).jpg




それとフルクロスは、X1やX2に装備する事も可能。
胸部の髑髏意匠はちぐはぐになるけど。
MB_X1_FULLCLOTH (52).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (53).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (54).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (55).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (56).jpg




「俺はこの時を!
この瞬間を待っていたんだーっ!」

MB_X1_FULLCLOTH (57).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (58).jpg




「マシンのあらゆる場所が悲鳴を上げている!
だけどもってくれ!あと少し!」

MB_X1_FULLCLOTH (59).jpg




MB_X1_FULLCLOTH (60).jpg





MB_X1_FULLCLOTH (61).jpg




「もってくれっ!俺の・・・クロスボーン・ガンダム!」
MB_X1_FULLCLOTH (62).jpg





クロスボーン・ガンダムX1の最終形態フルクロス。
METAL BUILD化に伴いかなりアレンジが施されてド派手なシルエットになっており、ボリューム感とギミックが凄いモデルになっている印象です。

基本的な本体の仕様は前モデルのX1と共通ですが細部意匠を新規で再現し、
カラーリングが変更された事でまた異なった印象を受けます。
新規造形によるスクリュー・ウェッブ、ピーコック・スマッシャー、ムラマサ・ブラスターの造形も素晴らしい。
個体差はありそうですが塗装精度、関節保持力も良好。
各装甲がパージ出来るのは最終決戦を彷彿させる嬉しいギミックですね。
気になった点を挙げると武装が重いので肩がヘタリ易くフルクロスの干渉によるアクションポーズのし難さ、腰部のスクリュー・ウェッブのパーツがポロリし易いのは注意点。
羽根飾りを外した際の穴などX1改・改の再現性はやや低めな所でしょうか。

総評としては付属品が豊富なので遊び尽くせないプレイバリューの高さ、圧倒的なボリューム感と先鋭的な造形美が素晴らしい。
盛り盛りX1の決定版となる豪華仕様として非常に満足感の高いモデルになっていると思いました。
X3の受注が始まっていますが、そちらも楽しみですね。



以上、
「METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス」レビューでした。




■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
予約受付は終了
iconicon
METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスicon

☆受注締め切り日公開!ご注文の受付は、2021年4月25日(日)23時まで!☆
iconicon
METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX3icon

■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2021年4月16日16:00~受付開始
iconiconiconicon
ROBOT魂 <SIDE AB> ゼルバインicon
NXEDGE STYLE [MASHIN UNIT] 新星龍神丸(宇宙界バージョン)icon



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年04月18日 20:22
キリンさん、こんばんは。
いいですね!フルクロス。
武装も豊富ですね。
そうか、規格が一緒だからX2にも付けられるんですね。
2021年04月18日 22:25
>とある星人さん
コメント&気持ち玉ありがとうございます。
豊富過ぎて各武装を試していたらフルクロス装着するまでにお腹一杯になっちゃって全然辿りつけなかったですw
フルクロスはカラーとかちぐはぐですが各機体に付ける事も出来ますね。
逆に原作みたいにX1のマントを今回のX1改・改につけたり、X2のバスター・ランチャーをX1に持たせるなんて事も。