HG バーザム (A.O.Z RE-BOOT版) レビュー

A.O.Z RE-BOOT登場!
TR計画によるもう一つの量産機

■HGUC 1/144 RMS-154「バーザム (A.O.Z RE-BOOT版)」素組みレビュー


HG_BARZAM_AOZ (10).jpg




『A.O.Z RE-BOOT ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-』より、TR計画の簡易的な仕様として開発された量産型MS「バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)」がHGUCで初キット化!
特徴的なデザインを完全新規造形で再現。胴体にはバーザム特有の可動ギミックを搭載し、様々なポージングが可能。
バンダイホビーオンラインショップで販売。
価格:2420円(税10%込) 発売:2021年7月


「A.O.Z RE-BOOT」版バーザム。
完全新規造形でめっちゃ素晴らしい出来。
ひとまずパチ組みで完成です(^^
付属のホイルシールも貼っています。
今回はHG バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)をご紹介いたします。



■付属品
HG_BARZAM_AOZ (11).jpg




■本体
フロント
HG_BARZAM_AOZ (12).jpg

全高:約17cm(頭頂高:約13.5cm)
メカニックデザイナー藤岡建機氏の特徴的なフォルムのバーザムを完全新規造形で再現。
プロポーションバランスは良好でカッコイイですね。
ダークブルーを基調としたティターンズカラーの色分けは成型色で再現。
腰のドラムフレームや各ダクト等の細部はシールで対応となるもののかなり優秀。
分割線は段落ちモールドで処理されており、合わせ目が一切目立たないパーツ構成が素晴らしいです。



HG_BARZAM_AOZ (13).jpgHG_BARZAM_AOZ (14).jpg




リア
HG_BARZAM_AOZ (15).jpg




俯瞰
HG_BARZAM_AOZ (16).jpg




上半身
HG_BARZAM_AOZ (17).jpg

パーツの流用は無く完全新規造形のバーザムリブート版。
組立ていて面白い構造に感心しました。
KPS素材を用いた最新フォーマットとなりこれまでのキットとは異なっている部分も多かったです。



下半身
HG_BARZAM_AOZ (18).jpg

大きな下半身が特徴的ですね。
なお、同時発売となった「HG バーザム(レジオン鹵獲仕様)」のホバーユニットは付属しません。
赤色バーザムは別に購入しましょう(^^



頭部正面アップ
HG_BARZAM_AOZ (19).jpg

頭部を襟が干渉して上を向く事が出来ないのが注意点。



モノアイはクリアーパーツで再現。
HG_BARZAM_AOZ (20).jpg




可動範囲
赤角印はロール軸、黄色丸印はボール軸。
HG_BARZAM_AOZ (21).jpg

KPSを用いたポリキャップレスキットとなり多軸関節による広い可動域を実現。
関節保持力は良好。
首が左右に可動するのと、前腕にスイング可動があるのが特徴。



肘、膝関節は約135度以上可動。
HG_BARZAM_AOZ (22).jpg

胸部の仰け反りはまぁまぁで、足首の可動は優秀。
バックパックとリアスカートが可動するのが特徴的ですが、リアスカートがちょっと外れ易いのが難点。



開脚
HG_BARZAM_AOZ (23).jpg




ここが凄い!
肩部可動が特徴的。
HG_BARZAM_AOZ (24).jpg

肩部をスイング可動させると連動して関節がスライドするのが面白い構造です。



特徴的なドラムフレーム。
白色はシールで対応なのがちょっと残念ですが、胸部の可動に連動してシリンダーが伸縮する機構を内蔵。
HG_BARZAM_AOZ (25).jpg

股関節は回転軸のみですが前後に可動。



■武器装備
フロント
HG_BARZAM_AOZ (26).jpg

ビーム・ライフルとバルカン・ポッドを装備。
量産機ながらスタイリングが格好良い(^^



リア
HG_BARZAM_AOZ (27).jpg




バルカン・ポッド
HG_BARZAM_AOZ (28).jpg




ビーム・ライフル
HG_BARZAM_AOZ (29).jpg

段落ちモールドで処理されて合わせ目は目立たずフォルムや色分けは優秀。
肩との接続ジョイントは可動軸があり肘の可動に追従。
保持力は良好。



ビーム・サーベル
HG_BARZAM_AOZ (30).jpg

グリップ力は良好。



今回のバーザムはAOZシリーズとの連動が推奨されている訳ではないですが、各パーツを分解してみるとこんな感じです。
HG_BARZAM_AOZ (31).jpg




脛部には接続ジョイントがある構造。
HG_BARZAM_AOZ (32).jpg




脛ブロックは一応「HG ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」や「HG ガンダムTR-6[ヘイズルII]」に接続する事が可能でした。
HG_BARZAM_AOZ (33).jpg




大腿部をTR-6の物に換装してみて。
HG_BARZAM_AOZ (34).jpg

下半身だけを換装するとバランスが崩れるので、ちょっと足が長過ぎる?という気もするけど。
このまま順調に売れ行きが良ければバーザムIIとかの立体化も?(笑)
いやでも無理かな(^^;



比較画像(画像サイズは大き目)
「HGUC バーザム」「HG バーザム(AOZ RE-BOOT版)」を並べてみて。
フロント
HG_BARZAM_AOZ (35).jpg

Zガンダム版バーザムとAOZリブート版バーザムではスタイリングが結構異なっております。
というか全然違いますね(^^
ノーマルのバーザムも格好良かったけどリブート版も格好良いです。



比較画像(画像サイズは大き目)
リア
HG_BARZAM_AOZ (36).jpg





以下、適当に。



HG_BARZAM_AOZ (37).jpg




HG_BARZAM_AOZ (38).jpg




HG_BARZAM_AOZ (39).jpg




HG_BARZAM_AOZ (40).jpg




HG_BARZAM_AOZ (41).jpg




HG_BARZAM_AOZ (42).jpg





完全新規造形で初キット化となったHG バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)。
流用部分は無くA.O.Zの特徴的なフォルム、スタイリングの再現性が素晴らしい出来でめっちゃカッコイイ印象です。

細部の色分けはシールで対応となるものの、成型色による機体カラー再現は良好。
合わせ目は一切目立たないパーツ構成が素晴らしいです。
肩関節のスライド機構や腹部の伸縮機構など感心する構造も凄いですね。
関節保持力も良好。
気になる点は頭部は見上げる事が出来ないのと特徴的なドラムフレームの白色の色分け、リアスカートがちょっと外れ易いかなという所位。

武装やオプションは少ないのでプレイバリューはそれ程でもないものの、構造的にもA.O.Z RE-BOOTシリーズの今後の展開は気になる所ですね。
ウーンドウォートとの連携を色々試してみるのも面白いかも。
作り易い構造でスタリングが素晴らしく傑作キットだと思いました。




以上、
HGUC「バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)」素組みレビューでした。


製作過程
→ ランナー紹介



HG バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)【Amazonで探す】


■バンダイホビーオンラインショップ
iconiconiconiconiconiconiconicon
HG 1/144 バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)【3次:2021年11月発送】icon
HG 1/144 バーザム レジオン鹵獲仕様 (A.O.Z RE-BOOT版)【3次:2021年11月発送】icon
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム(チームブライトカスタム)【2次:2021年12月発送】icon
RG 1/144 高機動型ザクII(チームモンストルカスタム)【2次:2021年12月発送】icon

■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2021年7月16日16:00~受付開始
iconiconiconicon
S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーオーズ サゴーゾ コンボicon
S.H.Figuarts 仮面ライダーバスター 玄武神話icon

■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2021年7月19日16:00~受付開始
iconicon
S.H.Figuarts ウルティメイトシャイニングウルトラマンゼロicon



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント