RG Zガンダム 製作(2) レビュー第一弾

■RG 1/144 MSZ-006「Zガンダム」素組み編製作状況。
本体のみ完成。
変形機構を備えているので破損を恐れ念入りにゲートカットを行い、
可動領域を確認しながら作っていたら完成しませんでした。






だって楽しいんだもん(笑)




しかし、改めて思うのは説明書通りにじっくり良くみて作るのが最善だと実感。
途中ハメ忘れたりする所とかあったりして(^^;



今回は簡易レビューという形でご紹介。

フロント
まだデカールの類は貼っておりませんのでパチ組みでの状態となります。
太腿が若干細いかなと思っておりましたがスマートな四肢のバランスを考えると
ベストプロポーションだというのが判る。
画像





リア
画像





画像





画像





画像





画像





上半身
頭部もそうなのですが変形機構を備えているので、
様々な所でスタイルを安定させる為にパチンパチンと固定する箇所があります。
画像





下半身
画像





頭部
アンテナや顎、非常にシャープで精悍なマスクである。
画像





念のため組み立ての際のポイント。




フロントアーマーはちょっと変わった接続方法となるRGゼータガンダム
全体的にしっかりしているのだが少々外れやすいと思ったのが腰部サイドアーマー。
ボール軸受けに若干テンションを加えるようボンドの盛り付けを行っています。
右側はそんな事はないので個体差の可能性もあるけど憂いは絶つに限る。
しかし、やはり股関節の付け根は心許ない感じですね(^^;
画像





そして破損しそうで一番危険な箇所がココ。
説明書で念を押して唯一”可動注意”とあった箇所。
全体的にRGゼータは可動が緩いという事がなく、
アクションなど保持力を強化する為か、どちらかと言うと固いくらいである。
ヒンジ式で肩を内部に折りたたむ際には細心の注意が必要だと思います。
それとアンテナも注意は必要ですね。
画像





続いてコックピット。
ハッチは開閉可能。
座席はウェイブライダー変形時に回転させる事で前面に現れます。
画像







さて。
残すパーツを組み立ててレビューの続きは次回。




「カミーユ・ビダン Zガンダム出るぞ!」
画像









"RG Zガンダム 製作(2) レビュー第一弾" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント