MG ゼータガンダム Ver.2.0 製作(2)

「アポリ中尉がゼータを運んで来たのよ」
「出来たのかゼータ」
■MG 1/100 MSZ-006「ゼータガンダム Ver.2.0」製作進捗状況。




Ver.2.0として発売されたMG(マスタグレード)ゼータガンダム。
一先ずパチ組みですが本体を組み立てました(^^
目元のみシールを貼っています。



今回は説明書通りの組立順序ではなく、内部フレームから先に組んでみました。
骨格と頭部を組み立てるとこんな感じになっています。

MG_ZETA_GUNDAM_v2 (18).jpg

変形機構を備えたゼータガンダムのムーバブルフレームを再現。
内部フレームには一部メカニカルなディテールが施されています。



MG_ZETA_GUNDAM_v2 (19).jpg

組立途中の画像なので脚部にあるスライド機構は伸ばしたままの状態。



組立途中の注意点として
内部フレームはABS樹脂とポリキャップを併用した構造で、ABS同士等ははめ込みが固く結構ギチギチで組み立て難い所がある感じですね。
※特に腹部の可動、股関節、肘関節など、かなり固めで動かす際に破損しないかちょっと怖かったです。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (20).jpg

なお、各所でパーツを嵌めるとロックが掛かる構造となっており、その分保持力、形態維持は良好。
まぁ動かしていると摩耗で緩くなる懸念はあるかも?
一度組み立てるとロックが掛かる所があるので分解、組み直しはし難いです。



脚部側面には精密なディテールが再現されていて素晴らしいですね。
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (21).jpg

足首の嵌め込み、可動もかなり固めでした。
脚部膝関節、足首はスライド機構を搭載。



そして、本体完成(^^
ツインアイのみシールを貼っています。

フロント
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (22).jpg

めっちゃカッコイイ!(*´▽`*)
完全新規造形でリニューアルされた「MG ゼータガンダムVer.2.0」。
スタイリッシュなフォルムとなり成型色による色分けは良好です。
腕や足に配置されてるイエロー等はシールで対応。
ABSとポリキャップを併用したフォーマットは、変形機構を備えている事もありパーツ数量が非常に多いので組み立ては結構時間が掛かりました。
可動を確認しながら慎重に作った事もありますがパチ組みで約8時間位。流石にちょっと疲れた(笑)
2005年発売のキットですがスタイリングの素晴らしさは今なお健在の優秀なキットとなっている印象ですね。



リア
MG_ZETA_GUNDAM_v2 (23).jpg




詳しいレビューはまた次回
今回はここまで。

君は、刻の涙を見る

→ MG ゼータガンダム Ver.2.0 レビュー





■ホビーオンラインショップ/プレミアムバンダイ
iconiconiconiconiconiconiconiconiconicon
MG 1/100 クロスボーン・ガンダムX1(パッチワーク) Ver.Kaicon
MG 1/100 クロスボーンガンダムX2 Ver.Ka【再販】icon
MG 1/100 クロスボーンガンダムX3 Ver.Ka 【再販】icon
HG 1/144 ゲルググ ウェルテクスicon
HG 1/144 リック・ディアスicon

■魂WEB商店/プレミアムバンダイ
2021年2月19日16:00~受付開始
iconiconiconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> MS-06F-2 ザクII F2型 キンバライド基地仕様 ver. A.N.I.M.E.icon
S.H.Figuarts ウルトラマンジード ギャラクシーライジングicon



"MG ゼータガンダム Ver.2.0 製作(2)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント